2018年12月25日

『 老の身もまだほとめくよ初もみじ 』筑紫風575交心zrq1806

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 筑紫風575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







『 老の身もまだほとめくよ初もみじ 』筑紫風575交心zrq1806









★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。








★ 筑紫風575交心zrq1806


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 老の身もまだほとめくよ初もみじ


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――







 ガストさん、

 <ほとめく>は、久留米地方の言葉で、一般的には、「おもてなし」の意味に使われています。
 駅前に「ほとめき通り」があり、久留米の道の駅は「ほとめき」です。


 久留米のキャッチワードに決めるとき、こんな隠語を看板にはできないと、問題にもなったようですけれど・・・


 <ほとめき>は、ぼくの、おきにいり言葉のひとつです。
 春めく、艶めく、色めく、ざわめくの「めく」は、「~らしくなる」という意味でしょう。春らしくなって、からだもぽかぽかしてきて、心地よくなってくることを「春めく」というのでしょうけれど、からだも熱ってその気になってくることを<ほとめく>というのです。漢字で書けば「陰めく」です。
 ほとめいて、ほとめいて、のぼせあがっていくのが恋の常道でしょう。




 老の身もまだほとめくよ初もみじ   仁


 相見て交わす微笑み愛語




 死ぬるまで老いらくの恋にほとめいて、微笑みながら他界へ滑りこみたいものだと念っています。









ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。






 以上、
★★★ 物真似575秋zrq1805『 ほとめきつ逝くことあらん秋薊 』 への交心です。!!! ★★★






 年の瀬もあざみ恋しくほとめきぬ   仁


 老いてなおさらいのち共振




 > また性は、他者との関係性を築くためのもっとも強固な手段の一つでもある。死の間際には、これまでの人生で性的な関係を持った相手の顔が走馬灯のように駆け巡る・・・という俗説があるが、「この人と出会えてセックスできただけで、生きてきた意味があった」と思えるような関係があれば、そこからわずかでも「死をも超えた他者との関係性」を見出すことができるかもしれない。   。。。坂爪真吾『セックスと超高齢社会』



★★★ 良寛歌1007zz25『 今日わかれ明日はあふ身と思へどもはかりがたきは命なりけり 』sy21 へどうぞ!!! ★★★


 



 > 良寛歌谷1183 いついつと待ちにし人は来たりけり今は相見て何をか思はむ



 あれほど待ちに待った人が目の前にいるということの至福感の中で、死の間際まで、その貞心尼さんと共振できていた安心立命を念います。
 死をも超えた魂の交わりが実存するのでしょう。




 > 願わくは 花の下にて 春死なむ その如月の 望月のころ   西行法師




 桜の歌人と呼ばれ精進した西行さんは、念じたとおり、釈迦入滅の日に逝くことを実存しました。桜になり釈迦になりきった西行さんは、出家の直接の理由であったろう、愛する人と魂の共振交合を現成したのだろうと想像します。

 西行さんにしろ良寛さんにしろ、奇跡の、愛の超人だったのでしょう。





 冬薊魂に咲く花となれ   仁


 幻視の薊幻視の恋よ








★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 良寛さんの恋zbx1501『 幻視する愛の彼方に散る桜 』rz30 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




同じカテゴリー(写真俳句)の記事画像
『 虚仮の世も素面で生きる苔の花 』フォト瘋癲老仁妄句zqs1902
『 夏椿背骨に念の魂言葉 』物真似575夏zqs1604
『 細胞が解れ緑の夜に散る 』瘋癲老仁妄句10-02
『 酔芙蓉幻視の果ての遠すぎて 』瘋癲老仁妄句zqs1403
フォト旅575日記zqs0901『 抑えても溢るゝ情浜昼顔 』
『 睡蓮や瘋癲を待つ恋弥勒 』物真似575夏zqs0803
同じカテゴリー(写真俳句)の記事
 『 虚仮の世も素面で生きる苔の花 』フォト瘋癲老仁妄句zqs1902 (2019-07-19 19:39)
 『 痩せたるも威を張り通せ女郎蜘蛛 』物真似575夏zqs1803 (2019-07-18 22:27)
 『 夏椿背骨に念の魂言葉 』物真似575夏zqs1604 (2019-07-16 23:06)
 『 細胞が解れ緑の夜に散る 』瘋癲老仁妄句10-02 (2019-07-15 23:41)
 『 酔芙蓉幻視の果ての遠すぎて 』瘋癲老仁妄句zqs1403 (2019-07-14 22:27)
 フォト旅575日記zqs0901『 抑えても溢るゝ情浜昼顔 』 (2019-07-11 23:04)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。