2010年10月17日

秋萩の花咲く頃は来て見ませ命またくば共にかざ



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌と遊ぶ ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






★ 良寛の歌0420

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

秋萩の花咲く頃は来て見ませ命またくば共にかざさむ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 > 余白にも 心あやなす 秋のあり


 余白に、空きのあり、とはしゃれましたね。
 空き巣狙いにご用心。
 ご用仁、空き巣となって、忍び込む。
 けれど、ドジ仁、ドジふんで、御用とはなってしまいけり。御用仁。

 その心の余白に、
 どんな心の彩を織り込んでいきましょうか・・・


 余白には妄恋織り込む秋ならめ


 > 此処感覚は、日本人だから?

 でしょうね、日本人固有のものでしょう。
 中国伝来でしょうけれど、今じゃぁ中国も極彩色のゴテゴテですからね。
 西洋の油絵じゃぁ、到底理解できないでしょう。余白の美は、論理じゃありませんからね。西洋人のように論理で理解しようとしても徒労でしょう。

 空即是色です。


 西洋人は、所有してナンボ。
 日本人は、捨ててナンボ。

 価値観が真逆なんですよ。

 イエスさんは、ほんとうは日本人なのかもしれない。
 <貧しき者は幸せだよ>
 そういっていますからね。
 <野の花を見よ>
 これなんぞ、良寛さんですからね。


 花呼さんは、どっちタイプ?
 モンローさん?
 小野小町さん?




 > 老いの身と 言いつ花添え 秋の山


 老いらくは枯れ木に花を咲かせ爺   仁


 墓場に近き老いらくの、恋は怖るる何ものもなし   川田順


 すごい先輩がいるものですよね。
 それにお伴する女人もすごい。
 良寛さんもすごいけれど、
 やっぱりもっと凄いのは、貞心尼さん。



 > にこやかに老人だよと花めでる
         怪しき色香振りまきながら



 花愛でる心の内ぞ妖しかれ老いれば老いるほど狂おしき


 秋萩の花咲く頃は来て見ませ 命またくば共にかざさん   良寛


 わたしの命があったら、また、涼しくなって、秋の萩の花が咲く頃いらっしゃい。
 萩の一枝を折って、いっしょに花を愛で、法を語り明かそうね。


 美しい師と愛弟子の死の間際の語り愛です。
 最高の法愛が語られます。

 なのに、瘋癲老仁は、法がわからないから、
 良寛さんの法悦もわからず、悦だけを感じとってしまうのでした。
 貞心尼さんと愛し合って、恍惚と至福の時を流離っている良寛さんが幻えてくるのです。
 

 萩の花を折り採ることは、
 万葉の世界では、女人を愛することを意味していました。
 良寛さんは、法悦の本当の法悦を生きたのだと老仁は信じるのでした。
 その法悦を良寛さんに与えることのできた貞心尼さんは、すごい観音さんなのでしょうね。


 死ぬるまで花にくるうて花野に逝く





★ 妄恋賛歌11101

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

余白には妄恋織り込む秋ならめ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 
★゜。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜。・。・゜★



★★★ 『 待つ心潮の如し彼岸花 』 ★ 交心俳句 13801 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 良寛も燃えることあり秋の山 』 ★ 交心俳句10p101601 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 11日 』 台風の如く万葉迫り来る へどうぞ!!! ★★★



 
★゜。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜。・。・゜★






同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)
 『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03 (2015-12-03 14:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。