2015年08月14日

『 秋の空心にフェニックス活かしませ 』めぐり逢い良寛さんzr1302sr14


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







★ めぐり逢い良寛さんzr1302sr14

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


秋の空心にフェニックス活かしませ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 雪呼さんより、 『 手を交わし親子寝まれる盆帰省 』 に良寛さんの詩歌を寄せてもらいました。



 ≫ 仁さん、おはようございます。

 今日の新聞、良寛さまの歌。


 。。。 「塵泥(ちりひじ)に 染まぬ蓮(はちす)の 色見れば もとの笑(え)まひの 思ほゆるかも」


 塵や泥に染まらず、清らかに咲く蓮の花を見るとき、釈迦の説法の意を理解して、
 初めて微笑した弟子のことが思い起こされる。
 連綿と伝わる仏の教えに、思いを馳せ敬慕する。   。。。(全国良寛会)



 今日は午後から大雨になりそうなので、早めにお墓参りに行ってきます。   ≫   雪呼




 蓮の花われも笑みつゝ逝きたかり   仁


 今はの際も笑めばそのまま



☆☆☆ 『 被災地の空へと飛んでフェニックス折れぬ心と復興願ひ 』 へどうぞ!!! ☆☆☆
 



 各地で、台風の被害や地震の被害で、悲しいニュースがつづいています。
 中越地震の被災にあった雪割草さんの心にはトラウマのようにその日が迫ってくるようですけれど、ようやく、すこし解放されてもいくようです。
 その心が秋空にフェニックスを見つけ出すのでしょうね。



 ほんとうにフェニックスですね。


 雪呼さん、すごい。
 チャンス見逃しませんね。


 雪呼さんの念が通じますように!



 秋の空心にフェニックス活かしませ   仁


 念じ翔びませ陸奥の空



 心はいつでも無心にして、
 命に回帰して、
 今とここを享受しましょう。


 命は喜び、
 再生するようにできているんです。



 秋雲の不死鳥となり光りけり   仁


 念の羽根つけ銀河遊泳





★ 良寛歌0278zr13sr14

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

塵泥に染まぬ蓮の色見ればもとのゑまひの思ほゆるかも

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 あんな泥土の中で育ちながら
 こんなにも清廉に咲く蓮の花を見ていると
 あの迦葉さんの拈華微笑の教えが
 自ずと想い出されてくるよ。
 何ごとも受け容れてあるがままをしみじみ味わうことだね。



 死ぬことは悲しいことじゃないんですね。
 苦しいことでもないんですね。
 逍遥としてあの世へ移っていくことなのでしょう。
 あの世は全く別の世界だけれど、地獄なんてありませんよ。
 この世と同じようなことが繰り返されているんですよ。



 私を生きるということは、
 全てを享受して、
 あなた自身を生きることなんだよ。
 あなたは、生きている自分自身が、悲しいかな?
 あなたは、生きている自分自身を、喜んでいるかな?



 いつもいつも破顔微笑よ蓮の花   仁


 脱落なくも虚にをれば足る





★★★ 交心俳句475-01『 手を交わし親子寝まれる盆帰省 』 へどうぞ!!! ★★★
 



 与命ゆえいち一うれし蓮の花   旅仁


 くるしかなしも絆の深さ



 蓮の花しかり然りと笑みにけり   旅仁


 一会一会の与命愛おし



 徒労にも味わい覚ゆ酔芙蓉   旅仁


 生に恵みの溢れてをりぬ





★ めぐり逢い良寛さんsr1303

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


与命ゆえいち一うれし蓮の花

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ めぐり逢い良寛さんzr0902『 赤とんぼ生まれ変わりの吾かと思う 』sr09 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ TAO575交心ts2201『 酔芙蓉朝日に恋し身を燃やす 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)
 『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03 (2015-12-03 14:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。