2015年01月09日

『 菜に触れて伝わるいのち寒さかな 』めぐり逢い良寛さん


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575『 菜に触れて伝わるいのち寒さかな 』




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




★ めぐり逢い良寛さんzz1402sz09

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

菜に触れて伝わるいのち寒さかな

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 雪割草さんより、 『 雪国の雪の深さよただ驚嘆 』 に良寛さんの句を寄せてもらいました。
 雪割草さん、いつもあい風ありがとうございます。







 今朝も積雪が大変だったんですね。
 普通の日の倍も通勤時間がかかるのですね。それがこれからも続くことを思うと、ほんとうに苦労ですね。筑後でも、もうずいぶん以前の話ですけれど、10分の通勤時間の所を2時間かかって行ったことがありました。雪慣れしていないので、車の渋滞がすごく、動かなくなってしまったんです。今では、そんなに雪が降ることもなくなっていきますけれど・・・
 娘さん、早朝出勤大変ですね。
 何倍も疲れるでしょう。
 雪割草さんも、ご用心くださいね。



 朝まだき除雪の音の過ぎゆきぬ   仁


 真白き夜の間白き夜明け



 良寛俳句089 火もらひに橋越えてゆくさむさか



 連日の寒さの中で、頭巾を脱ぐのも面倒なくらい蹲っていたい良寛さんです。薪も炭も潤沢にはないでしょうし、達磨さんになったり、詩作に没頭していると、火が消えるのも気がつかないのかもしれません。
 火の気なしでは過ごせないでしょうから、火種をもらいに行くのでしょうね。
「橋越えてゆく」が一層寒さを震え上がらせるようです。
 川を越えて行くのですから随分遠くまで貰いに行くのでしょう・・・





 雪は降っていませんけれど、畑が気になって見に行きました。
 健気に菜葉を広げていますけれど、凍てついていました。寒かろう、冷たかろうと思って、菜を撫でると、命の音が脈々と伝わってくるようです。
 チューリップの木に触れると、氷柱のように冷たい。



 菜に触れて伝わるいのち寒さかな   仁


 互いに凌げと声かけ合うも



 菜に触れて伝ういのちやいざ凌げ   旅仁


 大地は殺され空には凶器



 良寛さんの寒さを思いながらも、部屋に戻って、暖をとりました。
 それでも良寛さんの時代には、まだ、自然の恵みは豊かで、大地力は涸れることもなかったのでした。
 この温さをありがたく思い、また軟弱を不甲斐なくも思います。



★★★ 『 雪国の雪の深さよただ驚嘆 』 ★ 交心俳句25501 へどうぞ!!!  ★★★



 温暖な南国に居ると寒さへの耐久力がほとんどなくなっているのでしょうね・・・
 寒さに弱い人間は忍耐力も根性もふやけているのかもしれません。それでもどうにか生きていけるのですから・・・


 しかし南海トラフでも起これば、生き残ることさえ難しくなるでしょう。
 自給自足の備えもして、清貧に耐えて、小さく小さく生きる術も身につけておきたいと念じています。
 昨日はあの賢い鴉が大量に死んでいたというニュースが流れていました。ギャング集団の鴉にも飢餓状況がはじまっているのですね・・・



 冬異変天地不仁に随うか   旅仁


 備える知恵の標は在りや






★ 良寛俳句089zz14sz09

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

火もらひに橋越えてゆくさむさか

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 妄恋575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



雪の菜に触れて愛呼のせつなかり


雪の夜や自ずと愛呼添い来たり


帰り行く愛呼を照らす雪の月









★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 徒然575交心zz1104『 雪原の月に現を忘れけり 』sz06 へどうぞ!!! ★★★




★★★ めぐり逢い良寛さんzbk0202『 狭き庭なれど愛語の冬の花 』tk15 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




同じカテゴリー(良寛俳句を語り合いましょう。)の記事画像
『 驚きやモミジ葵も飛び出しぬ 』めぐり逢い良寛さんzr1102sq11
良寛句041zs30『 凌霄花に小鳥のとまる門垣に 』ss29
『 夏の庭命浄土の絵巻物 』めぐり逢い良寛さんzv2601sv24
『 良寛の死ぬる間際の桜かな めぐり逢い良寛さんzw0102』sw07
『 昼顔やどちらの露の情けやら 』良寛俳句34-01
良寛さんの俳句『 真昼中ほろりほろりと芥子の花 』
同じカテゴリー(良寛俳句を語り合いましょう。)の記事
 『 驚きやモミジ葵も飛び出しぬ 』めぐり逢い良寛さんzr1102sq11 (2015-09-13 00:03)
 『 赤とんぼ生まれ変わりの吾かと思う 』めぐり逢い良寛さんzr0902sr12 (2015-08-12 22:10)
 良寛句041zs30『 凌霄花に小鳥のとまる門垣に 』ss29 (2015-07-29 23:40)
 『 夏の庭命浄土の絵巻物 』めぐり逢い良寛さんzv2601sv24 (2015-05-25 22:29)
 『 良寛の死ぬる間際の桜かな めぐり逢い良寛さんzw0102』sw07 (2015-04-07 23:29)
 『 昼顔やどちらの露の情けやら 』良寛俳句34-01 (2014-09-30 13:17)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。