2008年10月29日

わが宿の 垣根に植えし 百草の花 咲く秋は 近づき




★ 良寛さんの歌と遊ぶ『 百草 』

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

わが宿の 垣根に植えし 百草の花 咲く秋は 近づきにけり

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 花呼さんより 『 秋風や慟哭の内真生(あ)る 』 に良寛さんの歌を寄せてもらいました。
 花呼さん、いつもあい風ありがとうございます。


 わが宿の 垣根に植えし 百草(ももくさ)の花 咲く秋は 近づきにけり   良寛


 春は花夏ほととぎす秋は月 冬雪さえて冷しかりけり   道元


 雪月花の風雅を、道元さんに倣って、こよなく愛してきた良寛さんです。
 日本人にとっての、花、月、雪、風は、ただの飾りでもないし、自然の恵みでもないようです。命そのもの、自分そのものという意識が強いのではないでしょうか。
 己を知ることのはじまりが、花鳥風月にあるのかもしれません。
 己を知った証が、花鳥風月になって表れるのかもしれません。

 良寛さんの愛語も、花の心から生まれました。
 そして、愛語は花になっていきました。


 形見とて何か残さん春は花 山ほととぎす秋はもみじ葉   良寛

 

 紅葉や独り山路の地蔵かな





 。。。 ≪ 花呼さん、おはようございます。
 雨も上がってよかったですね。筑後も、秋風のすずしいいい季候となりました。暑さがぶり返さないように願いたいですね。豪雨の被害も相当なものでしたね。まだ台風が残っています。越後は台風は大丈夫ですか・・・ちゃんと備えておきましょうね。

 お仕事、頑張りすぎないように、してくださいね。


 わが宿の 垣根に植えし 百草(ももくさ)の花 咲く秋は 近づきにけり   良寛


 良寛さんは、詩歌を楽しむ人ですから、やはり花が大好きなんですね。
 草庵に七草を植えて花が咲くのを待つ心がいいですね。
 花呼さんの所は、庭が広くて、様々の花が季節にあって咲くんですね。お世話も大変でしょうけれど、花に元気も愛語ももらって、Happyですね。うらやまには、もう、野草が花咲きはじめる頃でしょうね。野の花ご紹介くださいね、楽しみです。


 百草を裏山に見る人や善し ≫ 。。。





icon25 ★★★ 『 秋風や慟哭の内真生(あ)る 』 ★ 交心俳句 09601 へどうぞ!!!  ♪♪♪ icon25






★ 交心俳句 09901

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

百草を裏山に見る人や善し

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――









同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)
 『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03 (2015-12-03 14:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。