2015年12月17日

良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 良寛歌0586zk16sk16

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 おはよう、雪呼さん。
 今朝は霙ですか。雪に変わっていくのですね。
 外は何度くらいなのでしょう。
 筑後は、今朝は、晴れ晴れの上天気です。それでも北部は今夜くらいに雪の予報が出ています。寒くなるのかもしれません。
 流星群は、また、見れないままでした。



 ≫ おはようございます。
 今朝は霙です。

 だんだん雪に変わって行きます。

 寒くても元気な猫たち、
 今日も2匹で大暴れしています。


 埋み火に 足さしくべて 臥ふせれども 今度こたびの寒さ 腹に通りぬ   良寛

 。。。
 囲炉裏(いろり)の灰から僅(わず)かに顔を出す炭火に、足が付くほどに差し出して寝たけれど、今度の寒さは殊のほか腹にまで染みてこたえることだ。節すれど厳しい乞食の身、病もまた多し。   。。。全国良寛会(12月16日)   ≫   雪呼





フォト575zk1602『 降る雪や遊び心の迷いをる 』sk16



★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。



★ 交心俳句09m121602

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


降る雪や遊び心の迷いをる

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 雪の後の青空は奇麗だそうですね。
 汚れが地に落ちてしまって、澄みわたるのでしょうか。
 ニャンたちの心も青空みたいに空っぽだから、無為自然に、元気に走り回れるのでしょうね。雪の中を命を躍動させるようなニャンたちの命を真似したくなります。



 霙追い霙を避けて猫駈ける   仁


 天然自然命躍動



 良寛さんの心もニャンたちのように躍っているのでしょうけれど、でも、もう、老いの影も忍び寄ってきています。
 夜の寒さが堪えるのでしょうね。
 暖をとろうにも、埋み火のわずかな温もり。火傷するくらいに埋み火に足を近づけても、温もりません。
 腹の芯まで冷え込んでしまうような寒さです。



 雪呼さん、風邪ぶり返しませんように。



 降る雪や遊び心の迷いをる   仁


 老いも天然受容があそび








 >   ひさしく病ふにふして
 良寛歌0586 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ



 灰に埋まった炭火に
 足を突っ込んで寝ているけれど、
 今夜の寒さばかりは
 腹の底まで冷え込んでくるよ。
 まだとうぶん病気は治りそうにないなぁ・・・


 病気に臥せって、もう何日も寝たまんまのようです。
 それでも独りで食事を作り、食べているのでしょうね。食べることさえ、もういいやと、投げ捨てたくなる時もあるのでしょうね・・・


 小夜ふけて嵐のいたう吹きたりければ
 0587 世をそむく苔の衣はいとせまし柴をたきつつ夜を明かしてむ   良寛


 雪は降り積もり、今度は強い嵐にもみまわれます。世間を外れてしまって、苔のように薄っぺらな着物しかなくて、寒いこと、寒いこと。柴を焚いて暖をとるけれど、凌げるものじゃないよ。眠ったら凍え死んでしまうだろうね。
 また寝らずに、夜を明かしてしまったよ。



 > 良寛歌0588 夜は寒し麻の衣はいと狭しうき世の民になにを貸さまし



 良寛さんはその腹にしみ込んでくる寒さに耐えながら、それでも山里に人々のことに思いを馳せるんです。わたしは独り身でまだなんとか我慢すればいいけれど、たくさん子どもたちを抱えた貧しい村人たちはこの寒さをどうしてしのいでいるのだろうか。子どもたちはこの寒さに泣き、腹が減って泣いていることだろうなぁ・・・この無力な良寛は村人たちの困窮に、何にもしてやることができないよ。
 つらいね・・・
 さびしいね・・・



 せめて心良寛坊と毬をつけ   仁


 こころだけにはないものねだる



 けれど、この深い雪に閉じ込められた草庵です。山里へ降りていけないし、子どもたちも外で遊ぶことはできないでしょう。一軒一軒回って、子どもたちに語りかけて、しばらくでも心を暖めてやりたいでしょうけれど、病気もして、良寛さんは、心苦しいばかりです。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ TAO交心09m121401★『 抱きしむるひとはお傍に雪ふりつむ 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 徒然交心sk0502『 縄文の血に和まんや去年今年 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 言葉あそび575交心sp2904『 エンドレスラブを与命に吾亦紅 』 へどうぞ!!! ★★★

 




★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★




同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03
良寛歌1014zm25『 山里の寂しさなくばことさらに来ませる君になにをあへまし 』sm25
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)
 『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03 (2015-12-03 14:01)
 良寛歌1014zm25『 山里の寂しさなくばことさらに来ませる君になにをあへまし 』sm25 (2015-11-27 10:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。