2018年11月12日

『 凡愚には過不足もなし枯尾花 』フォト575交心zrm1206

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ フォト575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






『 凡愚には過不足もなし枯尾花 』フォト575交心zrm1206










★ フォト575交心zrm1206


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 凡愚には過不足もなし枯尾花


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






 武蔵さん、

 交心ありがとうございます。
 今日明日に希望があり、社会的貢献や責務を負っている人には、やり残しや新たな達成の目標もできたり、このままではすませないことでしょうね。
 武蔵さんの一日一日を大切に生きておられる生の燃焼に感銘と羨望を感じています。

 ぼくの「このまま」には、到達した心境などという上等なさとりのようなものはさらさらありません。もともと陽の光を浴びて表街道を真っ直ぐに歩くような生から脱落して、小さな世界で、小さな自分を、自分なりに楽しみ、おもしろおかしく生きていけるようにことなかれに生きてきました。無能無才でも笑って生きてこれたことをHappyに念っています。無念なことも未練たらたらなことも、悲喜交々ですけれど、自分なりにやりこなし、今をあそべることに自足できているようです。




 凡愚には過不足もなし枯尾花   仁


 四季に随い移ろうばかり


 いつも学びをありがとうございます。






 以上、
★★★ 物真似575冬zrm1105『 このままに終わりてもよし返り花 』 への交心です。!!! ★★★






 > ひょっとすると、春は逝き、そして再び訪れるという四季の姿に、なにかを視ているのかもしれない。
 しかし、
 「咲く花の姿は変わらねど、今年の花は去年の花にはあらず」
 と、考えることもできはしないか。人は老い、逝く。そして再び春に咲く、という感覚を一度どこかで点検してみなくてはならないのではあるまいか。
 西行が願った花の下での死は、現代人にとっての一つの指針かもしれない。いま、「逝き方」を考える時代に私たちは生きているのだ。   。。。五木寛之『新老人の思想』p199




 今ここも一日一新返り花   仁


 念じる力躍らす心










★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







★★★ フォト575交心zsk1913『 荘厳の冬の夕焼け伊予小富士 』 へどうぞ!!! ★★★






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





同じカテゴリー(写真俳句)の記事画像
『 旅にあれば異郷も故郷散り椿 』物真似575冬zrk1005
『 雪催いわれは逝かずもきみ来ませ 』物真似575冬zrk0905
フォト575ztk0104『 天も地も不仁不条理木の葉散る 』
『 触われぬもわれを明かせり冬の月 』物真似575冬zrk0805
『 老ゆえに虚に立つ自在冬落暉 』言葉あそび交心zrk0706
フォト575交心zrk0705『 隠すものなきが寂しき栴檀坊主 』
同じカテゴリー(写真俳句)の記事
 『 旅にあれば異郷も故郷散り椿 』物真似575冬zrk1005 (2018-12-10 21:30)
 『 雪催いわれは逝かずもきみ来ませ 』物真似575冬zrk0905 (2018-12-09 20:32)
 フォト575ztk0104『 天も地も不仁不条理木の葉散る 』 (2018-12-08 23:55)
 『 触われぬもわれを明かせり冬の月 』物真似575冬zrk0805 (2018-12-08 20:19)
 『 老ゆえに虚に立つ自在冬落暉 』言葉あそび交心zrk0706 (2018-12-07 21:24)
 フォト575交心zrk0705『 隠すものなきが寂しき栴檀坊主 』 (2018-12-07 10:36)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。