2010年10月15日

良寛の詩『 真を取れば真かへって妄なり 』10p101401

★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の詩 ★。・。・゜♪゜・。・。★





★ 良寛の詩『 真を取れば真かへって妄なり 』

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


 真を取れば 真かへって妄なり 
 妄と了せば 妄すなはち真なり


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 真と思って信じてしまうと
 実はそれが妄であったということがよくあるね。
 それを妄だと理解していると、
 逆にそれが真であることもよくあるよ。
 真も妄も相対的なものだからね。


 十三夜真偽の軸に在らざりき   仁


 栗穿つ虫とも眺む後の月   仁



★★★ 『 稲穂波消えて筑後路白々す 』 ★ 交心俳句10p101301 へどうぞ!!! ★★★








★ 交心俳句10p101403

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

栗穿つ虫とも眺む後の月

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――







★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の詩 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 遊行俳句で交心10w040203★『 福寿草大地の愛の尽きるなし 』 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 14日 』 霧の夜バイク少年懐かしき へどうぞ!!! ★★★




★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★




タグ :十三夜

同じカテゴリー(良寛の詩を交心しましょう。)の記事画像
『 降れ降れ雪晴朗の空遊行せん 』めぐり逢い良寛さんzk2801sk28
『 寒月やときにはひとり咆吼す 』めぐり逢い良寛さんzm1802sm18
『 はるかまで波のおだやか冬はじめ 』めぐり逢い良寛さんzm0501sm04
『 四季咲きの桜小ぶりに露けしや 』めぐり逢い良寛さんzp1701sp17
『 核廃絶世界を花火で満たさんや 』めぐり逢い良寛さんzr0301ss28
『 酔芙蓉いまひとたびの夢を翔べ 』めぐり逢い良寛さんss1307
同じカテゴリー(良寛の詩を交心しましょう。)の記事
 『 降れ降れ雪晴朗の空遊行せん 』めぐり逢い良寛さんzk2801sk28 (2015-12-28 21:54)
 『 寒月やときにはひとり咆吼す 』めぐり逢い良寛さんzm1802sm18 (2015-11-18 22:32)
 『 はるかまで波のおだやか冬はじめ 』めぐり逢い良寛さんzm0501sm04 (2015-11-05 13:04)
 『 四季咲きの桜小ぶりに露けしや 』めぐり逢い良寛さんzp1701sp17 (2015-10-17 19:50)
 『 核廃絶世界を花火で満たさんや 』めぐり逢い良寛さんzr0301ss28 (2015-07-28 16:39)
 『 酔芙蓉いまひとたびの夢を翔べ 』めぐり逢い良寛さんss1307 (2015-07-14 18:55)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。