2015年07月28日

『 核廃絶世界を花火で満たさんや 』めぐり逢い良寛さんzr0301ss28

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575『 核廃絶世界を花火で満たさんや 』zr0301ss28




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。





★ めぐり逢い良寛さんzr0301ss28

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

核廃絶世界を花火で満たさんや

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 雪割草さんより、 『 遠近に第九もどきの蝉時雨 』 に良寛さんの詩歌を寄せてもらいました。
 雪割草さん、いつもあい風ありがとうございます。





 ≫ 仁さん、おはようございます。

 今日の新聞、良寛さまの歌。


 。。。 「蛙声(あせい) 遠く還(また) 近く 蛍火(けいか) 低く且(かつ) 飛ぶ」


 カエルが遠近に鳴き、ホタルの光が水面近くを飛び交う。
 半世紀ほど前は、どこにも見られた山里や田園の風景。
 「夏夜」の題詞をつけ、深夜眠れないまま耳と目が冴えている。   。。。(全国良寛会)


 昨日は小雨の降る中、長岡空襲犠牲者を慰霊する2発の白い花火で、
 長岡まつり大花火大会が始まり、過去最多の47万人も詰めかけたそうです。
 今日もあまり良いお天気ではありません。   ≫   雪割草





 雪割草さん、おはよう。
 そうですか、長岡も空襲にやられたのですね。
 絨毯爆撃ですからね。筑後の方は、大牟田、諸富、久留米とやられています。柳川は田舎で何もないから脅し程度の空襲で終わっているようです。
 もう二度と戦争に巻きこまれないような平和推進の国になってほしいですね。平和憲法のおかげで、全世界から一番信用され、尊敬される国でしたけれど、最近はもう信用失墜してしまいました。もう一度、核廃絶と世界平和推進のリーダーとしての信頼を回復してほしいと願います。
 昨日今日と長岡は花火大会ですね。



 核廃絶世界を花火で満たさんや   仁


平和大使は子どもと花火



 爆弾は要らぬ花火の世界たれ   仁


 非核非武装世界の悲願



 花火も高いけれど、雪割草さんも高い。
 びっくり、高い。
 そして、さらにさらに高い理想を念じましょう。
 9条を世界の9条に高めましょう。
 飛龍に乗って世界に9条の心を広めましょう。





☆☆☆ 『 龍の巣を覗ひて見たき雲の峰 』 へどうぞ!!! ☆☆☆
 



 すごいね、雪割草さん。
 雪割草と龍は高い所が好き。
 ほんとうに高い屋根ですね。座敷の天上も高いからね。
 雪の時も登ったことあるの?
 雪下ろしするの?

 まぁまぁ、すごい、すごいの連発ですよ。



 雲の峰念に応えて龍の顔   仁


 相見て龍に乗る魔女となれ





【 資料 良寛詩 夏の夜 】zr03ss28

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



夏の夜更けの二三更
竹露柴扉に滴る
西舎(西の家)は臼を打ち罷んで
三径(隠者の草庵)宿草(古い草)滋し
蛙声遠く還(マ)た近く
螢火低く且つ飛ぶ
寤めて言(ココ)に寝ぬる能わず(目が醒めてもはや寝つけず)
枕を撫でて思い凄其(寒々)たり



――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 孤愁にして、超然。
 天然自然と一体化しているけれど、幼児のように泣いている良寛さんがいるようです。
 さびしいよ、さびしいよ。
 悟れば悟るほど、寂しくなるのでしょうね。



 夜の秋枕を撫でて泣き濡るゝ   仁


 独り味わう生の幽玄





★★★ 『 遠近に第九もどきの蝉時雨 』 ★ 交心俳句46401 へどうぞ!!! ★★★





★。・。・゜♪゜・。・。★ 交心俳句 ★。・。・゜♪゜・。・。★





 ★ 五行詩 09r080302

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


 声をなくした虫の鳴く声、
 聞こえる?

 菩薩の心には、聞こえるんだよ。

 聞こえると、
 湧いてくるんだよ、愛が。


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





★★★ 『 あそんで、あそんで、あそんで 』 ★ 五行歌 09r080301 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





同じカテゴリー(良寛の詩を交心しましょう。)の記事画像
『 降れ降れ雪晴朗の空遊行せん 』めぐり逢い良寛さんzk2801sk28
『 寒月やときにはひとり咆吼す 』めぐり逢い良寛さんzm1802sm18
『 はるかまで波のおだやか冬はじめ 』めぐり逢い良寛さんzm0501sm04
『 四季咲きの桜小ぶりに露けしや 』めぐり逢い良寛さんzp1701sp17
『 酔芙蓉いまひとたびの夢を翔べ 』めぐり逢い良寛さんss1307
『 惜しみつも掃き寄せにけり花筵 』めぐり逢い良寛さんzw2801sw29
同じカテゴリー(良寛の詩を交心しましょう。)の記事
 『 降れ降れ雪晴朗の空遊行せん 』めぐり逢い良寛さんzk2801sk28 (2015-12-28 21:54)
 『 寒月やときにはひとり咆吼す 』めぐり逢い良寛さんzm1802sm18 (2015-11-18 22:32)
 『 はるかまで波のおだやか冬はじめ 』めぐり逢い良寛さんzm0501sm04 (2015-11-05 13:04)
 『 四季咲きの桜小ぶりに露けしや 』めぐり逢い良寛さんzp1701sp17 (2015-10-17 19:50)
 『 酔芙蓉いまひとたびの夢を翔べ 』めぐり逢い良寛さんss1307 (2015-07-14 18:55)
 『 惜しみつも掃き寄せにけり花筵 』めぐり逢い良寛さんzw2801sw29 (2015-04-29 23:47)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。