2010年11月08日

あはれさはいつはあれども秋の夜は虫の鳴く音に八千草


★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★






★ 良寛の歌0494

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


あはれさはいつはあれども秋の夜は虫の鳴く音に八千草の花


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 秋はいつだって
 しみじみと趣深い季節だけれど
 とりわけ心に沁みるのは
 虫の声と野に咲くいろいろの花だね。
 身辺りにどこにでも風流はあるんだよ。




 0300 あはれさはいつはあれども葛の葉のうら吹き返す秋の初風   良寛

★★★ 『 ゆっくりと色づきゆけり秋の山 』 ★ 交心俳句10q090301 へどうぞ!!! ★★★



 0486 わが庵はひとの裏しり夕されば垣根にすだくこほろぎの声   良寛


 0489 秋風の夜ごとに寒くなるなべに枯野に残る鈴虫の声   良寛


 聞き耳を立てるほどなり虫の声   仁


 虫の声希望が命の力なり   仁


 秋白しうるわしくあれ心色   仁







★★★ 『 病んで知る食うは生きるの一大事 』 ★ 交心俳句10p100901 へどうぞ!!! ★★★






★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 遊行俳句で交心10p100805★『 一々をわれへの辞世猫じゃらし 』 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 良寛に習えば歩く秋思かな 』 ★ 交心俳句10p100701 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 07日 』 愛別の離苦は常なり酔芙蓉 へどうぞ!!! ★★★
 



★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★







同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)
 『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03 (2015-12-03 14:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。