2011年01月28日

墨染めのわが衣手のゆたならばうき世の民を覆はましものを




★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★






★★★ 『 降る雪や猫はいつでも行儀佳し 』 ★ 交心俳句11z012601 よりの【 転載 】です。 ★★★





★ 良寛の歌0836

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

墨染めのわが衣手のゆたならばうき世の民を覆はましものを

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 墨染めのわたしの袖が
 もっと広くて、 豊かならば、
 寒さに震える村人たちを
 この袖で覆ってやることができるんだがなぁ・・・
 わたしにはそんな力はないのが辛いよ。




 薄衣に寒さが堪える良寛さんですけれど、その身の辛さが、村人たちの辛さに重なって、村人たちの寒さをどうにか和らげることはできないものかと腐心するのですけれど、無一物の良寛さんには物を与える財力はありません。心ばかりでは何の力にもならないんですね・・・


 1209 墨染めの わが衣手の ひろくありせば 世の中の まどしき民を 覆はましもの   良寛


 先の歌を、旋頭歌でも詠んでいます。
 「ゆたならば」という歌の表現を、そのまんま「ひろくありせば」と素直に詠んでいます。物を与えることのできない辛さから解放されて、無力だけれども、心の思いだけをそのまんま詠むことができるようになったのでしょうね。
 歌の方は、自分の無力さを少し責めているようなところがあるんです。
 旋頭歌の方は、寒さや貧しさを共有する心を失わないようにしようね、と呼びかけてくれているようで、ほっとします。


 かぜのふきしに
 1202 墨染の わが衣手の ゆたにありせば あしびきの 山のもみぢを 覆はましもの   良寛


★★★ 『 明日いらず今愛おしめ蛍草 』 ★ 交心俳句10p102703 へどうぞ!!! ★★★



 世の人をおもひて
 0834 長崎の森の烏の鳴かぬ日はあれども袖のぬれぬ日ぞなき   良寛


 又「世の中の花を袂にこき入れてたちかへるらん白雲の山」といへるに
0835 世をいとふ墨に衣のせばければ包みかねたり賤が身をさへ   良寛


 
雪国に住めずも雪の重さかな   仁


 雪に泣き雪に笑うも縁かな   仁


 逃るるはあなたが先よ寒厳し   仁






★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 『 覚悟して来る日も来る日もただ除雪 』 ★ 交心俳句11z012301 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 11年01月 28日 』 鼠の声聞かずなりけり温風器 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 明日の身を忘れ今日の身雪遊び 』 ★ 交心俳句267z01z09z0125 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪     仁




★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★







同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
『 百合の花夢は見ずとも死にとなし 』筑紫風575交心zrr3111
『 これからをわがまゝに逝く無季の道 』筑紫風575交心zrs2407
『 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹 』スローライフ575交心zrz2105
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 『 百合の花夢は見ずとも死にとなし 』筑紫風575交心zrr3111 (2018-09-14 18:50)
 『 これからをわがまゝに逝く無季の道 』筑紫風575交心zrs2407 (2018-07-24 21:00)
 『 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹 』スローライフ575交心zrz2105 (2018-01-21 22:55)
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。