2015年11月27日

良寛歌1014zm25『 山里の寂しさなくばことさらに来ませる君になにをあへまし 』sm25


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575zm2503『 光れ光れ光の中を散る紅葉 』sm25





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




★ めぐり逢い良寛さんzm1203sm25

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


光れ光れ光の中を散る紅葉

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 おはよう、雪呼さん。
 今日もあい風ありがとう。



 ≫ 夜中に降った雨も上がり曇り空です。

 お天気もだんだん回復してきそうです。
 それほど寒さも感じません。

 この季節、ありがたいことです。


 山里の 寂しさなくば ことさらに 来ませる君に 何を饗あへまし   良寛

 。。。  この山里の、心細いほどに静寂な趣の他(ほか)には態々(わざわざ)お出でくださったあなたに、何をもってご接待したらよいのだろう。親友定珍は返歌で、「峰の松風や滝の音」が羨(うらや)ましいと。   全国良寛会(11月25日)   ≫   雪呼



 今朝は冬うららですね。筑後も深い靄でしたけれど、靄が晴れると美しい青空でした。
 この青空の美しさだけで、もう、生きもうけの喜び満喫です。
 もう何にも要らないよ、と自足しますけれど、
 この自足の長くつづくことを願って、今朝は普通のインフルの予防接種をしてきました。四畳半菜園が世界の老仁には、インフルにかかる機会もないほどですけれど、気まぐれに、時には街にも出たくなるかもしれませんからね。
 今日など、あまりいい天気なので、女(ぞ)山までドライブしたい気分です。清水山の紅葉も新聞に出ていましたから、まだ見頃かもしれません


 ほんとうにいい季節ですね。
 越後は名残の秋のような感じでしょうか・・・寒さが迫ってきたら、容赦しないでしょうからね。
 雪呼さんも、ニャンたちの世話を忘れて、気まぐれのドライブ楽しんできてくださいね。又時雨がやってくるでしょうから・・・





★ 良寛歌1005zm25sm25

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


 山里の寂しさなくばことさらに来ませる君になにをあへまし

※ 定珍はこれに「うちつけに羨ましくぞなりにける峰の松風岩間の滝津」とむくいている。


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 さびしい良寛さんは、人恋の心が募ってくる頃でしょうね。まだ、人が訪ねてきてくれる。もうすぐ雪に埋まって、誰も訪ねてきてくれなくなる。
 けれど、訪ねてきてくれる人があっても、何もおもてなしできないんです。この蕭条とした寂しさをご馳走に、しみじみ行く秋を分かち合いましょうね。
 そんな心でしょうか・・・。



 寂しさは愛のはじまり小夜時雨   仁


 人の一会の玉と光りぬ



 昼からそぞろ神にあおられて女(ぞ)山へ行ってきました。
 卑弥呼のように燃える紅葉ではありませんでしたけれど、清水寺本坊の庭園はそれなりに紅葉してくれていました。今年は温かったから、いい色でなかったのでしょうね。
 冷え込まないといい色出ない。
 安穏とよ~らに生きてきた老仁もついにいい色出ないままに終わります。
 雪呼さんは、これからの酷寒に耐えて、春にはいい花咲かせてくださいね。



 散り紅葉苔の褥に華やぎき   仁


 老も夢閨の華やぎ褥



 一衣一鉢で苦行重ねてきた良寛さんでしたけれど、散り際は、ほんとうに、華やぎがありますね。命の色が無為自然ににじみ出てくるのでしょうか・・・。
 そしてその無為自然の命の色は愛の色をしているんです。
 その愛の色は宇宙の愛の色です。



 光れ光れ光の中を散る紅葉   仁


 散りてこころの灯しともなれ



 宇宙の愛の色に呼び寄せられて、宇宙の愛の色を共振させた貞心尼さんが現れました。
 水が交じり合うように混じり合い、風が流れるように自然に流れ、光が一隅を照らすように心に灯り、紅葉のように華やぎの中を散っていきました。



 > 良寛句 うらを見せおもてを見せて散るもみじ



資料
 > 良寛歌1001 定珍にとみてつかわす あふてよみてつかわす
 はながつみ数にもあらぬ賤が身をながくもがもと祈る君はも

 > 良寛歌1002 あらたまの年はふるとも常磐木の常磐にませと御酒たてまつる

 > 「この庭に立てる槻の木人ならば問わましものを幾世経ぬると」(定珍)への返し
 われも思ふ君もしかいふこの庭に立てる槻の木まこと古りけり

 > 良寛歌1004心あらば草の庵にとまりませ苔の衣のいとせまくとも
 ※ 右の三首に対して定珍は「しまらくはここにとまらむひさかたの後には月のいでむと思へば」と返している。



 光り光れ果つる果てまで散る紅葉


 吾も逝くまで吾を光らす





ランキングにご協力くださいね。

スローライフ ブログランキングへ
 ありがとうございます。








★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 平和の砦575sm1404『 軍靴より郷土を守る冬の草 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ TAO交心09q092901★『 あそびじょうずあまえじょうずやねこじゃらし 』 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 面影を桜紅葉に偲びけり 』 ★ ネット吟行 09p103001 へどうぞ!!! ★★★  




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)
 『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03 (2015-12-03 14:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。