2020年01月09日

『 自ずから心開きぬ冬すみれ 』徒然575交心yxm2703

★  ゜・。・。 ★ 徒然575交心 ★ 。・。・ ゜ ★




『 自ずから心開きぬ冬すみれ 』徒然575交心yxm2703






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。




★ 徒然575交心yxm2703

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 自ずから心開きぬ冬すみれ

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 守人さん、交心ありがとうございます。

 女性はリアリストが多いようですね。
 逃げられない現実というのを挙げよといわれたら、凡愚老仁は、戦争と経済と女性を挙げるような気がします。
 煩悩の根源なのでしょうね・・・逃げられないけれど、せめて<こころのなかだけでも>、逃げていたいと思います。


 華麗な林住期の過ごし方は、煩悩からの解放にあるような気がしますけれど、煩悩を越えた男女の関係もあることを、真似一休さん、真似良寛さんを遊ぶ中で、発見しました。
 スローライフ、スローセックスのテーマで、もう少し真似一休さん、真似良寛さんを遊んでみようと思っています。




 自ずから心開きぬ冬すみれ   仁


 われもけなげないのちなりしよ




 > 男女は違った生き物でしょうか
 頭で考える動物と 心で感じる植物 とでも   守人




 守人さんのおっしゃるような特性の違いは大きいでしょうね。

 子どもを産む性と子どもを産めない性の違いだろうかと凡愚老仁は考えています。
 子どもを産めない性としての男性は、どうしようもなく抽象的な存在ですね。子どもに根拠を置けないから、どうしても地位とか名誉とか権力とかに依拠してしまうのでしょうか・・・
 そこに依拠できなくなった男性はどこに生の拠り所を求めるのでしょうね・・・


 性の違いを超えて、楽天を生きることのできる安堵の棲み家を創りだしていきたいと念じているのですけれど・・・




 冬の暮心に灯しありぬるか   仁


 すみれのごとき人相見たし   (12-11-27)




 以上、 【 再録 】 です。




 > 本当に夢を見ることができるのは、おそらくにんげんだけでしょうね。夜、眠っているときに見る夢は、動物も見ているかもしれません。しかし、空想的な夢といいますか、ある種の空想の世界を自分の中に育んで、それを表現する――ということをするのは、やはり人間だけですよね。
 芸術がそのいい例です。自分が夢見た世界を、詩にしたり、小説にしたり、劇や音楽や美術にするわけです。まさに芸術は、夢の産物ですよね。
 そうして表現された夢は、現実よりもはるかに魅力的です。すばらしい芸術というものは、現実よりいっそう生き生きとしている。
   。。。梅原猛『学ぶよろこび』p016




 老ゆえに夢見る果報雪中花   仁


 羽ばたけ命銀河の外へ




 厳しさも凛と迎えよ水仙花   仁


 目には見えねど人も根を張る





冬すみれ






※ 狭庭の、たつなみそうのかえりばなnタツナミソウの返り花の中に混じって、すみれも、咲いていました。










★ ゜・。・。  ★ 青柳仁リンク ★  。・。・ ゜ ★




★★★ TAO575交心zvk0501『 笑い合う顔色々に去年今年 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 瘋癲老仁妄句zqt1801『 恍惚は魂交わり刻酔芙蓉 』 へどうぞ!!! ★★★



★ 。・。・ ゜  ★ そのまんま575で交心 ★  ゜・。・。 ★





俳句・短歌ランキング