2020年02月18日

『 虫も鳥も一瞬一生桜共振 』瘋癲老仁妄句xzx1602

★ ゜・。・。 ★ 瘋癲老仁妄句 ★ 。・。・ ゜ ★


虫も鳥も一瞬一生桜共振 -r  仁





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。



★ 瘋癲老仁妄句xzx1602

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

虫も鳥も一瞬一生桜共振

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――





 > 別な方向からいえば、「エクスタシー」というのは「自我」(エゴ)を忘れるということの喜びなんですね。「忘我」という言葉があって、「忘我の境」はエクスタシーの状態なんです。それは「自我」(エゴ)とつながる所有欲とか競争心を超えたときに生じる。競争意識にもとづく文明社会の価値観と対極にあるんです。社会から見れば、「我を忘れる」ということは、社会生活をうまくやっていく上で不利だし危ないから禁じるべきことだということになる。セックスの解放に対する社会の抵抗感はそういうところにあるんです。   。。。加島祥造『TAOにつながる』p152




 念込めて忘我游泳桜同期   仁


 風に舞々命光悦




 虫も鳥も一瞬一生桜共振   仁


 光のゆらぎ妙心妙命





 > ――宇宙は二重構造になっており、私たちがよく知っている物質的な宇宙(この世=明在系)の背後に、もうひとつの目に見えない宇宙(あの世=暗在系)が存在します。「あの世」には「この世」のすべての物質、精神、時間、空間などが全体としてたたみ込まれており、分離不可能です。〔ボーム〕――     。。。天外伺朗『理想的な死に方』p166





 右左この世あの世や舞う桜   仁


 あなたとわたし交わりて愛





 以下、【 転載 】 です。






今はまだ届かぬ思い 汝も吾も浅きに拠りぬ深く降り行け






★ 瘋癲老仁妄歌134-03zqy17

――★♪★―――――――――――――★♪★――

今はまだ届かぬ思い 

汝も吾も浅きに拠りぬ深く降り行け

――★♪★―――――――――――――★♪★――




俳句・短歌ランキング




 この熱い思い、あなたに届けたいけれど、
 とても浅いところで生きているから、
 現実のしがらみの壁を越えることはできず、
 思いだけ募る・・・

 思いを伝える術も知らない。


 あなたはあなたで、精一杯のところで生きているし、
 自分の思いも、夢も、
 まだ定まるはずもなく、

 これから開かれていく世界に、
 めくらめく思いで、
 不安と恍惚に、
 吾も忘れることもあるから、

 迷いや不明に拘ることなどできはしない。





e-syagaru-xzx13-b-



  


 共に、・・・

 そんなことができない現実を、
 知りすぎているから、


 それを超える現実が、
 あり得ることなど想定外だから、

 起こりえぬミラクルを、
 起こりえぬからミラクルだと、
 無い物ねだりの子守歌を、

 ただ、つぶやきつづけるだけなのだろう・・・




地獄の果てに






 深くは、
 地獄の果てに、行くことなのだ。




e-syagaru-xzx13-c-


 



     ( 08-01-17 )


 以上、 【 転載 】 です。




念ずれば念い通ずる返り花   仁









★ 瘋癲老仁妄句xzx1303

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

念ずれば念い通ずる返り花

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 > このように、亡くなる直前にしらせがくるというのは、私にとっては初体験だったが、世の中ではそう珍しいことではない。
 「虫の知らせ」とか、「夢枕に立つ」とかさまざまな表現がある。どちらかというと、覚醒時のビジョンより、夢で知ることが多いようだ。
 深層心理学者C・G・ユングは、このような現象を一般化して「共時性(シンクロニシテイ)」と名づけた。
 死の知らせだけでなく、たとえば、何年も会っていない昔の友人のことを考えていたら、たまたまその人から電話がかかってきた、といったたぐいの「奇妙な偶然の一致」を総称する。
 正式な定義は、次のようになる。

 【共時性】――同じ意味を持つ、ふたつあるいはそれ以上の、因果的に無関係な出来事の同時生起   。。。天外伺朗『運命の法則』p011




 蜂飛び来花に熱中真似夢中   仁


 恍惚の波人影幻視





 > このことを知ったのは、『ミュータント・メッセージ』という本です。著者のマルロ・モーガンというアメリカ女性が、半強制的にアボリジニたちと四ヶ月ほど一緒に砂漠を旅行したときの記録です。
 アポリジニたちは、完全に自分たちの「想念の力」を信頼した生活をしています。砂漠を旅行するのに、わずかな水だけを持ち、食料も何も持たないのですが、「願う」ことで簡単に手に入れてしまいます。骨折のような大怪我も、「想念の力」でたちどころに治してしまいます。しかも、それは偶然に怪我をしたのではなく、マルロ・モーガンに「想念の力」による癒やしを教える機会を与えてください、と願った結果だというのです。それが、いつ起こるかはわからないが、願いは必ず実現し、裏切られることはない、といっています。
 コミュニケーションにも、テレパシーを多用します。そして、人類は元来こういうすばらしい能力を持っていたのに、お前たち文明人はそれを失ったミュータント(突然変異種)だ、おのかわいそうなミュータントたち(現代人・文明人)に対する、本来の人類からのメッセージ、というのがこの本のタイトルです。   。。。天外伺朗『理想的な死に方』p147




 念ずれば念い通ずる返り花   仁


 花と語れば大地躍動




s8tx31IMG_9623






butu-asyura-xzx13-












★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ 。・。・ ゜ ★




★★★ TAO575交心ytw0502『 風光る軽くあそぶも老の徳 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 瘋癲老仁妄句142-04『 幻影のひとのなお呼ぶ雪の道 』zqx05 へどうぞ!!! ★★★ 



★ 。・。・ ゜ ★ そのまんまで交心 ★ ゜・。・。 ★






  


Posted by 青柳仁 at 16:18Comments(0)写真俳句

2020年01月29日

『 風光る軽くあそぶも老の徳 』TAO575交心ytw0501

★ ゜・。・。 ★ TAO575交心 ★ 。・。・ ゜ ★




『 風光る軽くあそぶも老の徳 』TAO575交心ytw0501





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。



★ TAO575交心ytw0501

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

風光る軽くあそぶも老の徳

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 山人さん、

 交心ありがとうございます。
 「白一丈」が風光る同じ呼吸をしていますね。
 悦びを蔵しながらも親は雄峰の如く泰然としている。
 味わいが深いです。


 風光るのようなセンチな詩語でも俳句ではこんなに大きく詠えるんですね・・・


 老仁の言葉遊びでは到底真似のできない句境ですけれど、例句に引いてみました。



 山人さんの佇まいを彷彿させるような句です。




 風光る軽くあそぶも老の得   旅仁


 自然に無駄は何一つなし





★★★ 演習妄句575sx0213『 風光る径のいさごも光りけり 』 へのコメント交心です。 ★★★





★ TAO575交心ytw0501

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

寄る辺たる自心尋ねん風光る

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 山人さん   

 ごめんなさい。
「 山人さんの佇まいを彷彿させるような句です。 」の文の場所が悪かったみたいです。この文は実は「 風光る、白一丈の岩田帯 」の俳句の深い佇まいが「 山人さんの佇まいを彷彿させるような句です。 」ということでした。



 ぼくの575はこんな泰然として繊細な妙句は詠めません。
 せいぜい「 風光る軽くあそぶも老の得 」自分の軽薄な言葉あそびを軽くあそんで自戯るしかありませんと、それでも生きもうけだと言葉あそびで楽しんでいるだけの575でした。

 端正にして玄なる山人さんを「 軽くあそぶ 」人だなんて詠めません。
 文の置き場所が間違って失礼な575になってしまったことご寛容ください。





 風光る軽くあそぶも老の徳   仁


 自ずから湧く玄なる慈愛







★★★ フォト575『 風光る軽くあそぶも老の徳 』sx0305 へどうぞ!!! ★★★
 





 「得」を「徳」に詠んだら、山人さんの佇まいに少しは近づけるかもしれません。
 山人さんの徳の深さにはいつも感動させられています。人間性とキャリアの実績の深さが徳の大きさになっているのを感じます。

