2010年10月31日

いにしへにありけむ人の求めてし道を求めむ




★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★






★ 良寛の歌1133

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

いにしへにありけむ人の求めてし道を求めむをぢなけれども

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




昔はこの寺にもいたという
 古道を守ってきた住職さんたちの
 求め生きてきた道を
 わたしは愚かな身ではあるけれど、
 尋ね、求めていくことにしよう。

 ※ 「をぢなけり」は、愚かで拙いこと。



 述懐の歌
 1130 いそのかみ古のふる道さながらにみ草ふみわけゆく人なしに   良寛
 吉野082


★★★ 『 ひょっこりとはぐれじゃがいも芽を出しぬ 』 ★ 交心俳句10t060501へどうぞ!!! ★★★


 1131
 吉野083 ますらをの踏みけむ世々の古道は荒れにけるかも行く人なしに   良寛


 1132 いにしへの人の踏みけむ古道は荒れにけるかも行く人なしに   良寛




★★★ 『 いそのかみ古のふる道さながらにみ草ふみわけゆく人なしに 』 ★ 良寛の歌1130z100605 へどうぞ!!! ★★★




 
よ~らよ~ら凡愚の径にも秋の風   仁


 凡愚なるも秋風古人と遊ばする   仁


 来る人もなき遊行みち秋深む   仁


 秋の暮行く人もなき遊行時空   仁


 草の花吾とも荘厳し給いき   仁



★★★ 『 紅葉も幸運もはや素通りか 』 ★ 交心俳句10p102506 へどうぞ!!! ★★★





★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 25日 』 十八を秋の湯舟に花咲かす へどうぞ!!! ★★★


★★★ 『 掌の皺にも名在り星月夜 』 ★ 交心俳句10p102301 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 良寛の歌0342『 柴の庵をうち出て見ればみ林の梢もりくる月の清さよ 』10p101901 へどうぞ!!! ★★★



★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★







同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
『 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹 』スローライフ575交心zrz2105
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 『 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹 』スローライフ575交心zrz2105 (2018-01-21 22:55)
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。