2010年10月10日

いつはとは時はあれども寂しさは虫の音も枯るしぐれする夜半




★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★





★ 良寛の歌0495z100301

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

いつはとは時はあれども寂しさは虫の音も枯るしぐれする夜半

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 寂しい時はこんな時だよと
 定まった時というものがあるんだろうけれど、
 わたしがひとしお寂しさをつよく感じるのは
 もう虫も鳴かなくなった時雨する夜半なんだよ。
 虫の音にかわる雨の音がわが身の寂しさを思い知らせるようなんだ。



 0000 いつはとは時はあれども淋さびしさは虫の鳴く音に野辺の草花  良寛


 虫が鳴いているさなかに草の花を眺めている時がとりわけ寂しさを感じるという良寛さんがいます。そして、また、虫が鳴かなくなっても、とりわけ時雨の夜半には寂しさがつのってくるよ、といいます。時の移ろいが切なく、その中を生きているものたちへの慈しみが大きいのですね。小さな生きものたちにも良寛さんの慈しみは広がっているのです。


★★★ 『 十六夜や余事につかまり月見れず 』 ★ 交心俳句10q092401 へどうぞ!!! ★★★



 0498 はだ寒み秋も暮れぬと思ふかな虫の音も枯るしぐれする夜半   良寛


★★★ 『 紅葉の助走の里山歩きませ 』 ★ 交心俳句10p100202 へどうぞ!!! ★★★



 野辺の花虫しぐれまた星しぐれ   仁


 星明かりいざないの音のつづく野辺   仁


 鳴き尽くすまでを歓喜の虫の声   仁





★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 『 稲雀雨の中にも群れてをる 』 ★ 交心俳句10p100301 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 03日 』 10月の佳き日チュウさん良き笑顔 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 『 今日の出来事、雑談、交流広場 10年10月 03日 』   ☆☆☆   制服も冬支度 県内中高、衣替え へどうぞ!!! ★★★
 



★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★








同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
『 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹 』スローライフ575交心zrz2105
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 『 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹 』スローライフ575交心zrz2105 (2018-01-21 22:55)
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。