2014年10月13日

『 念じれば銀河の外も内も愛 』愛呼飛翔



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ エンドレス・ラブ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575『 念じれば銀河の外も内も愛 』zck0301







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。







★ 愛呼飛翔zck0301tp1201

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

念じれば銀河の外も内も愛

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 そうなんです、虫の声に誘われて、想起の世界を彷徨うと、いつしか、銀河の外で遊んでいるのですね。そこは愛に満たされているので、愛がいろいろの姿で遊んでくれるのですよ。地上で見たものが、どれも、これも、愛の姿で現れて、老仁を包み込んでくれるんです。



 ひとしきり遊んで、日常に戻ると、身ほとりの事物も、草木も、生き物も、愛に満ちているのを感じます。あらゆるものから、あい風が吹きわたってくるんです。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★  ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





 念じれば・・・


 想念も、ひとつの念なんですね。
 今を生きる本気の願いが心にあって、その本気の願いを持った心を生きることが幸せなのだろうと思います。
 幸せというのは、今の心を、素直に、無為に、生きることなんでしょうね。
 その心は、空っぽの容器で、
 無尽蔵で、
 そして、愛のエナジーに充ちているんです。


 幸せというのは、
 この自分の中の無尽蔵の愛エナジーを生きることなんでしょう。



 銀河の外も、銀河の内も、
 自分の内も、自分の外も、
 ほんとうは、愛エナジーに溢れているんです。
 この愛エナジーの流れの中に身を任せると、
 自分の中に、愛エナジーが充満してきます。



 自然の山野にいると、
 力が蘇ってくるのは、
 日常の目的や欲が消えて、
 身のうちに、愛エナジーが流れ込んでくるからなのでしょうね。

 この内部に在る愛エナジーは、
 どんなに使ってもなくなることはありません。

 心は自然と宇宙に開いているからです。

 心を開けば、
 愛エナジーに満ちるのです。



 念というのは、
 今の心を開いて、
 宇宙に溢れる愛エナジーをもらうことなのでしょうね。



 念力というのは、
 求めることではなく、
 求めないことなのでしょう。

 ただ、素直に、
 心を、開けばいいのでしょう。



 空即是色するということは、
 心を開くことだったんだと理解しました。





★★★ 『 虚しみを漂う闇に虫の声 』★瘋癲老仁妄詩28-01 へどうぞ!!! ★★★





 剪定の後に健気や返り花   旅仁


 吾も落とせば春還らんか



 狭庭の藤は今年は旺盛でした。子どもの誕生樹の木蓮に絡まりついてしまいますので、しょっちゅう剪定しなければなりませんし、あちらこちらから根を伸ばして新芽を出し狭庭を占有してしまいます。剪定の古株には間もなく新芽が伸びて返り花も咲かせるのです。いかにも健気な花を咲かせて愛おしくなってしまうのですがまた丸坊主にしてしまうんです。
 心だって不要なものを落とせば落としただけ、また新しいものが入り込んできます。
 新しいものが入りやすくなるには、拘りやすいものは捨てて、できるだけ空っぽにした方がいいですね。老人になると、古いものに親しむより新しいものに好奇心を開いていく方が楽しみが増えるような気がします。楽しみに心を躍らせた方がしみじみよりHappy度も上がり、命も返り花咲かせてくれそうですね・・・
 下野の花も三度くらい花を咲かせてくれます。



 返り花咲かせん好き風吹いて来い   旅仁


 いのち裸で命を呼びぬ





★ 愛呼飛翔tp1205

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

返り花咲かせん好き風吹いて来い

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 愛呼飛翔tp1206『 夢に観ん銀河恋花何の色 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 川柳で交心tp0103『 頭に白髪されどしぶとく青二才 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






同じカテゴリー(五行詩)の記事画像
『 四季咲きの桜小ぶりに露けしや 』めぐり逢い良寛さんzp1701sp17
良寛歌0974zq17『 をつつにも夢にも人の待たなくに訪ひ来るものは老いにぞありける 』sq17
良寛句041zs30『 凌霄花に小鳥のとまる門垣に 』ss29
『 繁みに入れば姫百合 』一行詩交心
同じカテゴリー(五行詩)の記事
 『 四季咲きの桜小ぶりに露けしや 』めぐり逢い良寛さんzp1701sp17 (2015-10-17 19:50)
 良寛歌0974zq17『 をつつにも夢にも人の待たなくに訪ひ来るものは老いにぞありける 』sq17 (2015-10-16 16:31)
 良寛句041zs30『 凌霄花に小鳥のとまる門垣に 』ss29 (2015-07-29 23:40)
 『 雲に隠れた月と星 』五行詩で交心 (2014-10-04 00:04)
 五行詩で交心tq2402『 だから自ずから 』 (2014-09-29 20:55)
 『 繁みに入れば姫百合 』一行詩交心 (2014-08-06 17:53)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。