2010年10月18日

山奥に見てすて帰るうすもみぢわれを思はむ



★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★





★ 良寛の歌0501z101016

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

山奥に見てすて帰るうすもみぢわれを思はむ浅き心を

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 山奥で色づきはじめた薄紅葉を見て、
 喜んだけれど、
 そのまんま喜びを告げもせず帰ってきてしまったよ。
 そんなわたしを、薄紅葉さんは、つれないやつだと思っていることだろうね。
 心はその時その時ちゃんとあるがまんまに交心しておかないといけないね。


 「白露はことに置かぬをいかなれば淡く濃く染む山のもみじ葉」と由之の問へるにこたへて
 0500 置く露に心はなきをもみじ葉の淡きも濃きもおのがさまざま   良寛



 0504 秋山は色づきぬらしこの頃の朝けの風の寒くなりせば   良寛


  心今開き交わさん薄紅葉   仁


 濃きは濃く薄きは薄く紅葉山   仁


  良寛の待ち来し紅葉色づくや   仁





★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 『 夢現恍惚たりし宵の秋 』 ★ 交心俳句10p101501 へどうぞ!!! ★★★


★★★ TAO交心10q093004★『 絮の飛ぶ人間だものと笑えかし 』 へどうぞ!!! ★★★



★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★







タグ :薄紅葉紅葉

同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)
 『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03 (2015-12-03 14:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。