 お名前の通り<独坐大雄峰>という風情の徳を感じます。

 重いものと向き合っても軽く受容することができる。どんなことが起こっても平常心で向き合うことのできる玄の妙心をお持ちです。
 わびさびも超えて呑みこむかろみの玄境を「 軽くあそぶ 」と詠むことができたら山人さんへの献句にすることができるでしょうけれど・・・



 鄙隠り瘋癲老仁の言葉遊びの575では表現できる世界ではありませんけれど・・・



 春の喜びが詠んだ浮かれ心と、笑って、ご寛容ください。





 寄る辺たる自心尋ねん風光る   仁


 一期一会の好き巡り逢い



風光る










★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ 。・。・ ゜ ★




★★★ TAO交心zz0901『 風に載りガテガテパラガテ冬菫 』sz11 へどうぞ!!! ★★★


★★★ めぐり逢い良寛さんzz1004『 大阿蘇の雪の枯れ野を月昇る 』sz10 へどうぞ!!! ★★★



★ 。・。・ ゜ ★ そのまんまで交心 ★ ゜・。・。 ★





俳句・短歌ランキング


  


Posted by 青柳仁 at 19:22Comments(0)写真俳句

2020年01月25日

『 躓いて踏み倒したる仏の座 』瘋癲老仁妄句134-06zqy21

★ ゜・。・。★ 瘋癲老仁妄句 ★ 。・。・゜ ★




『 躓いて踏み倒したる仏の座 』瘋癲老仁妄句134-06zqy21










★ 瘋癲老仁妄句134-06zqy21

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

躓いて踏み倒したる仏の座 

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――






★★★ 『 真ん中を生きるが故に愛不仁 敵も味方も心赦しぬ 』瘋癲老仁妄詩 13405 へどうぞ!!! ★★★

に、等人さんよりコメントいただきました。




 「真ん中を生きる」について、また、すこし、考えるキッカケにしたいと思います。


 私という存在は、さまざまな現れをしますけれど、
 その現れを、復元して、模型化してみたら、
 私という存在の全体は、銀河の宇宙儀のように、球体をなしているのでしょうね。

 普通、現れた自分を現実として認識し、
 その現実に拘束されながら生きているわけですけれど、
 それは、私という現れの星の一つにすぎないわけです。
 その隣には、現れ損なったり、スタンバイのままの自分や、
 気づきもしない自分が存在するし、
 そんな今の自分の銀河が在るんですよね。


 それに、昨日や、去年や、9歳の時の自分や、
 明日や、3年後や、ついに現れないかもしれない未来の自分や、

 さまざまな銀河が連なっていて、
 それが私という宇宙なんでしょう。


 青年期が、
 私という宇宙のビッグバン期で、
 私は、日ごと、月ごと、
 さまざまな私を誕生し続けているわけです。


 「真ん中を生きる」というのは、
 そのビッグバンの始まるところに立つことなのでしょうね。



 命も、
 それぞれの銀河をなし、
 そのそれぞれの銀河も、
 私の宇宙という宇宙儀の内部に存在しています。

 そして、それぞれの命宇宙が、別のそれぞれの命宇宙を、
 自分の宇宙の内部に存在させているのです。



 それぞれの命宇宙は、
 重なり合い、つながり合い、浸透し合って、
 私の全体を創りだしているんでしょうね・・・


 存在のセンターに戻れば、
 どの私も、かけがえのない私であり、
 どのあなたも、かけがえのないあなたであり、
 どのいのちも、かけがえのないいのちです。

 どの私も、
 どのあなたも、
 どの命も、

 同じ、星の子なんですね。
 星の子として、みんな、同胞なんですね。




 躓いて踏み倒したる仏の座   仁


 転び落ち込む夢幻の壷中




 。。。 ≪ 等人さん、いつもありがとうございます。


 あの光だって、曲がって、走るんですね。
 真っ直ぐ生きることも、
 曲がって生きることも、
 一つの現れで、

 昨日も、
 明日も、
 一つの現れで、

 私というセンターがあって、
 現れることなんだって、

 そう気づいたんです。


 素直に、
 私という存在を素晴らしいと感じました。
 素直に、
 あなたという存在を素晴らしいと感じました。

 あなたにはあなたのセンターがあり、
 わたしにはわたしのセンターがあり、

 交差したり、
 重なったり、

 すれ違ったり、
 遠くを過ぎ去ったり、

 時には、長く、
 時には、一度っきり、


 巡り会いの縁に恵まれて、

 別れの哀しみ抱きしめて、


 今と、ここを、
 生きてきたんですね。

 かけがえのない今に、
 ありがとう。

 かけがえのない縁に、
 ありがとう。



 躓いて踏み倒したる仏の座  ≫ 。。。



 星の子として、
 愛呼も同胞ですけれど、

 同胞として、愛呼は誰彼隔てなく、
 等距離で、
 つき合えるんです。

 等質で、
 友だちになるんです。

 愛呼は、
 いつだって、
 センターから湧いてくるんですね。


     (08-01-21)


 以上、 【 転載 】 です。




 > 良寛歌谷0681 淡雪の中に建ちたる三千大千世界(みちおほち) またその中に淡雪ぞ降る



 参照→ ☆☆☆ 毎日新聞余録『 良寛さんの歌にこんなのがある… 』 へどうぞ!!! ☆☆☆ 
 





 ほとけの坐われの内にも三千大千世界   仁


 百代祖先遺伝子の中




 仏の座過去も未来も空時空   仁


 あなたもわれも彼岸此岸も




ほとけのざ









★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ 。・。・ ゜ ★




★★★ 筑紫風575交心zqz0102『 あそびさえ言葉は力初景色 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 瘋癲老仁妄句129-07『 凍星に温いこころを貰いけり 』hrz07 へどうぞ!!! ★★★



★ 。・。・ ゜ ★ そのまんま575で交心 ★ ゜・。・。 ★






俳句・短歌ランキング
  


Posted by 青柳仁 at 22:06Comments(0)写真俳句

2020年01月23日

『 福も寿もわれらの灯し福寿草 』COLLABBOフォト花575交心yrx1701

★ ゜・。・。 ★ COLLABBOフォト花575交心 ★ 。・。・ ゜ ★




『 福も寿もわれらの灯し福寿草 』COLLABBOフォト花575交心yrx1701





    ※  コラボの写真は、けんけんさんより、お借りしています。




写真俳句ランキング





★ COLLABBOフォト花575交心yrx1701

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

福も寿もわれらの灯し福寿草 

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――





☆☆☆ けんけんさんの『 早春の花の法華経寺 福寿草 』 への交心です!!! ★★★
 




 福も寿もわかちあわんか福寿草


 小欲なれば命分かたん




 ぼくにも分けてくださいね。

 写真を、お借りします。
 念ずれば、花、開く。
 きっと。



     (17-02-17)



 以上、 【 転載 】 です。




福寿草xzy10y



 > いま、アルツハイマーの治療法というのはこれという決定打はないけれども、唯一、回想療法というのが有効かもしれないと言われています。自分の過去の思い出を繰り返し、咀嚼するというやり方です。
 良い思い出や楽しい思い出は引き出しに入っているけれども、しょっちゅう出し入れしていないと錆びて動かなくなるのです。ですから、寝る前とか、うつらうつらしている時間とか、あるいはボーッとしている時間に、「あのときはこんなことが楽しかったな」と、良い思い出をしょっちゅう繰り返し反芻することはすごく大事なのですね。それをたくさんもっている人は、財産をいっぱいもっているのと同じで、思い出すのは辛いことばかりというのではどうしようもない。
 これは習慣かもしれません。過去の幸せだったときのことを繰り返し回想する。回想すればするほど、そのときの状況のディテールが鮮明になってくると同時に、引き出しが滑らかに楽に開かれるようになる。   。。。五木寛之『玄冬の門』p145









