2010年10月25日

たれにしも浮世の外と思ふらむ隅なき月のかげを





★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★






★ 良寛の歌0330

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

たれにしも浮世の外と思ふらむ隅なき月のかげを眺めて

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 ※ 「誰しものつもりか」とあるが、垂れこめて、もの思いに沈んでいた人にもの意ならん。 。。。渡辺秀英註


 どんなにつらいことがあっても
 心はいつでもこの世の外に在って、
 命のまんまに自由を生きているんだと思うことができるよ。
 こんなにも清澄な月を眺めていると、
 生きていることをただただ喜ぶ心をしみじみ感じるね。



 0329 思ふどち門田の畔に円居して夜はあかしなむ月の清きに   良寛


 0331 名にしおふ今宵の月をわが庵に都の君と眺むらむとは   良寛

 名にしおふ今宵の月を我庵に都の人とむかふ隈なさ   良寛


 0332 旅衣さびしき深き山里に雲居同じき月を見るかな   良寛


★★★ 『 楽々も苦々も平常秋の雨 』 ★ 交心俳句10q092101 へどうぞ!!! ★★★




 唐突に逝く人ありぬ月の影   仁


 月清し命愛しむ君の日々   仁


 月澄むやかわせみもきみも在るごとし   仁


 君もまた雲間に月を見てをるや   仁




★★★ 『 掌の皺にも名在り星月夜 』 ★ 交心俳句10p102301 へどうぞ!!! ★★★






★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★






同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)
 『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03 (2015-12-03 14:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。