2010年10月03日

良寛俳句039わが宿へ連れて行きたし蓮に鳥



★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛俳句交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★





  ★ 良寛俳句交心039

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

        わが宿へ連れて行きたし蓮に鳥

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 花呼さんより、 『 みちのくのねじ花くのじくのじかな 』 に良寛さんの句を寄せてもらいました。
 花呼さん、いつもありがとうございます。


★★★ 『 みちのくのねじ花くのじくのじかな 』 ★ ネット吟行 07401 へどうぞ!!! ♪♪♪
 


 039 わが宿へ 連れて行きたし 蓮に鳥  良寛


 求めよ、然らば、与えられん。

 心は自由です。
 イメージできることは、もう、得られたことになるのです。
 先ず、イメージせよ。

 イメージより、変われ。

 良寛さんの愛語は、心の世界ですから、目には見えないんですよね。
 大切なものは目には見えないんです。
 だから、心で観ましょうね。
 良いもの観ましょうね。

 すてきなイメージは、心を喜ばせるんです。
 すてきなイメージは、細胞を躍らせるんです。
 すてきなイメージを楽しみましょうね。


 良寛さんは、ひとり遊びの達人ですけれど、
 良寛さんは、すてきなイメージを観る達人だったのですね。

 イメージ遊びは、ひとり遊びです。
 イメージ遊びは、愛語遊びです。
 目では見えない世界を遊ぶんです。

 イメージ遊は、ひとり遊びだから、
 語り合いができるのです。
 イメージ遊びは、愛語遊びだから、
 言葉で共有できるのです。

 イメージ遊びを語り合えると楽しくなるでしょうね。
 
 

 龍もいる蓮の浄土を遊ばんか


★★★ 『 龍もいる蓮の浄土を遊ばんか 』 ★ 交心俳句06702z080801 ♪♪♪ 



 。。。 ≪ 花呼さん、おはようございます。
 美しい絵を見たり、何か感動をもらうと、そのままの心を大切にしたいと思いますよね。無欲無心の良寛さんさえ、持ち帰りたいと思うのでしょうね。それとも、これも何かの説法の意味が隠されているのでしょうか・・・。


 039 わが宿へ 連れて行きたし 蓮に鳥  良寛


 極楽の蓮と鳥は、良寛さんの心ですから、良寛さんの草庵にも、ちゃんとあるのですね。
 出会いや学びは、心の栄養ですから、心の世界では、いつでも想像できるし、また再現も、再創造もできるものです。心にあるから、いつでも、言葉で、表現できるし、再創造できるんです。句や歌や詩や書に、良寛さんは、自在に湧出させていくのですね。
 そして、その素直な心の表れは、わたしたちに、愛語として、伝わってくるのです。


 IMAGINE 幸せの世界を想像しようよ。
 IMAGINE 蓮と鳥の浄土を想像しようよ。
 IMAGINE 愛と光に満ちた世界を想像しようよ。

 IMAGINE 自然の恵みを想像しようよ。
 IMAGINE 命の歓喜を想像しようよ。



 歓喜する心ひろがる蓮の宿 ≫ 。。。





★★★ 『 みちのくのねじ花くのじくのじかな 』 ★ ネット吟行 07401 へどうぞ!!! ♪♪♪





  ★ 交心俳句 06701

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

         歓喜する心ひろがる蓮の宿

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 良寛の歌交心0000p100201『心とや身は憂きものをきりぎりす誰れに負ほせて夜ただ鳴くらん』 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ 



★★★ 『 紅葉の助走の里山歩きませ 』 ★ 交心俳句10p100202 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年09月 30日 』 翡翠になれば翡翠寄り来たる ♪♪♪ 



★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★



  


2010年10月03日

心とや身は憂きものをきりぎりす誰れに負ほせて夜ただ鳴くらん




★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★





★ 良寛の歌交心0000z100201

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

心とや身は憂きものをきりぎりす誰れに負ほせて夜ただ鳴くらん

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の詩歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★



 心とや身は憂きものをきりぎりす誰れに負ほせて夜ただ鳴くらん   良寛


 心というものはこんなにも切なく侘びしいものなんだよね。
 この現身もまたこんなにも辛く苦しいものなんだ。
 蟋蟀さんだって同じだろうに、
 その切なさ辛さを誰と分かち合って
 ただただ直向きに鳴き明かしているのだろうね・・・



 こおろぎのたゆまずりきまず鳴きあかす   仁


 吾に来てこおろぎ鳴けよ胸の内   仁


 よきことの時にありしよ虫の声   仁


 0492 秋もやや衣手さむくなりにけりつづれさせてふ虫の告ぐれば   良寛


 0495 いつはとは時はあれども寂しさは虫の音も枯るしぐれする夜半   良寛


 寂しい時はこんな時だよと
 定まった時というものがあるんだろうけれど、
 わたしがひとしお寂しさをつよく感じるのは
 もう虫も鳴かなくなった時雨する夜半なんだよ。
 虫の音にかわる雨の音がわが身の寂しさを思い知らせるようなんだ。


 今日も美味しいものを食べさせてもらうことができました。ありがとう。
 今日も深々と深呼吸をさせてもらうことができました。ありがとう。

 こおろぎさんもずっとおいしいものをいただき、草むらを喜んで飛びまわり、恋もして、幸せに息を引き取っていくのでしょうね。


 蟋蟀も吾も命を慈しむ   仁


 明日在れば明日を布施せん虫の声   仁





★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 『 紅葉の助走の里山歩きませ 』 ★ 交心俳句10p100202 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 良寛の歌交心038710p100101『秋山をわが過ぎくれば』 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 02日 』 自ずから生まるる絵あれすみれの野 へどうぞ!!! ★★★
 



★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★




  


Posted by 青柳仁 at 12:56Comments(0)良寛さんの歌を遊ぶ

2010年10月03日

この岡の秋萩すすき手折りてむわが衣手に染まば染む




★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★




★ 良寛の歌交心0403

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

この岡の秋萩すすき手折りてむわが衣手に染まば染むとも

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 この岡に萩や薄が生い茂っているよ。
 まさに秋まっ盛りだね。
 折り取って、心ゆくまでこの秋を慈しむよ。
 衣が萩や薄の色に染まり、香に染んだりしてもいい。
 束の間の秋だからね。


 0402 この岡の秋萩すすき手折りもて三世の仏にたてまつらばや   良寛


 0406 秋の野の萩の初花咲きにけり尾上の鹿の声まちがてに   良寛


 有則がもとにやどりて
 0407 わが宿の秋萩の花咲きにけり尾上の鹿はいまか鳴くらむ   良寛


★★★ 『 秋風の筑紫次郎やわが母郷 』 ★ 交心俳句10r083001 へどうぞ!!! ★★★



 「山かげの小道をくれば萩すすき花盛りなり君に見せばや」(定珍)の返し
 0408 露ながら手折りてぞ来し萩の花いつか忘れむ君が心を   良寛



 香に染まり色染まるまで萩の原   仁


 薄放り銀河の君に手向けせん   仁


 薄放り銀河の君に手向けせん   仁





★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 『 レタス苗に棲むが詮なしバッタ獲る 』 ★ 交心俳句10p100101 へどうぞ!!! ★★★



★★★ TAO交心10q093004★『 絮の飛ぶ人間だものと笑えかし 』 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年09月 30日 』 翡翠になれば翡翠寄り来たる へどうぞ!!! ★★★




★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★



  
タグ :


Posted by 青柳仁 at 11:43Comments(0)良寛さんの歌を遊ぶ