 分かち合う悦びひとつ福寿草   仁


 花の心を愛の心に





 玄冬の門を潜れば花楽土   仁


 悪きは良くなり苦楽は宝に





福寿草xzy10z





       ※ 筥崎宮花園の福寿草です。









★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ 。・。・ ゜ ★




★★★ 筑紫風575交心zqz3007『 いぬふぐりきみに学びし死の作法 』 へどうぞ!!! ★★★

★★★ 瘋癲老仁妄句131-02『 光があるから光堂は要らないよ 』hrz22 へどうぞ!!! ★★★




★ ゜・。・。 ★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・ ゜ ★







俳句・短歌ランキング
  


Posted by 青柳仁 at 23:24Comments(0)写真俳句

2020年01月19日

『 凡愚にも言葉が友よ春の風 』TAO交心yxx2001

★ ゜・。・。 ★ TAO交心 ★ 。・。・ ゜ ★



『 凡愚にも言葉が友よ春の風 』TAO交心yxx2001





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。




★ TAO交心yxx2001

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

凡愚にも言葉が友よ春の風 

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――





 > ・・・ひとにあきらかに申すべき身にもあらず候ふ。   親鸞


 雲人さん、いつも交心とサポートありがとうございます。
 知る楽しみと言葉遊びの喜びを余生の慰戯と遊泳していることの無恥ぶりを、親鸞さんに、たしなめられているような気がしますけれど、無恥厚顔鈍重凡愚老仁ですから、蛙の面で、遊びつづけさせてもらいます。

 貧しき凡愚の身で手に入るものは言葉くらいのものです。今の世はありがたいもので、凡愚老仁でも簡単に言葉を手に入れることができます。親鸞さんの「ご消息」というのも検索すればすぐ手に入るのですね・・・

 言葉を手に入れても覚える片一方からつぎつぎ忘れていく老いぼれの域にのめりこんでしまっていますけれど、覚えてすぐに使える言葉遊びを楽しませてもらえれば十分にHappyなので、明日はもう忘れてもいいんです。
 今日の言葉の使い方が間違っていてもいいんです、今日の遊びですから。



 けれど、独り遊びなら、「ひとにあきらかに申すべき身」ではないでしょう、と親鸞さんに怒られているのでしょうね・・・
 それでも、怒られてもいい、それが凡愚老仁のあるがまんまの今の身だから、開き直って、遊びつづける我が儘無知を遊ばせてもらいます。



 あんたの言葉遊びなんぞは子どものままごと遊びと同じで、たわいもないことだから、誰も文句はいいませんよ、気がつきもしないで人は通り過ぎていくのだから、好きなように言葉遊びしなさい、と遊行菩薩さんが微笑んでくれました。

 遊行菩薩さんありがとうございます。





 凡愚にも言葉が友よ春の風    仁


 老いればなおに言葉は灯し




 なにごとも忘れゆくばかりで、ついには自分のことも忘れてしまう惚けを待つ身なれば、親鸞さんも、ようそこまで生きてこられたものですね、と惚けを微笑んで迎えてくれるかもしれません。迎えられなくても、一定地獄も棲み家ですから、自らに微笑んで死んでいけるように、最後まで言葉遊びを楽しみましょう。


 もう目もずいぶん悪くなりました。
 歯はなくなりましたし、腰は伸びませんし、足は引きつってしまいます。
 親鸞さんはまだ85歳になってもご消息書かれていますから、鍛えられた体と精神力に驚きます。
 凡愚老仁は体も心も鍛えていませんので、あんまり遊びすぎて、案外、ピンピンの内に、心筋梗塞でコロリと逝ってしまうのかもしれませんけれど・・・



 法然さんは「浄土宗の人は愚者になりて往生す」とおっしゃったのですか。ならば、浄土宗の人でなくても、ただの愚者でも、「必定往生すべし」なのですよね。猿さんも犬さんも、蛙さんも蛇さんも、菫さんも薔薇さんも、みんなみんな命は往生するんでしょうね。
 死は元素に戻ることなのでしょうから。


 猿さんも蛇さんも薔薇さんもそして人も大地に戻って、元素に戻って、また巡り巡っていろいろのものに生まれ変わっていくのでしょうね・・・



 往生するというのは、きっと、新しい生へ往くことなのでしょう。
 凡愚老仁は無知無恥で幼稚なので、シンプルに死んだら何か新しい命に生まれ変われるんだと信じるとそれだけでもHappyになれるんですよ。そう考えられる今がHappyなんでしょうけれど、死ぬ間際までそう考えて言葉遊び楽しんでいきたいと念じています。


 だから、そのまんま575交心遊びで、猿さんにも犬さんにも、蛙さんにも蛇さんにも、菫さんにも薔薇さんにもなって、西行さんにも芭蕉さんにも、一休さんにも良寛さんにもなって、雪女郎さんにもあなたにもなって、言葉遊びを楽しんでいこうと念っています。惚けて色々のものになれることはある意味自然法爾に近くなるのかもしれません・・・



 春よ来い花の君には蝶の吾   仁


 夢閨さんには森女さん添う


     (12-02-20)


 以上、 【 転載 】 です。




 > そして、どこであれあなたが深みという領域にはいれるところ
 あなたはそこに<聖なるもの Devine>を見出すに違いない   。。。パグワン『TAO』p093




 吾が胸に秘すれば薊躍動す   仁


 人にシンクロ至福陶酔




 > 愛の中――
 深くはいって行けば神が見つかるだろう
 食べ物――
 気をつけて、目を覚ましてよく食べてごらん
 あなたは神を見出すだろう
 ウパニシャッドは言う
 “アンナム ブラーフム Annam Brahum”
 食物は神なり――   。。。パグワン『TAO』p093




 よく見れば菫に真人の神宿る   仁


 命共振魂光合



春の風








★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ 。・。・ ゜ ★




★★★ 『 観音に抱かれ眠りし春の宵 』★瘋癲老仁妄詩142z10z08y0209 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 筑紫風575交心zqy0706『 筑紫風青ざめし日の渡し船 』 へどうぞ!!! ★★★




★ ゜・。・。 ★ そのまんまで交心 ★ 。・。・ ゜ ★





俳句・短歌ランキング

  


Posted by 青柳仁 at 18:30Comments(0)写真俳句

2020年01月16日

『 雪催い良寛坊の残心遊べ 』めぐり逢い良寛さんyxz2702

★ ゜・。・。 ★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・ ゜ ★



『 雪催い良寛坊の残心遊べ 』めぐり逢い良寛さんyxz2702






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。





★ めぐり逢い良寛さんyxz2702


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


雪催い良寛坊の残心遊べ


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 > 去るものの悲しみ知るや冬の浪   遊呼


 去るも来たるも心は一つ   仁



 おはようございます、遊呼さん。
 いつもあい風交心ありがとうございます。
 そうですか、お弟子さんが去られましたか。人はそれぞれの思いで生きていくものですからね・・・人の思いを受け容れて、人を大切にしていくようにしましょう。


 > あうときは別れ路もあり同じくは身に添うかげとなす友もがな   正受老人


 「去る者は追わず」というのは、「後は見ない」というのではありませんよ。一期一会のことなんです。良寛さんは船に乗り合わせた酔っぱらいに絡まれて罵られたり殴られたりしました。その酔っぱらいが帰った後、雨が降りはじめたんです。あの酔っぱらい酔い潰れて道路に寝込んでしまってはいないか、雨に濡れて風邪引きはしないかと心を痛めていました。良寛さんの心はやっぱりその酔っぱらいさんの心に添っているのです。
 一期一会の心は茶道の大本だと聞いたことがありますけれど・・・


 > あるものは釜一口のみにして外に物なし、自得せざれば至り難き境界なり   井伊直弼


 そんな一会の極意があるそうですね。
 凡愚老仁は言葉遊びでしかありませんので、そんな一会の極意を自得できるはずもありませんけれど、良寛さんの残心は、真似して遊んでいきたいと念じています。真似していると、言葉の光に照らされて、そんな心に近づいていけそうな気もするんですよ。真似良寛さんを楽しみながらそんな愛語に近づけるとHappyですね・・・





 雪催い良寛坊の残心遊べ   仁


 自然ジネンに真人マヒト巡り会わんか





 それぞれの自分の中の自然の真人さんに巡り会っているのが一期一会なのでしょうね・・・
 自然ジネンというのは命の本来の真面目のままにあることで、真人はシンニンと読ませていますけれど、凡愚老仁の場合は真似良寛の禅語遊びですから、真似天真人を遊びます。真似天真人をマヒトと呼んでいます。
 一期一会というのは、このお互いに気がつかないけれど、このそれぞれの自然の真人とが巡り会っているということでしょう。日常的には自意識過剰でそんな自然の真人は観えませんから、一意専心の場、茶道だったり華道だったり武道だったりの道場で、自意識が脱落した時に、観えてくるのでしょうね。





