2012年11月17日

『 相見てのほとめき月の青さかな 』良寛貞心尼相聞歌を遊ぶ

★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛貞心尼相聞歌を遊ぶ ★。・。・゜♪゜・。・。★





★ 良寛貞心尼相聞歌を遊ぶ01w02w02「これぞこの」w12m1116

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

相見てのほとめき月の青さかな

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 幾度目の「まり撞き」遊びの辿り直しでしょうか・・・
 良寛さんに巡り会って、もう、6年も過ぎ去ってしまいましたけれど、まだ「まり撞き」遊びの初心を出たり入ったりしています。


 清浄の命妙適星月夜   仁


 命相見て心真愚和雨


 その間、一休さんにも巡り会って、一休さん真似遊びを言葉あそびで楽しんでいましたから、一条道というわけにもいかぬ酔いどれ船の旅のようなものですけれど、躰も動かなくなっていく中で、良寛さんのスローライフに戻りたくなってきたのかもしれません。
 けれど一休さん真似遊びで、森女さんとのスローセックスのスタンスとスキルを学びましたので、良寛さんの貞心尼さんとの至福の愛も、良寛さん風の究極のスローセックスとして学びとれるのではないかと辿り直しを楽しんでいます。

 一休さんと森女さんのスローライフ、スローセックスを語り愛による魂の真愚和慰と呼んできましたけれど、良寛さんと貞心尼さんのスローライフ、スローセックスはスペースラブ、相見の真愚和慰と呼ぼうと思っています。
スペースラブは見つめ愛の交感です。


 相見てのほとめき月の青さかな   仁


 見えぬものにぞ命まぐわう





良寛貞心尼相聞歌を遊ぶ01w02x01「これぞこの」y10w0415

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

花の闇妖しくもまた清らなる

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




★★★ 『 今日のそのまんま575で交心10年04月15日★花の闇妖しくもまた清らなる 』 よりの転載です。 ★★★
 



そのまんま575で交心コミュも交心の成り立ちがありませんので、
 貞心尼さんとすこし遊行時空交心をしようと思っています。
 どこまで交心できるか、経験無しの愚仁には覚束ないことですけれど、
 観自在、心を空しくして、心に湧いてくるイメージのままに、交心をしていきます。
 独り善がりの瘋癲老仁風おしゃべりですけれど、
 サポートやご批判もらえるとHappyです。

 よろしくお願いします。


 花の闇妖しくもまた清らなる   仁


 雨降らば降れ心安けし





良寛貞心尼相聞歌01w02「これぞこの」w12m1116

――♪☆◆♪―――――――――――――♪◆☆♪――

師、常に手鞠をもて遊び給ふとききて奉る
これぞこのほとけの道に遊びつつつくやつきせぬみのりなるらむ

――♪☆◆♪―――――――――――――♪◆☆♪――






★★★ 『 これぞこの ほとけの道に 遊びつつ つくやつきせぬ みのりなるらむ 』★良寛貞心尼相聞歌01z01z08x0322 よりの転載です。 ★★★




 良寛さまが子どもたちと無心にまりをついて遊んでいらっしゃるのを見てきました。子どもたちと遊んでやっているというより、子どもたちから遊んでもらっている、そんな風にわたしには見えます。

 良寛さまは、子どもたちと、どうしてこんなに無心に遊ぶことができるのでしょうか。わたしには、不思議で、不思議で、なりませんでした。

 そして、わたしも、良寛さまのように、子どもたちと無心になって、まりを撞いて遊べるようになりたいと思いはじめました。


 いろいろのことがあって、わたしも、出家して、草庵に籠もり、仏道修業をして参りましたけれど、いまだ、何一つわかりもせず、心も開かれません。
 良寛さまみたいに、心が開かれて、無心に、何でもないように、命を躍らせて、子どもたちと一緒に遊べるようになりたい。
 良寛さまは、ただただ楽しそうにまりを撞いて遊びつづけていらっしゃる。日が暮れるのもお忘れになっていらっしゃるようです。撞いても撞いても喜びが尽きないように命が輝いているのを感じます。命の喜びはどんなに撞いても遊び尽きないように、仏道修行の実りも尽きることのないほど豊かなものでしょうね。
 子どもたちとまりを撞いてそんな豊かな実りの中を生きていたいと念います。
 でも、子どもたちが警戒したり、疎ましがったりして、きっと遊んでもらえないだろうと思ってしまいます。子どもたちから拒まれる重いものを抱いて生きてきているのでしょうね。それを落とそうと出家もしたのですけれど・・・


 良寛さまがこんなに無邪気になれるのは、良寛さまの修行によるものだとお察しいたします。
 わたしには、まだ、どういう修行をすれば、良寛さまみたいになれるのか、その道筋もよくわかりません。
 良寛さまと一緒に生きて、良寛さまの真似をして、子どもたちとも、まりをつきながら無心に遊んでいくなら、それが精進ともなって、深い仏道の理解に到達することができると思うようになりました。

 子どもたちと無心にまりをついて遊べるようになりたく思います。
 どうぞわたしをお弟子にして、良寛さまのおそばに就いて、子どもたちと一所にまりを撞いて、尽きることのない命の豊かさを、命の無尽蔵の喜びを過ごさせてくださいませ。





★。・。・゜♪゜・。・。★  ★。・。・゜♪゜・。・。★



 良寛さんと貞心尼さんの出会いが始まりました。

 良寛さん、70歳。貞心尼さん、30歳。


 貞心尼さんからのアプローチです。


 貞心尼さんの心に、あなたの心、映りますか・・・





遊行相聞歌01z01x01z08x0322

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

邪気もなく頓着もなくほとけの坐

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 青のくさみ「森女」遊泳2101『 身を捨てて月と言葉を遊びけり 』w12p1029「 0863 」 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 言葉あそび575交心w12m111302『 落雁に神も仏もなかりけり 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★







同じカテゴリー(良寛貞心尼相聞歌)の記事画像
『 秋没日なりすましたる良寛坊 』徒然旅日記rp1801
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 初雪を待ち侘び心北国へ 』めぐり逢い良寛さん
『 酔芙蓉悟れば空即是色なる 』めぐり逢い良寛さん
『 これぞこのほとけの道に遊びつつつくやつきせぬみのりなるらむ 』良寛貞心尼相聞歌
秋の蝶空即是色の心かな★相聞歌を遊ぶ01「これぞこの」z01
同じカテゴリー(良寛貞心尼相聞歌)の記事
 『 秋没日なりすましたる良寛坊 』徒然旅日記rp1801 (2016-10-22 22:59)
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 巡り逢う夢にときめく春の宵 』相聞歌を遊ぶ003rx0909 (2016-03-09 23:06)
 良寛貞心尼相聞歌02vr09rz20『 つきて見よひふみよいむなこゝのとをとをとをさめて又始まるを 』 (2016-01-20 23:15)
 『 初雪を待ち侘び心北国へ 』めぐり逢い良寛さん (2014-11-25 17:10)
 『 酔芙蓉悟れば空即是色なる 』めぐり逢い良寛さん (2014-11-14 20:48)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。