2015年04月29日

『 惜しみつも掃き寄せにけり花筵 』めぐり逢い良寛さんzw2801sw29



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575『 惜しみつも掃き寄せにけり花筵 』zw2801sw29





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。



★ めぐり逢い良寛さんzw2801sw29

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


惜しみつも掃き寄せにけり花筵


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 雪割草さんより、 『 石臼の水に重なる散る桜 』 に良寛さんの詩歌を寄せてもらいました。
 雪割草さん、いつもあい風ありがとうございます。


 越後は、今日は、いいお天気に恵まれたのですね。
 これで初夏を迎えることになればいいですね。琥珀雫さんたちもさぞ喜んで庭遊びに耽っていることでしょうね。
 もう桜も散ってしまいましたか・・・



 惜しみつも掃き寄せにけり花筵   仁


 名残り恋にも似て残るらん



 花蒲団戯れ猫の潜り込む   仁


 匂いに噎せて恍惚の面





★ 良寛詩「冬夜長 その2」zw28sw29

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


 ひとたび思う 少年の時 書を読んで 空堂にあり
燈火 しばしば油を添え いまだ厭わざりき 冬夜の長きことを



――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 ≫ 仁さん、♪(*´∀`)ノHalloヽ(´∀`*)♪

 今日の新聞、良寛さまの歌。


 「ひとたび思う 少年の時 書を読んで 空堂にあり」


 少年のころを思い出してみると、誰もいない部屋で、一心に書物を読んだものだ。
 良寛は読書好きな少年として知られている。
 禅僧、詩人、歌人として大成する基礎となった。   。。。(全国良寛会)



 今日は良いお天気になりました(*´艸`)
 玄関前の桜の花びらを掃いて、掃除をして水撒きしました。
 猫たちも外で嬉しそうに日向ぼっこをしています。。。。   ≫   雪割草





 長い冬の夜を良寛さんは勉強したり、詩歌を詠んで過ごしていたのでしょうね。
 身動きできぬ深い越後の雪の日々です。
 ただただじっと春を持つんです。

 『冬夜長 3首』の一つ(その2)です。



 【冬夜長 3首(その2)仁訳】
 少年時代も、こうして、ただただ本を読んでいたものだなぁ。
 寒くて震え上がるのに、火も消えてしまうけれど、
 それでも油を足して、
 本を読み続けたものだよ。
 こんなに寒くて、長い夜でも、
 ちっとも嫌じゃなかった。
 むしろ、本の世界で夢を見ることが、楽しくて、
 楽しくて、仕方ないくらいだったよ。
 眠るのさえ、もったいないと思っていたものだ。



 すごい読書量ですね。そして記憶力が良かったらしいです。借りて読むことが多いので、覚えるしかないのでしょうね。一衣一鉢ですから、脳一つの暮らしです。どんな脳なのでしょう・・・。

 記憶力皆無の老仁は、記憶力の良寛さんは真似できません。
 学生時代までは、よく本読んでいたんですけれどね。
 今は、時々、拾い読み。
 まとまった本を読めない。今、良寛さん読もうと思っていますけれど、『炎の女』から入って、まだ読了していないんです。
 本気で読みたいんですけれどね・・・



 おぼろ夜や来し方行く末おぼろなり   仁


 性怠惰にて無辛抱力





★★★ 『 石臼の水に重なる散る桜 』 ★ 交心俳句35401 へどうぞ!!! ★★★




★ 良寛詩「冬夜長三首 その1」sw29

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


冬夜長し 冬夜長し 
冬夜 悠々としていつか明けん。
燈に焔なく 炉に炭なし
ただ聞く 枕上 夜雨の声



――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 拾い読み言葉あそびの夜長かな   旅仁


 惚けか夢想か舞う独り独楽





★ 良寛詩「冬夜長三首 その3」sw29

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


老朽 夢 覚めやすし
覚め来って 空堂に在り。
堂上 一盞の燈
挑げ尽くして 冬夜長し。



――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 老いてなお夢想三昧長き夜   旅仁


 三余惜しんで時空遊泳





★ めぐり逢い良寛さんsw2906

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

拾い読み言葉あそびの夜長かな

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






ランキングにご協力くださいね。

スローライフ ブログランキングへ
 ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★








同じカテゴリー(良寛の詩を交心しましょう。)の記事画像
『 降れ降れ雪晴朗の空遊行せん 』めぐり逢い良寛さんzk2801sk28
『 寒月やときにはひとり咆吼す 』めぐり逢い良寛さんzm1802sm18
『 はるかまで波のおだやか冬はじめ 』めぐり逢い良寛さんzm0501sm04
『 四季咲きの桜小ぶりに露けしや 』めぐり逢い良寛さんzp1701sp17
『 核廃絶世界を花火で満たさんや 』めぐり逢い良寛さんzr0301ss28
『 酔芙蓉いまひとたびの夢を翔べ 』めぐり逢い良寛さんss1307
同じカテゴリー(良寛の詩を交心しましょう。)の記事
 『 降れ降れ雪晴朗の空遊行せん 』めぐり逢い良寛さんzk2801sk28 (2015-12-28 21:54)
 『 寒月やときにはひとり咆吼す 』めぐり逢い良寛さんzm1802sm18 (2015-11-18 22:32)
 『 はるかまで波のおだやか冬はじめ 』めぐり逢い良寛さんzm0501sm04 (2015-11-05 13:04)
 『 四季咲きの桜小ぶりに露けしや 』めぐり逢い良寛さんzp1701sp17 (2015-10-17 19:50)
 『 核廃絶世界を花火で満たさんや 』めぐり逢い良寛さんzr0301ss28 (2015-07-28 16:39)
 『 酔芙蓉いまひとたびの夢を翔べ 』めぐり逢い良寛さんss1307 (2015-07-14 18:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。