 冬菜好し方丈菜園一会の花   仁


 足下に愛土豊かに在りぬ





 凡愚老仁は105円本の受用者なんですよ。「残心」の禅語遊びも105円本の拾い読みです。けれど105円本屋には何でもあるわけではないんです。図書館に行ったら、結構あるんですね。大きな図書館に行ったら、もっとあるのでしょうね。これからは図書館受用者になりますよ。
 アドバイスありがとうございます。





★ 優游575交心wz2703tp06

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

冬菜好し方丈菜園一会の花

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


     (12-01-27)



 以上、 【 転載 】 です。




 > 弓道では、矢を発した後の反応にこたえる構えを言います。剣道では、一撃を加えた後、相手の反撃に備える心の構えを指します。いつか、テレビで野球を見ていたら、投手が投球を終わると同時に、上げた足をすばやく地に下ろし、真正面に身体を向けて打球に備える構えを見て、はからずも、投手にも“残心”が必要なことを知りました。   松原泰道『禅語百選』p227




 袖振れて一会の友よ草を摘む   仁


 人の振る舞い吾を映しぬ





青き踏む






 青き踏む人それぞれに遊び種   仁


 寛ぎ分かつ余生の楽土




にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村





★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜ ★




★★★ TAO575交心zxk0701『 木枯らしや容れて屈せずおのが道 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 万葉の恋008-03『 古の恋に劣らぬ恋在りぬ念の熱さを解き放ちませ 』 へどうぞ!!! ★★★



★ 。・。・ ゜ ★ そのまんま575で交心 ★ ゜・。・。 ★




俳句・短歌ランキング

  


Posted by 青柳仁 at 23:27Comments(0)写真俳句

2020年01月09日

『 自ずから心開きぬ冬すみれ 』徒然575交心yxm2703

★  ゜・。・。 ★ 徒然575交心 ★ 。・。・ ゜ ★




『 自ずから心開きぬ冬すみれ 』徒然575交心yxm2703






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。




★ 徒然575交心yxm2703

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 自ずから心開きぬ冬すみれ

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 守人さん、交心ありがとうございます。

 女性はリアリストが多いようですね。
 逃げられない現実というのを挙げよといわれたら、凡愚老仁は、戦争と経済と女性を挙げるような気がします。
 煩悩の根源なのでしょうね・・・逃げられないけれど、せめて<こころのなかだけでも>、逃げていたいと思います。


 華麗な林住期の過ごし方は、煩悩からの解放にあるような気がしますけれど、煩悩を越えた男女の関係もあることを、真似一休さん、真似良寛さんを遊ぶ中で、発見しました。
 スローライフ、スローセックスのテーマで、もう少し真似一休さん、真似良寛さんを遊んでみようと思っています。




 自ずから心開きぬ冬すみれ   仁


 われもけなげないのちなりしよ




 > 男女は違った生き物でしょうか
 頭で考える動物と 心で感じる植物 とでも   守人




 守人さんのおっしゃるような特性の違いは大きいでしょうね。

 子どもを産む性と子どもを産めない性の違いだろうかと凡愚老仁は考えています。
 子どもを産めない性としての男性は、どうしようもなく抽象的な存在ですね。子どもに根拠を置けないから、どうしても地位とか名誉とか権力とかに依拠してしまうのでしょうか・・・
 そこに依拠できなくなった男性はどこに生の拠り所を求めるのでしょうね・・・


 性の違いを超えて、楽天を生きることのできる安堵の棲み家を創りだしていきたいと念じているのですけれど・・・




 冬の暮心に灯しありぬるか   仁


 すみれのごとき人相見たし   (12-11-27)




 以上、 【 再録 】 です。




 > 本当に夢を見ることができるのは、おそらくにんげんだけでしょうね。夜、眠っているときに見る夢は、動物も見ているかもしれません。しかし、空想的な夢といいますか、ある種の空想の世界を自分の中に育んで、それを表現する――ということをするのは、やはり人間だけですよね。
 芸術がそのいい例です。自分が夢見た世界を、詩にしたり、小説にしたり、劇や音楽や美術にするわけです。まさに芸術は、夢の産物ですよね。
 そうして表現された夢は、現実よりもはるかに魅力的です。すばらしい芸術というものは、現実よりいっそう生き生きとしている。
   。。。梅原猛『学ぶよろこび』p016




 老ゆえに夢見る果報雪中花   仁


 羽ばたけ命銀河の外へ




 厳しさも凛と迎えよ水仙花   仁


 目には見えねど人も根を張る





冬すみれ






※ 狭庭の、たつなみそうのかえりばなnタツナミソウの返り花の中に混じって、すみれも、咲いていました。










★ ゜・。・。  ★ 青柳仁リンク ★  。・。・ ゜ ★




★★★ TAO575交心zvk0501『 笑い合う顔色々に去年今年 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 瘋癲老仁妄句zqt1801『 恍惚は魂交わり刻酔芙蓉 』 へどうぞ!!! ★★★



★ 。・。・ ゜  ★ そのまんま575で交心 ★  ゜・。・。 ★





俳句・短歌ランキング

  


Posted by 青柳仁 at 22:27Comments(0)写真俳句

2020年01月08日

フォト瘋癲老仁妄句142-04『 幻影のひとのなお呼ぶ雪の道 』zqx05

★ 。・。・゜ ★ フォト瘋癲老仁妄句 ★ ゜・。・。 ★




フォト瘋癲老仁妄句142-04『 幻影のひとのなお呼ぶ雪の道 』zqx05





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。



★ フォト瘋癲老仁妄句142-04zqx05

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 幻影のひとのなお呼ぶ雪の道


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――





★★★  瘋癲老仁妄句142-04『 幻影のひとのなお呼ぶ雪の道 』zqx05 へどうぞ!!! ★★★





雪女








★ 。・。・゜ ★ 青柳仁リンク ★ ゜・。・。★




★★★ 『 極北の光哀しみの果てを観る 』瘋癲老仁妄詩142-06 へどうぞ!!! ★★★




★ ゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜ ★





俳句・短歌ランキング

  


Posted by 青柳仁 at 23:37Comments(0)写真俳句

2020年01月07日

『 雪降るも灯り尽きざる故郷の火 』瘋癲老仁妄句501-01xty1304

★ ゜・。・。 ★ 瘋癲老仁妄句 ★  。・。・゜ ★



『 雪降るも灯り尽きざる故郷の火 』瘋癲老仁妄句501-01xty1304





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。




 ★ 瘋癲老仁妄句501-01xty13

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 雪降るも灯り尽きざる故郷の火

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 山人さん、

 いつも交心ありがとうございます。
 声援にいよいよ熱中して、夜更かしもして、寝不足で命縮めることのないように用心の養仁に心掛けようと念っています。


 幻想的に仕上がっていればHappyですけれど、・・・
 色合いがやっぱり度素人ですよね。
 なかなか気に入った色が出ません。
 上級なソフト使えればもっと巧みな加工ができるのでしょうけれど、初歩用のソフトですから高望みもしませんけれど・・・



 どこにいてもカミさんと共生していける日本という風土はいいですね。
 何気ない姿をしてどこにでも現れてくれるんですよね。
 一茶さんが詠んだ小さなものたちや風土にはいっぱいカミさんが現れているようです・・・

 故郷は命の戻って行く所でしょうし、心を安堵させてくれる居場所なんでしょうね。
 命の帰還しまた復活する母胎なのだろうとも思います。
 もっといえばこの星が命の故郷なのでしょう。
 

 命を生むこの星はカミです。


 命はこの星の分身だから、命もまたカミの分身なのです。
 故郷はカミさんたちの恵みを分かつ所です。故郷の火はカミさんたちの依り代です。
 いつも命の火となって燃えています。



 雪降るも灯り尽きざる故郷の火   仁


 命この身も灯しを継がん




 嬉しさの余りまた鄙隠り老仁の妄想を言葉あそびしてしまいました。
 笑って、ご寛容ください。



 故郷の火が人々の心にも灯りつづけますように。




★★★ フォト575『 白銀の彼方に幻たり故郷の火 』sz1208 へのコメント交心です。 ★★★   (15-01-13)



