2010年10月15日

良寛の詩『 真を取れば真かへって妄なり 』10p101401

★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の詩 ★。・。・゜♪゜・。・。★





★ 良寛の詩『 真を取れば真かへって妄なり 』

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


 真を取れば 真かへって妄なり 
 妄と了せば 妄すなはち真なり


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 真と思って信じてしまうと
 実はそれが妄であったということがよくあるね。
 それを妄だと理解していると、
 逆にそれが真であることもよくあるよ。
 真も妄も相対的なものだからね。


 十三夜真偽の軸に在らざりき   仁


 栗穿つ虫とも眺む後の月   仁



★★★ 『 稲穂波消えて筑後路白々す 』 ★ 交心俳句10p101301 へどうぞ!!! ★★★








★ 交心俳句10p101403

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

栗穿つ虫とも眺む後の月

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――







★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の詩 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 遊行俳句で交心10w040203★『 福寿草大地の愛の尽きるなし 』 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 14日 』 霧の夜バイク少年懐かしき へどうぞ!!! ★★★




★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★


  
タグ :十三夜