2014年09月30日

『 昼顔やどちらの露の情けやら 』良寛俳句34-01



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★








★ 良寛俳句43-01zbt0401tq30

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

昼顔やどちらの露の情けやら

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★★★ めぐり逢い良寛さんzbt0402『 やわらかく情け流れる垣根かな 』tq25 よりの一部転載です。 ★★★
 





 > 良寛43 昼顔やどちらの露の情けやら


 良寛さんの句は、めずらしいですね。



 朝顔、昼顔、夕顔。
 昼まで咲くから昼顔だとか・・・ちょっとかなしいですね。
 でも、花言葉は、「絆」。
 しっかり根を張って、つながり合っているんです。その絆の強さは、命の強さで、根のつながりを取り除くことができず、路傍に、毎年生えるんです。増えながら・・・



 そんな強さを持ちながらも、
 小さな花は、とても、可憐です。
 草むらや路傍で見つけても、つい立ち止まって、くちづけしたくなります。



 > 万葉集08-1630 高円(たかまど)の野辺の容花(かおばな)面影に見えつつ妹は忘れかねつも   大伴家持



 その可憐さが、恋する人の面影にも重なるのですね。



 会いたくて、会いたくて、
 昼顔があなたの顔に見えてくるのですよ。
 昼顔のように、
 強い絆で結ばれているあなたのことを
 片時も忘れることはありません。



 良寛さんも、昼顔を観て、人のつながりの大切さ、強さに、思いを寄せているようです。そのつながりの「情け」を絆として、大切にしているのでしょう。その助けられる、支えられる「情け」のおかげで、自分がある。「情け」には「情け」でお返ししますよ。これが良寛さんの愛語になっていくのでしょうね。


 朝顔はもう萎んでしまっているのに、こんなにいつまでも花開いているのは、朝の露のおかげだろうか、夕べの露のおかげだろうか。みんな、みんなのおかげで、こんなにか細いけれど、美しく咲いているんですよ。


 <美しい花が咲いた。隠れた根のおかげです>

 これは仁のスローライフのチーフテーマです。



 やわらかく情け流れる垣根かな   仁




『 昼顔やどちらの露の情けやら 』良寛俳句34-01








★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。





 


★ 巡り逢い良寛さん015-01zbt0402tq30

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

やわらかく情け流れる垣根かな

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ TAO交心tq0803『 愛の火は外には在らず酔芙蓉 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




同じカテゴリー(良寛俳句を語り合いましょう。)の記事画像
『 驚きやモミジ葵も飛び出しぬ 』めぐり逢い良寛さんzr1102sq11
良寛句041zs30『 凌霄花に小鳥のとまる門垣に 』ss29
『 夏の庭命浄土の絵巻物 』めぐり逢い良寛さんzv2601sv24
『 良寛の死ぬる間際の桜かな めぐり逢い良寛さんzw0102』sw07
『 菜に触れて伝わるいのち寒さかな 』めぐり逢い良寛さん
良寛さんの俳句『 真昼中ほろりほろりと芥子の花 』
同じカテゴリー(良寛俳句を語り合いましょう。)の記事
 『 驚きやモミジ葵も飛び出しぬ 』めぐり逢い良寛さんzr1102sq11 (2015-09-13 00:03)
 『 赤とんぼ生まれ変わりの吾かと思う 』めぐり逢い良寛さんzr0902sr12 (2015-08-12 22:10)
 良寛句041zs30『 凌霄花に小鳥のとまる門垣に 』ss29 (2015-07-29 23:40)
 『 夏の庭命浄土の絵巻物 』めぐり逢い良寛さんzv2601sv24 (2015-05-25 22:29)
 『 良寛の死ぬる間際の桜かな めぐり逢い良寛さんzw0102』sw07 (2015-04-07 23:29)
 『 菜に触れて伝わるいのち寒さかな 』めぐり逢い良寛さん (2015-01-09 19:44)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。