 ※ → 青柳仁  2015年01月14日 00:40   ※日記よりの、つづきです。




 > 賢治歌0107A かなしみよわが小き詩にうつり行けなにか心に力おぼゆる

 > 賢治歌0108A 目をつぶりチブスの菌と戦へるわがけなげなる細胞をおもふ




 賢治さんも幼少時より病弱だったようです。
 健康に自信がなかったのでしょう、スポーツは大の苦手で体育の教師にはさんざん笑い者にされていたといいます。
 盛岡中学校を卒業した年の4月チフスで入院しました。
 その時に詠んだ歌ですけれど、思春期の賢治さんの初心が内蔵されているような気がします。かなしみと勇気と祈りがない交ぜになった詩人の種子が芽吹いているようです。
悲しみの現実に対峙する勇気と命の根源的な力への希望がひょっとすると看護士さんへの片恋の芽生えにあったとすれば、賢治さんの詩のライフワークは根源的な命の開花、エンドレス・ラブの創生となるのでしょうけれど・・・


 18歳の賢治さんの歌にはじめて巡り逢って、命の力への気づきと命の燃焼である空の花の幻視が尽きることなく湧出しているのを感じます。
 <かなしみよわが小き詩にうつり行け>の念じる力が命の燃焼と光合して言葉として空の花を咲かせていくのでしょう。

<ふとそらにあらはれいでゝなくひばり>を真似していえば、




 ふと本箱にあらわれいでゝ呼ぶ賢治 言葉あそびに花咲せよと   仁




 愚直にも無読半生寒の星   仁


 余生は言葉の積み木遊びよ



 そんな戯れ歌を詠わせるように、本棚の奥から呼びかけられて、宮澤賢治全集第一巻を取り出していました。
 ずっしりと重い。
 仕事の合間に読むことを楽しみにして若い頃揃えていた十四巻の初版本です。黄ばんだケースが並んでいます。その横に吉田松陰全集が十一巻並んでいます。どちらも開いたことのない積んどく本でした。無能無才は仕事に追われて本読む閑を見つけることもできなかったんです。昭和48年の初版本ですから、なけなしの給料をつぎ込んでいたのでしょうね・・・



 賢治さんの少年時の短歌から読みはじめましたが、途中下車と道草で、一向に前進しません。まだ良寛さんも一休さんも序の口に立ったばかりですけれど・・・




 言葉あそび独りあそべと生まれけん 世話無し世話無し死ぬまで夢中   仁



 賢治さんの18歳は7月28日第一次世界大戦勃発の年でした。
 賢治さんは法華経とマルキシズムにめぐり逢っています。   (15-01-15)


 以上、【 再録 】 です。   




 四歩まで遙かに遠し霜の道   仁


 せいぜい三歩また一歩より




 騰騰と生きよ七歩の青き踏め   仁


 七歩を踏めば草場の陰に









★ 。・。・゜ ★ 青柳仁リンク ★ ゜・。・。★




★★★ 『 道行きも叶わぬ果ての雪女郎 』瘋癲老仁妄詩142-03 へどうぞ!!! ★★★


★★★ めぐり逢い良寛さんzbr2006『 酔芙蓉悟れば空即是色なる 』tm14 へどうぞ!!! ★★★



★ ゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜ ★




俳句・短歌ランキング

  


Posted by 青柳仁 at 23:47Comments(0)写真俳句

2020年01月06日

『 冬薔薇玄牝の門往来す 』物真似575xzy0505

★ 。・。・ ゜ ★ 物真似575 ★ ゜・。・。 ★



『 冬薔薇玄牝の門往来す 』物真似575xzy0505






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。




★ 物真似575xzy0505

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 冬薔薇玄牝の門往来す

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――





01 初空や玄牝の門手繰り寄す



02 開放の人なき園の冬薔薇



03 潮騒に爆音混じる寒の海



04 観自在栴檀坊主天翔よ



05 冬薔薇玄牝の門往来す




藪椿







 藪椿過去にも栄光あらざりき   仁


 未来も栄光さらに望まず




にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村




★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ 。・。・ ゜ ★






★★★ 筑紫風交心zqx0706『 恍惚と魂交わるや朧月 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ フォト旅575日記zqx2006『 鋸の山切通す富士麗ら 』 へどうぞ!!! ★★★



★ ゜・。・。 ★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・ ゜ ★





俳句・短歌ランキング


  


Posted by 青柳仁 at 18:32Comments(0)写真俳句

2020年01月04日

『 言葉しか遊ぶものなし老の春 』TAO575交心yty0501

★ ゜・。・。 ★ TAO575交心 ★ 。・。・ ゜ ★










★ TAO575交心yty0501


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 言葉しか遊ぶものなし老の春


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 芽人さん、
 
 あけましておめでとうございます。

 年賀の交心ありがとうございます。
 正月も盆もないちっご隠りよ~ら老仁を流れていますので年賀のご挨拶も懶けさせてもらっています。そんな不作法者ですけれど、笑ってご寛容頂いてHappyです。
 今年もよろしくおつき合いください、お願いします。



 孟子読んで太平記読んで、芽人さん優游。

 そんな流れるような豊かな時の中に居たいものだと念じますけれど、拾い読みになれてしまってもうまとまった本は読めなくなってしまいました。
 ひょんなことで本棚に『ここ過ぎて』が目に止まり読んでみようかなぁと手に取ってみました。良寛さんの出会いは『炎の女』でしたけれど、不思議に熱中できました。『ここ過ぎて』も好奇心は煽りますけれど、何しろ長い。一日5ページは読めなくなっています。読めばそれなりに面白いのですけれどね・・・

 知らないことばかりですから新鮮な驚きは感じるのですけれど、言葉あそびにはまってしまっていますので、言葉あそびの素材探しにすぐ流れこんでしまうんです。

 読む面白さ、知る歓びも大きいのですけれど、言葉あそびの面白さにはまだ及ばないんでしょうね・・・




 言葉しか遊ぶものなし老の春   仁


 楽しみ分かつ人もなけれど




 一休さんも晩年には落胤呪縛から解放されたようですね。
 落胤の立場は捨てず世の中を観て、現世の呪縛は越えて、王道を生きはじめたのではないかとも想像できるのですけれど。
 儒学も仏教も超えた一休王道とでも呼べる道を創生したのかもしれません。
 もうここで「一休王道」という造語も言葉あそびで、何の思想も根拠もないことなので、笑止の沙汰でしょうけれど、「一休王道」というものが創生されたと想像すると身震いするほど面白くなってきて、言葉あそびに填り込んでしまうんですよ。

 もし一休さんが南朝勢力に担がれて王位を狙ったら忽ち義満さんに殺されていたでしょう。生き残る知恵と教養としての王道が合体して、一休さんの市民文化が開花されていったのだと想像しています。

 王朝文化への憧憬から文芸への好奇心を全開し、詩の世界に入った文学青年は、落胤隠しで王道を消し、庶民の生きる知恵に昇華して茶道をはじめ能や文芸に市民文化の花を咲かせ、権威権力を無化する頓知という知恵を市民社会に教化していきました。一休さんの創生する知恵と市民文化は、興隆する堺の商人たちをどれほどエンパワーメントしたことでしょう。

 ヨーロッパのルネッサンスより一歩早い日本のルネッサンスだったといっても過言ではないでしょうし、堺の商人の勃興にいち早くターゲットを絞った信長さんは世界への飛躍を幻視する野望さえ持ったのでした。海戦に鉄の軍艦を造った信長さんはいち早く動力も発明させたのではないかと想像しても面白くなってきます。
 クレオパトラの鼻は低くはありませんでしたけれど・・・




 春の夜の夢に面目坊躍る   仁


 極め狂戯タワブれ骸骨踊り


     (15-01-05)




 骸骨を踊れ今ここ破芭蕉   仁


 明日も昨日もただ観自在



吠える









★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ 。・。・ ゜ ★




★★★ TAO575交心zwp2002『 ゆるやかに燃える没り陽に呑み込まる 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 遊行游泳575hrp1202『 向き向きに粧う山のごとくあれ 』 へどうぞ!!! ★★★




★ ゜・。・。 ★ そのまんまで交心 ★ 。・。・ ゜ ★




俳句・短歌ランキング

  


