2019年08月18日

『 すれ違いざまに共振吾亦紅 』遊行期游泳575zqr1508

 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


『 すれ違いざまに共振吾亦紅 』遊行期游泳575zqr1508





★ 遊行期游泳575zqr1508

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 すれ違いざまに共振吾亦紅

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 > そしてそれが瞑想の意味でもある
 虚ろになると
 内側で空っぽになること――
 ひとつの思いさえもはためかない
 中身なし
 ただの空間――
 突然
 あらゆる不幸せは消え失せている
 なぜならば
 不幸せというのは思考の中に存在するにすぎないからだ
 死も消え失せてしまっている
 死は思考の中に存在するものにすぎないからだ
 過去も消え失せてしまっている
 その重荷全体も思考を通して運ばれるものにすぎないからだ
 野望も消えてしまっている
 というのも
 どうして思考なしに野望を持てる?
 どうして思考なしに狂える?
 思考のない狂人など見たことがあるかね?    。。。パグワン『TAO』p180




 きみ見るや風狂が行く秋の風   仁


 猫にもなれぬ吾には見えず




 思わずもへくそかずらに魅せらるゝ   仁


 言葉不要のたゆたう和み




 以下、 【 転載 】 です。


★ TAO交心zwr0403

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

面影を負えば淋しき夜の秋

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――





★★★ 優游575交心ts2401『 酔芙蓉素面で酔うも雪月花 』 へのコメント交心です。 ★★★




 芽人さん、
 いつも交心とサポートありがとうございます。
 観自在さんの眼差しに映されて、言葉遊び自堕落老仁の位相が丸見えになってHappyです。良寛さんの三割くらい真似できるようになったかなぁと思い上がっておりましたが、今また0・3割くらいの真似しかできなくなっているようです。
 一休さんを0・3割・・・
 ぼくの予定では良寛さん6割、一休さん6割真似できたら、最終ステージは真似賢治さんの言葉遊びなんですけれど、今のペースだと、最速で6年、6年の次ですから、一休さんの年齢まで生きもうけしなければ、真似賢治さんをはじめられないようです。
 それでも道程は長いですけれど、その一歩は踏み出していることですから、その道程を歩いていることの喜びを大げさに歓んで、楽しんでいくことにしようと念っています。

 芽人さんの地平からはまだ蟻ほどの小さな動きにしか見えないところにいますけれど、交心もらえて、蟻のように小さな真似良寛さんも観てもらえることにHappyな巡り逢いに感謝します。

 ぼくは単細胞だから、芽人さんの言葉をもらっただけでもうひらひら異時空遊泳楽しんでいます。重い身体は19歳で脱ぎ捨てたつもりなので、心だけの無重力遊泳もできるんです。言葉遊びの上での幽体離脱ですけれど・・・


 賢治さんの真似はまだ一歩も踏み出してはいませんが、身体は地球に残して、魂だけで薔薇さんの待っている自分の星に帰った星の王子さんの真似を遊んでみたくもなっているんですけれど・・・



 朱夏好日鳥にしあらずも飛翔せん   旅仁


 苦も悲も一度限りの花よ



手近な快楽欲しがるよりも 夢で逢いましょエンドレス   旅仁



 面影を負えば淋しき夜の秋   旅仁


 ひとりよい月見れば見るほど



 エンドレス・ラブの語りが遊行期よ背中に羽根の観える人恋う   旅仁



 以上、 【 転載 】 おわり。





 > 仏陀が彼の究極の悟りに達したとき
 彼の発案である“アナッタanatta”という言葉をつくったのはそのためだ
 その言葉は彼以前には存在しなかった
 アナッタとは“無自己”を意味する
 アナッタとはあなたはいないという意味だ
 アナッタとは無い
 あなたはいないという意味なのだ
 アナッタは無を、虚を意味する   。。。パグワン『TAO』p182




 吾無くて山路にありぬ薄紅葉   仁


 おなじ浮遊の笑み交わされて




 すれ違いざまに共振吾亦紅   仁


 自ずと分かつ和え物心




ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 妄恋575交心zws2602『 堕天使と言われてみたき朱夏の夢 』 へどうぞ!!! ★★★



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




同じカテゴリー(写真俳句)の記事画像
フォト一行詩『 降りて行け命の淵へ命の光 』vzp2601
『 青のくさみ今も放ちて星の宿 』良寛さんの歌をあそぶ575yyq3001
『 身の与命紅葉一葉希望あれ 』筑紫風575交心ysk0703
フォト一休さんをあそぶ575『 この花をきみと分かたん夜の秋 』yxq1904
フォト一休さんをあそぶ575『 日も月も鳥も宿せり秋の川 』yxn0702
フォト575あそび『 反復の未完の序章梅雨の闇 』yws2510
同じカテゴリー(写真俳句)の記事
 フォト一行詩『 降りて行け命の淵へ命の光 』vzp2601 (2020-09-27 00:34)
 『 青のくさみ今も放ちて星の宿 』良寛さんの歌をあそぶ575yyq3001 (2020-09-24 07:30)
 『 身の与命紅葉一葉希望あれ 』筑紫風575交心ysk0703 (2020-09-11 15:00)
 フォト一休さんをあそぶ575『 この花をきみと分かたん夜の秋 』yxq1904 (2020-08-27 19:57)
 フォト一休さんをあそぶ575『 日も月も鳥も宿せり秋の川 』yxn0702 (2020-08-25 22:58)
 フォト575あそび『 反復の未完の序章梅雨の闇 』yws2510 (2020-08-23 15:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。