2019年08月29日

『 梔子の花のごとくに友逝きぬ 』筑紫風575交心zrt2307

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 筑紫風575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


『 梔子の花のごとくに友逝きぬ 』筑紫風575交心zrt2307





★ 筑紫風575交心zrt2307

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 梔子の花のごとくに友逝きぬ

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 汎人さん、

 いつも交心感謝します。
 幼稚な発想ですので、そう意味深なことでもないのでしょうが、深読みしてもらうと、どんな読みがあるのだろうと誘われて、イメトレがはじまり、つぎの575が湧いてくるようで楽しくなります。


 普通に花は心を映す鏡だといわれていますが、それは、花は何にも語らないけれど、見ていると心がほぐれ、花のスクリーンにいろいろのことが映しだされていくからでしょうね・・・
 その念いを確かめるように、ふと、呟いている自分に気がつきます。
 そしてまた、こんどは意識的に語りかけていくようになります。肯定もしなければ、否定もしない相手だから、かってに理解してくれていると念うのでしょう。
 そうすると迷いもうすれて、もう一歩飛躍することができるようになるんです。

 といっても、それはただの理屈であって、はじまりは言葉あそびにすぎません。
 梔子の花は、どういう意味でクチナシといわれるのかも知らないで、梔子は口なしだから、このことは誰にもしゃべらないだろうから、腹に溜まっているものを、つい、おしゃべりしたくなるなるものだ、とあそんでみたんです。

 人は、50年つき合ってきた友だちとでも、なんでも語りあっているようですけれど、感じ方も考え方もそれぞれなので、大切なところで、食い違いも多く、気まずくなったりすることもあり、腹の底には、やはり、いろいろ溜まっているようです。
 それを出し合えるのが友だちでしょうけれどね・・・

 友だちだから許されると念って、くいちがえば喧嘩もして、50年もつき合ってきた友が、突然、逝ってしまった後、食い違っても、友のいうことをもっと素直に大切に受け容れていくべきだったと、今も後悔しています。

 友は、何も語らず、逝ってしまいました。


 50年つき合ってきた友でもそうですから、人とつき合うのは、腹の底からということはできないのでしょうね・・・
 簡単に「腹心の友」なんていえません。




 梔子の花のごとくに友逝きぬ   仁


 花は咲けども友は帰らず




 以上、
★★★ 物真似575夏zrt2204『 梔子の花と打ち明け話しする 』 への交心です。!!! ★★★







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 遊行期游泳575zqv0808『 ここよりを後生と念う花海棠 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





同じカテゴリー(写真俳句)の記事画像
フォト一行詩『 降りて行け命の淵へ命の光 』vzp2601
『 青のくさみ今も放ちて星の宿 』良寛さんの歌をあそぶ575yyq3001
『 身の与命紅葉一葉希望あれ 』筑紫風575交心ysk0703
フォト一休さんをあそぶ575『 この花をきみと分かたん夜の秋 』yxq1904
フォト一休さんをあそぶ575『 日も月も鳥も宿せり秋の川 』yxn0702
フォト575あそび『 反復の未完の序章梅雨の闇 』yws2510
同じカテゴリー(写真俳句)の記事
 フォト一行詩『 降りて行け命の淵へ命の光 』vzp2601 (2020-09-27 00:34)
 『 青のくさみ今も放ちて星の宿 』良寛さんの歌をあそぶ575yyq3001 (2020-09-24 07:30)
 『 身の与命紅葉一葉希望あれ 』筑紫風575交心ysk0703 (2020-09-11 15:00)
 フォト一休さんをあそぶ575『 この花をきみと分かたん夜の秋 』yxq1904 (2020-08-27 19:57)
 フォト一休さんをあそぶ575『 日も月も鳥も宿せり秋の川 』yxn0702 (2020-08-25 22:58)
 フォト575あそび『 反復の未完の序章梅雨の闇 』yws2510 (2020-08-23 15:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。