Posted by 青柳仁 at 00:15Comments(0)写真俳句

2019年12月23日

フォト瘋癲老仁妄句zqs2301『 酔芙蓉拒みつづけよ生の愛 』

★ 。・。・゜ ★ フォト瘋癲老仁妄句 ★ ゜・。・。 ★



フォト瘋癲老仁妄句zqs2301『 酔芙蓉拒みつづけよ生の愛 』






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。



★ フォト瘋癲老仁妄句zqs2301

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 酔芙蓉拒みつづけよ生の愛

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――





ypr2102 ★★★ 瘋癲老仁妄句zqs2102『 実浜茄子証伝える術知るや 』 へどうぞ!!! ★★★




酔芙蓉







★ 。・。・゜ ★ 青柳仁リンク ★ ゜・。・。★




zpk15 ★★★ めぐり逢い良寛さんhqk1501『 捨てし世は猫の如くに雪遊び 』sk15 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 春の雷妄詩の愛を砕きけり 』瘋癲老仁妄詩300-03hrx0403 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜ ★ そのまんま575で交心 ★ ゜・。・。★






俳句・短歌ランキング
  


Posted by 青柳仁 at 21:46Comments(0)写真俳句

2019年12月21日

『 老いてなおひとりあざみに逢いに行く 』青のくさみ交心zvt0707

★  ゜・。・。★ 青のくさみ交心 ★ 。・。・゜ ★




『 老いてなおひとりあざみに逢いに行く 』青のくさみ交心zvt0707





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。



★ 青のくさみ交心zvt0707

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


老いてなおひとりあざみに逢いに行く


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 > 野アザミの風に吹かれて春はゆく   じじゅん


 ぼくは季重なりを気にしませんけれど、「野アザミ」への思いと、「春はゆく」への思いがどうかということでしょうね。
 季を重ねても伝えたい心がちゃんとあって、それを伝えうると想えば、季は重なっても一向に気にすることじゃないとぼくは思うのですけれどね・・・

 野アザミへの思いが、風に吹かれている、という情景は今現在のことで、恋の心にしろ外のことにしろ、進行中の心です。
 春はゆくがつくと、移りゆく心とか失われた心になりますね。

 野アザミが歓びやときめきになるのか、去るものへの寂しさや悔恨になるのか、伝えたい心が別のものになってしまうようです。

 いつも薔薇とおつき合いしているじじゅんさんが野アザミに向かい合った時の心はどんなものなのでしょうね・・・



 老いてなおひとりあざみに逢いに行く   仁


 至福半分悔恨半分



     (15-06-07)





  > 自分自身を受け容れなさい
 それこそ存在する唯一のリアリティーなのだ
 それこそ存在する唯一の可能性なのだ
 自分自身をありのままに受け容れるがいい
 すると、突然何もかも一変している
 <受容>というのが老子の合言葉だ
 <悟り>じゃない
 トータルな受容
 実情がいかにあろうとも――
 ほかに可能なことは何ひとつない   。。。パグワン『TAO』p532




 悔恨もおとぎ話か冬薊   仁


 悲喜も苦楽も心理の詐術




 冬薊想起は想起今は今


 失われし時失われしまゝ



薊









★  ゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜ ★




z★★★ 『 幻視する愛を貫け酔芙蓉 』瘋癲老仁妄詩17-01hsp06 へどうぞ!!! ★★★




★  。・。・゜★ そのまんま575で交心 ★ ゜・。・。 ★





俳句・短歌ランキング
  


Posted by 青柳仁 at 22:54Comments(0)写真俳句

2019年12月19日

『 霜覆う路傍の花に屈み込む 』瘋癲老仁妄句131-06hrz12

★ ゜・。・。 ★ 瘋癲老仁妄句 ★  。・。・゜ ★



『 霜覆う路傍の花に屈み込む 』瘋癲老仁妄句131-06hrz12





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。



 ★ 瘋癲老仁妄詩131-06hrz12

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

霜覆う路傍の花に屈み込む


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 菜呼さん、おはようございます。

 ちょっと気恥ずかしい表の顔を見せてしまったようですね。
 でも、もう、老仁は、
 表、裏、がわからないくらい、自分から遠離ってしまっているようにも感じますので、照れながらも、ずぶとく、表の顔も、表していきます。
 よろしくお願いしますね。


 でも、菜呼さん、
 仁は、省略語も、若者語も、大好きなんですよね。
 ちゃんと、空気がありますからね。
 響き合うものがあるんです。


 でも、でも、
 が、あるんですよ。

 その独特の空気が読めないと、
 その空気から排除されていくんです。

 大きな流れの中の、
 根無し草の、
 気泡のような、
 空間の空気なんですよね。

 流されて、
 また、別の気泡が、
 別の空気を作っていくんですよ。

 古いものは、
 もう、別世界の異物。

 チャンネル切り替えて、
 新しい気泡に乗り換えなければ、
 遅れてるぅ、
 なんですね・・・


 言葉もファッション、
 恋もファッション。

 しかも、ブランド志向。


 表の仁は、
 来る日も、来る日も、
 根を張れ、
 深く根を張れ、

 叫び続けているんですよ。




 霜覆う路傍の花に屈み込む   仁


 涙ぐむほど愛おし命




 霜の落ちた路傍のホトケノザさんが、
 悴みながらもけなげな花を咲かせています。
 愛おしすぎて、
 心の両腕で、
 抱きしめていました。


 青年たちの中にも、
 こんな命の輝きが
 眠っているのですね・・・


 老仁は、
 ひたすら、
 夢多き青年たちを

 愛呼を抱きしめるように、

 愛し続けるのでした。


   (080112)

 以上、 【 転載 】 です。





 > 木喰05 木食も悟りのまねかあほうもの よくよくみればばかのこんげん   




 そこぬけの模倣575枯芒   仁


 かくせる術もなきがあわれよ




 > 木喰06 木食の姿はわづか五りんかな 心のうちは五もふなりけり




 しがみつく五分の魂霜の草   仁


 われは破れし張り子の魂か



jin-photo-simonokusa-








★ 。・。・゜ ★ 青柳仁リンク ★ ゜・。・。★




z★★★ https://plaza.rakuten.co.jp/rakujin23/diary/201908210001/" target="_blank">遊行俳句で交心hrp1203『 露草の青に妄詩の妖女舞う 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 『 待つことも愛の力よ冬の草 』瘋癲老仁妄詩018-02 へどうぞ!!! ★★★ z



★ ゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜ ★





俳句・短歌ランキング
  


Posted by 青柳仁 at 19:59Comments(0)写真俳句

2019年12月17日

『 タンポポの綿毛はどこに落ちるやら 』瘋癲老仁妄句053-05hrx11

★ ゜・。・。 ★ 瘋癲老仁妄句 ★  。・。・゜ ★



『 タンポポの綿毛はどこに落ちるやら 』瘋癲老仁妄句053-05hrx11





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。




 ★ 瘋癲老仁妄詩053-05hrx11

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


タンポポの綿毛はどこに落ちるやら


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




☆☆☆ 『 もじもじ 』   by 花呼 より。 ☆☆☆




 花呼、おはよう。


 さびしさ虫が、暴れ出しているね。
 
 けれど、さびしさ虫が、花呼の友だちだよ。
 花呼が、自分の足で立っているとき、
 いつも傍にいてくれる心なんだよ。

 さびしさ虫とつき合う豊かさを覚えていこうね。
 さびしさ虫が、
 想像力の源泉だよ。


 さびしさ虫がいるから、
 愛は、大きくなるんだよ。

 さびしさ虫が友だちだから、
 愛は、呪縛じゃなくなるんだよ。

 さびしさ虫がTAOだから、
 愛は、解き放たれるんだよ。


 もっと、もっと、さびしくなって、
 さびしい人たちとつながっていこうね。



 歩呼も、さびしさ虫とお友だちだよ・・・

 歩呼の歩いている道を、
 並んで、歩いていこうよ。


 横を見てごらん、
 たくさんの人が、歩いているよ。

 後ろを見てごらん、
 たくさんの人が、続いているよ。

 前を見てごらん、
 たくさんの人が、手招きしているよ。


 みんなで、いっしょに、
 自分の足で、
 幸せを創りだしていこうね。



 タンポポは、落ちたところが
 自分の居場所なんだ。

 そこが居場所だから、

 タンポポは、
 精いっぱい生きるんだね。




普通に生きる






 ★ 瘋癲老仁妄詩 100-01

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


 普通で生きていければ
 一番いいけれど、

 普通で生きていくのが
 一番むずかしい。

 野の花に学べるといいね。


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






   (080311)


