2010年12月02日

秋山のもみぢは過ぎぬ今よりは何によそへて君をしぬばむ


★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★








★★★ 『 手作りの冬菜なにより馳走なる 』 ★ 交心俳句10m113001 よりの【 転載 】です。 ★★★






★ 良寛の歌0529

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

秋山のもみぢは過ぎぬ今よりは何によそへて君をしぬばむ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 秋の山の紅葉も
 もう散ってしまいました。
 紅葉を見ればあなたと過ごした日々が想い出されて
 幸せになり、またお逢いしたいと忍びもしましたけれど、
 これから何にこと寄せてあなたを偲ぶことができるのでしょうね。

 

★★★ 『 もみじ葉の光もなきに色よかり 』 ★ 交心俳句10m112501 へどうぞ!!! ★★★




 0526 もみぢ葉の散りにし人の面影を忘れで君が問ふぞうれしき   良寛


 国上の山に登りてそこなる寺にやどりて、「夜あらしに降りくるものは雨ならで軒場につもる落葉なりけり」。かへらむとしつるに、山の主のよみ出でけるうた(原田正貞の記)
 0527 この山のもみぢも今日は限りかな君し帰らば色はあらまじ   良寛



 
紅葉すぎ霰に君を偲ぶらん   仁


 散る紅葉かくも偲ばゆ面影よ   仁


 君去にて紅葉忽ち色褪せぬ   仁






★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ TAO交心09m112701★『 芒野のゆらぎに起こる愛浄土 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 『 健気なる雪の桜を見に行かん 』 ★ 交心俳句10m112902 へどうぞ!!! ★★★




★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★








同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)
 『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03 (2015-12-03 14:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。