2018年01月21日

『 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹 』スローライフ575交心zrz2105

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ スローライフ575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575交心『 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹 』zrz210







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。





★ スローライフ575交心zrz2105

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 けんけんさん、

 好々をどこかに忘れただの爺   けんけん


 ただの爺ゆえ求めず誇らず   仁



 <蝋梅や歩く一会の好々爺>への返歌ありがとうございます。
 ただの人としての好々爺の位を保つことができているのがけんけんさんであろうと感じます。博識に裏付けられた知と人間性の素養に基づいた立ち居振る舞い、そしておもてなしの心が人々の信頼を招き、親愛の交わりを広げられているのを感じます。
 人当たりの軟らかさが、青年との間にも、年齢差を取っ払った親和力を醸し出しているのでしょうね・・・
 おそらく青年のどんなお話にも即応できる見識の高さと素養の裾野の広さをお持ちなのだろうと感じます。芸大生とのたばこ談義の一端にも、そんな和光交心の醸成の香りを感じます。




 交わればジェンダーも超ゆ冬薔薇   仁


 命の本に老若も無し




 以上、
★★★ スローライフ575交心zrz2001『 寒牡丹歩く一会の好々爺 』 への交心です。!!! ★★★






 藁ぼっちゆえに和みの寒牡丹   仁


 添う物添うて実現る




 > 良寛歌0588 夜は寒し麻の衣はいと狭しうき世の民になにを貸さまし





 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹   仁


 何はなくとも心には花





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 良寛歌0588−01『 夜は寒し麻の衣はいと狭しうき世の民になにを貸さまし 』 へどうぞ!!! ★★★









同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)
 『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03 (2015-12-03 14:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。