 以上、 【 転載 】 です。





 > あなたにはふたつの可能性がある
 あなたは心(マインド)を通して存在することもできる
 そうしたらあなたは限定されている
 それはちょうど窓から空を見ているようなものだ
 窓の枠が空の枠になってしまう
 それと同じように
 心(マインド)の枠があなたの世界の枠になってしまう
 しかし、その窓から飛びだしてごらん
 するとあなたは大空の下に出て来る
 もうそこにはなんの枠もない   。。。パグワン『TAO』p439



 たんぽぽの絮毛となりて吾を翔ぶ   仁


 マインド鎧ハートは自遊



絮毛







★ 。・。・゜ ★ 青柳仁リンク ★ ゜・。・。★




★★★ 『 野の花に学ぼうね 』瘋癲老仁妄詩100-01 へどうぞ!!! ★★★



★ ゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜ ★




俳句・短歌ランキング
  


Posted by 青柳仁 at 22:53Comments(0)写真俳句

2019年12月16日

『 光があるから光堂は要らないよ 』瘋癲老仁妄句131-02hrz22

★ ゜・。・。 ★ 瘋癲老仁妄句 ★  。・。・゜ ★



『 光があるから光堂は要らないよ 』瘋癲老仁妄句131-02hrz22





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。




 ★ 瘋癲老仁妄句131-02hrz22


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


光があるから光堂は要らないよ


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 平泉の光堂へ、芭蕉生誕300周年に、ツアーで行ったことがありました。
 ツアーは忙しくて、あんまり好きではないのですけれど、芭蕉の跡をたどるというので、行ったんですけれど、やっぱり、あんまり記憶に残らない旅でした。

 老仁は、元来、記憶力に弱くて、どんなに感動した映画も、よく覚えていません。どんなに大好きになった場所も、日時や詳細な記憶はほとんどなく、断片的な記憶が、あれもこれも、ゴチャゴチャに、漂っているだけなんです。
 そして、想い出そうとしても想い出さないけれど、ふとしたときに、何の脈絡もなく、ふっと、浮かんでくることがあります。


 集中力がないし、過去を過去として、日記風に、あんまり振り返らないし、人に語ることもないからでしょうね。
 明日をしか見ず、明日をしか語らず、大事なことは、意味を見つけ出すことだっていう習性のせいなのでしょう。

 今では、意味よりも、事実そのものを、一つひとつ、大事に生きようと思うんですけれど、古い習性は、消えるものではありませんね。



 たくさんの人たちと出会ってきましたけれど、やっぱり、忘却の淵に、浮き沈みしていきます。歴史上の人々も、現実の人々も、同じように、浮き沈みしていく時空の存在になってしまいます。

 一人ひとりの出会いと出来事を大事にしていくには、もう、時間もなくなりました。


 要するに、振り返れば、ただ、風が吹いているだけ・・・

 そんな生き方しかできなかったのですから、それはそれで、よかったのかもしれません。
 風が吹いているだけで、
 何にも残らなくても、Happyだと、感じているのですものね・・・



金堂






 光堂も、儚い夢の痕・・・
 人々のドラマを観ることなのでしょう。
 
 光堂には、人々のドラマが、
 森には、自然のドラマが、

 そして、光は、人々も、森も、
 あらゆるものを、等しく、照らしつづけてきたんですね。



 露に光る光の美しさは、
 やっぱり、かけがえのないうつくしさなんだと、感じます。

 暗がりの、微かな明かりも、やっぱり、うつくしいなと感じます。


 特別美しいものも、在るに違いありませんけれど、
 老仁は、もう、特別美しいものを求めようとも思わなくなりました。

 それなりに、それなりに、
 一つひとつが、うつくしい。

 みにくいものなんて、
 実は、ないんだって、そう、思うように、なってきました。


 美しいと思うものも、
 醜いと思うものも、
 みんなつながりあって、
 みんな支え合って、
 この世界の営みが成り立っているんですものね・・・


 けれど、やっぱり、あなたのあいがほしい・・・
 煩悩も、また、よし。


   (08-01-22)


 以上、 【 転載 】 です。




中尊寺のモミジ







★ 。・。・゜ ★ 青柳仁リンク ★ ゜・。・。★




★★★ 『 草の露小さく生きて光たし 』瘋癲老仁妄詩131-08 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 『 今はまだ届かぬ思い汝も吾も浅きに拠りぬ深く降り行け 』瘋癲老仁妄詩134-03 へどうぞ!!! ★★★





★ ゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜ ★




俳句・短歌ランキング

  


Posted by 青柳仁 at 19:09Comments(0)写真俳句瘋癲老仁妄句

2019年12月15日

フォト余生575『 虫の声この575が最期かも 』zsr1012

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 余生575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



フォト余生575『 虫の声この575が最期かも 』zsr1012





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。




★ フォト余生575zsr1012

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 虫の声この575が最期かも

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――





★★★ 余生575交心zsr1012『 虫の声この575が最期かも 』 へどうぞ!!! ★★★




虫の声









★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ 。・。・ ゜ ★




★★★ 遊行期游泳575zqr1508『 すれ違いざまに共振吾亦紅 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ フォト花575日記zqt2301『 浜茄子や迎え送られ草枕 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・ ゜ ★ そのまんま575で交心 ★ ゜・。・。 ★





俳句・短歌ランキング


  


Posted by 青柳仁 at 23:26Comments(0)写真俳句

2019年12月04日

『 喜びの友と成り行く冬の虫 』瘋癲老仁妄句130-01hrz08

★ ゜・。・。 ★ 瘋癲老仁妄句 ★  。・。・゜ ★



『 喜びの友と成り行く冬の虫 』瘋癲老仁妄句130-01hrz08





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。



 ★ 瘋癲老仁妄詩130-01hrz08

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

喜びの友と成り行く冬の虫

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 「進級して、仁の授業受けるよ。」
 冬休みのエンジョイをひとしきり話した後、
 タクがいいます。
 「タクが落ちたら、仁も教員やめるよ」
 金パチ先生の見過ぎやん、といって、タクは、駆け出していきました。

 今日は、始業式です。
 学校に行って、最初に会ったのがタクでした。
 若さで破裂しそうな青年ですけれど、勉強嫌いなんです。冬休みを思う存分楽しんだようです。


 青年と語り合うと、身の内から、力が湧いてくるようですね。そのまんま、青年のパワーをもらえるんでしょうね。
 長い冬休みの間、このエネルギーをもらえなかったんです。
 非常勤講師という立場になってからは、夏休みや冬休みが、ちょっと、つらいです。青年たちと遊ぶ場がなくなってしまうんです。

 そんなことで、今日からは、HAPPYなんです。




 喜びの友と成り行く冬の虫   仁


 心開けば物みな友よ




 校庭の八つ手が花を開いています。
 冬休みに入る前から咲いているのですけれど、息が長いですね。
 冬だから、蝶や蜂さんたちも少ないのですけれど、花八つ手さんには花八つ手さん向きの蠅さんや虫さんたちがいるんですね。ちょっと嫌われ者が多いんですけれど。


 老仁も、黒い蠅さん、あんまり好きでないので、
 写真も撮らずに、その場を離れたんですけれど、
 後ろから蠅さんが追ってきて、
 顔の周りをぶんぶん飛んで、
 そしてくるりと宙返りすると、
 愛呼になりました。

 「仁ダメだよ。わたしにも気づかなくなったの?」

 仁は、愛呼に、平謝りしました。
 蝶さんや蜂さんには、すぐ、愛呼を見つけ出すのに、蠅さんには、見つけ出すことができなかったんです。愛呼は命の妖精だから、命在る物は、どれにも愛呼が宿るんですね。そのことに気づかされました。

 「愛呼、ごめん。愛呼のこと、まだ、知らないことばかりなんだ。愛が足りなかったよ」

 
 これからは、蠅さんとも、毛虫さんともお友達になって、命の不思議とパワーをもらおうと思いはじめたのでした。





 ★ 瘋癲老仁妄歌126-03

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

やわらかき魂がいう貫けと やわらかければ折れることなし

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





   (080108)


