2019年12月28日

12月28日の記事

★ ゜・。・。★ 瘋癲老仁妄句 ★ 。・。・゜ ★



夜空





にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



 ★ 瘋癲老仁妄詩hrz0701

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 夜空はわたしたちの故郷

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 冬の空は、凍てて、
 星の光は細くなっていますけれど、
 独りの心には、むしろ、その細さが、
 やわらかくさえ感じられます。

 この星のこの細さは、このひとのこの思いなのだ・・・
 この星のこの青さは、あの人のあの思いなのだ・・・
 この星のこの赤さは、その人のその思いなのだ・・・

 この星に、あの星に、その星に、
 人を観て、
 人を想う。


 この星を、あの星につなぎ、
 あの星を、その星につなぎ、

 いくつもの星が、つながり合って、
 いくつもの星が、重なり合って、

 それぞれの星の思いが、ふくれあがり、
 色合いを深め、
 わからなかった意味が見えてくる。
 
 かくれていた絆が見えてくる。



 それぞれの星の思いが浸透しあって、
 熱い波動になって、
 あい風になって、

 あなたをつつむ。
 あの人をつつむ。

 わたしをつつむ。

 みんなをつつむ。


 わたしたちが星の子であることに気づき、
 わたしたちが愛の子であることを知り、

 みんなで、いっしょに、
 寄りそって、
 ぬくめ合って、

 分かちあって、

 生きているのを知る。



 そして、また、あなたへの愛と、
 ありがとうを、星に返すんだ。

 わたしのあいとありがとうが、星に映り、
 あなたのあいとありがとうが、星に映り、
 星の子たちのあいとありがとうが、星に映り、


 星の光が、おおきくなる。
 星の光が、やわらかくなる。

 星の光が、あたたかくなる。



 夜空は、わたしたちの故郷で、
 星の光は、ふりそそぐ故郷のあいなのだ。





 星と星つないで念の光りけり   仁






『 凍星に温いこころを貰いけり 』129-07瘋癲老仁妄句hrz07






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。




★ 瘋癲老仁妄句129-07hrz07

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 凍星に温いこころを貰いけり

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――



    (08-01-07)






★ 。・。・゜ ★ 青柳仁リンク ★ ゜・。・。★




★★★ 『 熱き念冬の銀河に放ちたり 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 12904  へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜ ★ そのまんま575で交心 ★ ゜・。・。★





俳句・短歌ランキング





※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。