2010年12月02日

秋山のもみぢは過ぎぬ今よりは何によそへて君をしぬばむ


★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★








★★★ 『 手作りの冬菜なにより馳走なる 』 ★ 交心俳句10m113001 よりの【 転載 】です。 ★★★






★ 良寛の歌0529

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

秋山のもみぢは過ぎぬ今よりは何によそへて君をしぬばむ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 秋の山の紅葉も
 もう散ってしまいました。
 紅葉を見ればあなたと過ごした日々が想い出されて
 幸せになり、またお逢いしたいと忍びもしましたけれど、
 これから何にこと寄せてあなたを偲ぶことができるのでしょうね。

 

★★★ 『 もみじ葉の光もなきに色よかり 』 ★ 交心俳句10m112501 へどうぞ!!! ★★★




 0526 もみぢ葉の散りにし人の面影を忘れで君が問ふぞうれしき   良寛


 国上の山に登りてそこなる寺にやどりて、「夜あらしに降りくるものは雨ならで軒場につもる落葉なりけり」。かへらむとしつるに、山の主のよみ出でけるうた(原田正貞の記)
 0527 この山のもみぢも今日は限りかな君し帰らば色はあらまじ   良寛



 
紅葉すぎ霰に君を偲ぶらん   仁


 散る紅葉かくも偲ばゆ面影よ   仁


 君去にて紅葉忽ち色褪せぬ   仁






★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ TAO交心09m112701★『 芒野のゆらぎに起こる愛浄土 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 『 健気なる雪の桜を見に行かん 』 ★ 交心俳句10m112902 へどうぞ!!! ★★★




★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★





  


Posted by 青柳仁 at 22:00Comments(0)良寛さんの歌を遊ぶ

2010年12月02日

はだ寒み秋も暮れぬと思ふかな虫の音も枯るしぐれする夜半



★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★






★★★ 『 健気なる雪の桜を見に行かん 』 ★ 交心俳句10m112902 よりの【 転載 】です。 ★★★






★ 良寛の歌0498

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

はだ寒み秋も暮れぬと思ふかな虫の音も枯るしぐれする夜半

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 日に日に肌寒くなっていくよ。
 もう秋も終わるんだね。
 虫の鳴く声も枯れて、聞こえなくなった。
 とりわけ時雨する秋の夜半は
 寂しさがひとしおだよ。




 0497 はだ寒み秋も暮れぬと思ふかなこのごろ絶えて虫の音もなし   良寛


 
涸れ涸れに虫の音途絶え暮の秋   仁


 虫の音の絶えし夜半は泣きたくなる   仁





★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 『 小春日や旅の時空を手繰り寄す 』 ★ 交心俳句10m112801 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年11月 30日 』 転た寝の涎の光る日向ぼこ へどうぞ!!! ★★★
 



★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★







  


Posted by 青柳仁 at 21:36Comments(0)良寛さんの歌を遊ぶ