2019年05月29日

『 ひとりゆえひとりが恋しほたるの夜 』遊行期游泳575zqv2908

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



『 ひとりゆえひとりが恋しほたるの夜 』遊行期游泳575zqv2908






★ 遊行期游泳575zqv2908

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 ひとりゆえひとりが恋しほたるの夜


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




 > 完璧であろうなどしないこと
 トータルであろうとしなさい
 もし完璧であろうとすれば
 あなたは仏陀の後に続くことになるだろう
 マハーヴィーラの後に続くことになるだろう
 もしトータルであろうとすれば
 そのときはじめて、あなたは
 老子のそばにいるということの意味を感じとれる
 <道TAO>に従うということの意味が――   。。。パグワン『TAO』p060





 ひとり行く友に添えるか不如帰   仁


 長くも深い淵は渡らず




 架け橋もなくて友たり杜鵑   仁


 補い合うてそれぞれの道





 以下、 【 再録 】 です。


★ TAO交心zwr2403tr2403

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

分かたんか独りあること虫の声

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――




芽人さん、

 いつも交心ありがとうございます。
 ご教示の良寛さんの『ふるさと』探しだして遊泳させてもらいます。良寛さんの故郷への思いの深さを知りたいと思っていました。
 親を捨て、故郷を捨てて利他行の遊行に入るのが良寛さんの求めるところだったのでしょうけれど、越後に戻ってしまったんです。
 故郷に良寛さんが捨てきらないものがあったのでしょうね・・・


 そして故郷だからできた全く新しい良寛さん固有の遊行世界が創造されていきました。
 おそらくここまで子どもたちと一体化できた人間は世界にもそうたくさんはいないのでしょう。ぼくは無知だから世界にどんな人間がいたか知らないのですけれど、良寛さんほどに純真無垢にもなれた無心の人はいなかったのじゃないかと思ってしまいます。
 子どもたちと一日中でも遊び三昧できて、子どもたちをエンパワーできた人はただの好々爺さんではなかったのでしょう。

 古来継承されてきた風土としての故郷の火が共振し合って人間の根源的な共同体を創生しているのだろうと念います。

 もし良寛さんが貞心尼さんと巡り会い、貞心尼さんが『蓮の露』を書き残さなかったなら、良寛さんは越後の一地方の好々爺で終わったかもしれません。良寛さんは縁者宛に数冊の自歌集を残しましたけれど、地方に埋もれたままだったかもしれません。よき郷土史家に恵まれて発掘されたかもしれませんけれど・・・


 良寛さんが『ふるさと』に何を観ていたのか・・・
 興味は尽きませんけれど・・・
 ぼくごときが言葉あそびで真似良寛さんを遊んで理解できるようなものではありません。
 芽人さん、これからも色色ご教示してくださいね。



 分かたんか独りであること虫の声   旅仁


 あなたわたしの境界交じる



 以上、 【 再録 】 おわり。




 > 心マインドというのはいつも選びたがるものだからだ
 心マインドというのは選択を通して生きのびる
 もしあなたが選ばなければ
 心マインドは落ちる   。。。パグワン『TAO』p063




 選ばずに対で向きあう夜の蠅   仁


 蠅見て人を思うか心




 落とさずに心躍らす夏薊   仁


 果てに相見て後生も躍れ




ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




はほ★★★ 再録良寛さんの歌を遊ぶ0233zwr24tr24『 ほととぎす汝が鳴く声をなつかしみこの日くらしつその山のへに 』 へどうぞ!!! ★★★



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




同じカテゴリー(写真俳句)の記事画像
フォト一行詩『 降りて行け命の淵へ命の光 』vzp2601
『 青のくさみ今も放ちて星の宿 』良寛さんの歌をあそぶ575yyq3001
『 身の与命紅葉一葉希望あれ 』筑紫風575交心ysk0703
フォト一休さんをあそぶ575『 この花をきみと分かたん夜の秋 』yxq1904
フォト一休さんをあそぶ575『 日も月も鳥も宿せり秋の川 』yxn0702
フォト575あそび『 反復の未完の序章梅雨の闇 』yws2510
同じカテゴリー(写真俳句)の記事
 フォト一行詩『 降りて行け命の淵へ命の光 』vzp2601 (2020-09-27 00:34)
 『 青のくさみ今も放ちて星の宿 』良寛さんの歌をあそぶ575yyq3001 (2020-09-24 07:30)
 『 身の与命紅葉一葉希望あれ 』筑紫風575交心ysk0703 (2020-09-11 15:00)
 フォト一休さんをあそぶ575『 この花をきみと分かたん夜の秋 』yxq1904 (2020-08-27 19:57)
 フォト一休さんをあそぶ575『 日も月も鳥も宿せり秋の川 』yxn0702 (2020-08-25 22:58)
 フォト575あそび『 反復の未完の序章梅雨の闇 』yws2510 (2020-08-23 15:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。