 以上、 【 転載 】 です。





 > 皆人の心にさきし白蓮花はなはちりてもたねはのこらむ   木喰




 われ散るも種は残らじ櫨紅葉   仁


 散ればわれには裸木もなし




 > 木喰もよをあわれみす心こそみのこんなんもいとはざりけり   木喰




 命今一会の歓喜枯蟷螂   仁


 明日の風を浴びるも夢か



花八つ手









★ 。・。・゜ ★ 青柳仁リンク ★ ゜・。・。★




★★★ TAO575交心zwq1002『 何遍も死し玄牝の門潜る 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 『 ミラクルのひと夜たまわる寒の月 』瘋癲老仁妄詩122-01 へどうぞ!!! ★★★





★ ゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜ ★




写真俳句ランキング
  


Posted by 青柳仁 at 21:00Comments(0)写真俳句

2019年12月03日

『 独りなれば観音吾を抱き給う 独りに在らずば現れるなし 』瘋癲老仁妄歌hrz1903

★ ゜・。・。★ 瘋癲老仁妄歌 ★ 。・。・゜ ★



『 独りなれば観音吾を抱き給う 独りに在らずば現れるなし 』瘋癲老仁妄歌hrz1903 





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。



★ 瘋癲老仁妄歌hrz1903

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

独りなれば観音吾を抱き給う
 独りに在らずば現れるなし 


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 日常の中でも、今では、紫風観音さんが、現れてくれるようになりました。


 紫風観音が、

 求めると、空にも、
 川面にも、
 部屋の隅にも、
 現れて、

 そっと微笑んでくれるんです。



 それで心はやわらかくなり、
 ゆるやかになり、
 あたたかくなります。

 きっと、幸せを、やさしく見守ってくれているのでしょう。



 つらいとき、くるしいとき、
 心が叫ぶとき、

 心が、深いところで、求めるとき、
 救いを、
 紫風観音に、求めます。

 その時、
 紫風観音は、
 降りてきて、
 寄り添い、
 老仁を、抱いてくれるのです。


 時々、
 そんな果報に、恵まれます。



 もう、きっと、
 紫風観音が、現れて、
 老仁を、抱いてくれるので、

 老仁は、地獄の底まででも、
 降りていけそうな気がします。


 地獄の底でしか、
 得られない愛が、あるのかもしれませんね。

 地獄の底にしか、
 永遠は、ないのかもしれませんね。



 愛浄土は、
 地獄の底から、
 はじまるのかもしれません。


   (080119)


 以上、 【 転載 】 です。





 枇杷の花地獄の季節待つ心   仁


 今あればこそ観る前に飛べ




 常不軽今ここ享受枇杷の花   仁


 明日あらざるも吾に観音



円空仏







★ 。・。・゜ ★ 青柳仁リンク ★ ゜・。・。★



俳句・短歌ランキング
  


Posted by 青柳仁 at 15:38Comments(0)写真俳句

2019年11月27日

『 底紅の花芯に呑まれ溶かさるゝ 』瘋癲老仁妄句htq1901

★ ゜・。・。★ 瘋癲老仁妄句 ★ 。・。・゜ ★


『 底紅の花心に呑まれ溶かさるゝ 』瘋癲老仁妄句htq1901





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。



★ 瘋癲老仁妄句htq1901

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 底紅の花芯に呑まれ溶かさるゝ

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 未呼さんの酔芙蓉のページをBLOGサーフィンしてきました。


『 最後まで艶やかに・・ 』 へどうぞ!!! ★★★
 


 そこで、千呼さんの  底紅や空を見つめて虚ろなり
 の句に出会いました。心にすっと入ってきて、さて、虚ろなのは木槿の花なのか、千呼さんなのか・・・はたまた、読者の老仁なのか・・・。



 さまざまなイメージがわき起こり、得た句です。


 <・・・誘われますね、未呼さん。千呼さんの句素敵ですね。真似したくなります。真似師仁はしょうもないですね、お許しくださいね、千呼さん。


 ・・・酔芙蓉空仰ぎをり惚と恍・・・>



 酔芙蓉空仰ぎをり惚と恍   J仁


 花芯の虻か面目坊か



 酔芙蓉で受けたんですけれど、本命は「底紅」なんですよね。

 そして、底紅から湧出するイメージは止まりません。




<・・・底紅と共に一日を愛おしむ

 ・・・又真似してしまいました。千呼さん、ごめんなさいね。・・・愛すれば、空・・・いいイメージに出会うと心が熱くなってしまいます。>



 底紅と共に一日を愛おしむ   仁


 花も吾なり吾も花なり



 未呼さんも、< 底紅・・この言葉ですね。未呼も見た瞬間、おお〜って思いましたよ。底紅が、すべてですね。無限に広がる想像の世界の始まりですね。> とコメントします。勢いがつきますね。なだれ込むようにイメージの世界へ突入!


 千呼さんも乗ってきてくださるんですよ。
 <老仁さん!ありがとうございます!^−^みなさんと俳句でご挨拶ができて、嬉しいです!>

 ほんとうに俳句で出会い、俳句で挨拶ができたらすばらしいですね・・・そんな密やかな楽しみが湧いてきます。



 
 千呼さんからBLOG訪問もしてもらいました。交心できるとHAPPYですね・・・。

 こうなると老仁はもう後先見えなくなって、不躾になっていくんです。そして、ついには嫌われる・・・なのに、止まりません・・・


 <ほんとうに。未呼さん、底紅に落ち込んでいく感覚在るでしょう?!
 妙の領域。危険ですけれど、魅惑されますね。
 千呼さん、木槿お好きなんですね。
 仁も大好きです。またいい句味あわせてくださいね。すぐ真似してしまいますけれど・・・。>


  
 対話に成長できることを願いながら・・・


< ・・・底紅の花心に呑まれ溶かさるヽ ・・・
 妙の領域に触れるともう危険そのものですね。
 イメージはかなり勝手に逸脱していきます。泳がせて、楽しむことの罰を受けなければならないでしょうか・・・>



 底紅の花心に呑まれ溶かさるゝ   仁


 夏冬昼夜いずこも妙境



 <虚ろ>のイメージをここまでもらうことはもう対話にならないでしょうか・・・。妄想の領域には誰もついていきませんよね・・・。句としての成り立ちさえ危うくなっていくのでしょうけれど・・・。

 けれど、こんな交流というのか、イメージのリレーというのか、俳句のつながりが創作されていくのはとても楽しいことなんですよね。


 続けていけると、HAPPYですよね・・・    (2014-09-12)


 以上、 【 再録 】 です。





 底紅や地獄の底もついて行く   仁


 棲めばいずこも楽天妙境




 > 老ぬれは 残れる春の 花なるか 世に荘厳(けだかけ)き 遊ふ文章(たまづさ)

 これは今の私の心境をぴたりと表したものである。円空がこの歌を作ったのは六十歳頃であると思われるが、私はそれよりさらに二十年の歳をとり、八十歳を超えた。そのような老人にも春があるのである。私はまだ花を咲かせたい。学問の花、芸術の花を咲かせたい。学問や芸術はしょせん遊びなのである。遊びのない学問や芸術はつまらない。作者が無心になって遊んでいるような学問や芸術なくして、どうして人を喜ばせることができようか。円空の仏像制作は地球の異変を鎮め、人間ばかりかすべての衆生を救うためであった。菩薩は人を救うことを遊びとしている。私もこの歳になってようやく菩薩の遊び、円空の遊びが分ってきた。その遊びは荘厳なる遊びでもある。遊びと荘厳、それはふつうは結びつかない概念であるが、それが結びついたところに円空の芸術の秘密があろう。 >   。。。梅原猛




 底紅を念いあそべよ老の恋   仁


 標と真似ん良寛一休
 



底紅の花








★ 。・。・゜ ★ 青柳仁リンク ★ ゜・。・。★




★★★ 『 幻視する愛の彼方に散る桜 』良寛の恋00101z08x0315 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 『 幻影のひとのなお呼ぶ雪の道 』瘋癲老仁妄詩142-04hry0204 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜ ★ そのまんま575で交心 ★ ゜・。・。★



俳句・短歌ランキング


  


Posted by 青柳仁 at 16:04Comments(0)写真俳句瘋癲老仁妄句