2020年01月25日

『 躓いて踏み倒したる仏の座 』瘋癲老仁妄句134-06zqy21

★ ゜・。・。★ 瘋癲老仁妄句 ★ 。・。・゜ ★




『 躓いて踏み倒したる仏の座 』瘋癲老仁妄句134-06zqy21










★ 瘋癲老仁妄句134-06zqy21

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

躓いて踏み倒したる仏の座 

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――






★★★ 『 真ん中を生きるが故に愛不仁 敵も味方も心赦しぬ 』瘋癲老仁妄詩 13405 へどうぞ!!! ★★★

に、等人さんよりコメントいただきました。




 「真ん中を生きる」について、また、すこし、考えるキッカケにしたいと思います。


 私という存在は、さまざまな現れをしますけれど、
 その現れを、復元して、模型化してみたら、
 私という存在の全体は、銀河の宇宙儀のように、球体をなしているのでしょうね。

 普通、現れた自分を現実として認識し、
 その現実に拘束されながら生きているわけですけれど、
 それは、私という現れの星の一つにすぎないわけです。
 その隣には、現れ損なったり、スタンバイのままの自分や、
 気づきもしない自分が存在するし、
 そんな今の自分の銀河が在るんですよね。


 それに、昨日や、去年や、9歳の時の自分や、
 明日や、3年後や、ついに現れないかもしれない未来の自分や、

 さまざまな銀河が連なっていて、
 それが私という宇宙なんでしょう。


 青年期が、
 私という宇宙のビッグバン期で、
 私は、日ごと、月ごと、
 さまざまな私を誕生し続けているわけです。


 「真ん中を生きる」というのは、
 そのビッグバンの始まるところに立つことなのでしょうね。



 命も、
 それぞれの銀河をなし、
 そのそれぞれの銀河も、
 私の宇宙という宇宙儀の内部に存在しています。

 そして、それぞれの命宇宙が、別のそれぞれの命宇宙を、
 自分の宇宙の内部に存在させているのです。



 それぞれの命宇宙は、
 重なり合い、つながり合い、浸透し合って、
 私の全体を創りだしているんでしょうね・・・


 存在のセンターに戻れば、
 どの私も、かけがえのない私であり、
 どのあなたも、かけがえのないあなたであり、
 どのいのちも、かけがえのないいのちです。

 どの私も、
 どのあなたも、
 どの命も、

 同じ、星の子なんですね。
 星の子として、みんな、同胞なんですね。




 躓いて踏み倒したる仏の座   仁


 転び落ち込む夢幻の壷中




 。。。 ≪ 等人さん、いつもありがとうございます。


 あの光だって、曲がって、走るんですね。
 真っ直ぐ生きることも、
 曲がって生きることも、
 一つの現れで、

 昨日も、
 明日も、
 一つの現れで、

 私というセンターがあって、
 現れることなんだって、

 そう気づいたんです。


 素直に、
 私という存在を素晴らしいと感じました。
 素直に、
 あなたという存在を素晴らしいと感じました。

 あなたにはあなたのセンターがあり、
 わたしにはわたしのセンターがあり、

 交差したり、
 重なったり、

 すれ違ったり、
 遠くを過ぎ去ったり、

 時には、長く、
 時には、一度っきり、


 巡り会いの縁に恵まれて、

 別れの哀しみ抱きしめて、


 今と、ここを、
 生きてきたんですね。

 かけがえのない今に、
 ありがとう。

 かけがえのない縁に、
 ありがとう。



 躓いて踏み倒したる仏の座  ≫ 。。。



 星の子として、
 愛呼も同胞ですけれど、

 同胞として、愛呼は誰彼隔てなく、
 等距離で、
 つき合えるんです。

 等質で、
 友だちになるんです。

 愛呼は、
 いつだって、
 センターから湧いてくるんですね。


     (08-01-21)


 以上、 【 転載 】 です。




 > 良寛歌谷0681 淡雪の中に建ちたる三千大千世界(みちおほち) またその中に淡雪ぞ降る



 参照→ ☆☆☆ 毎日新聞余録『 良寛さんの歌にこんなのがある… 』 へどうぞ!!! ☆☆☆ 
 





 ほとけの坐われの内にも三千大千世界   仁


 百代祖先遺伝子の中




 仏の座過去も未来も空時空   仁


 あなたもわれも彼岸此岸も




ほとけのざ









★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ 。・。・ ゜ ★




★★★ 筑紫風575交心zqz0102『 あそびさえ言葉は力初景色 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 瘋癲老仁妄句129-07『 凍星に温いこころを貰いけり 』hrz07 へどうぞ!!! ★★★



★ 。・。・ ゜ ★ そのまんま575で交心 ★ ゜・。・。 ★






俳句・短歌ランキング



同じカテゴリー(写真俳句)の記事画像
『 友在りて今の吾在り岩清水 』フォト青のくさみ575yrs1501
『 魂に響く愛在れ花と蝶 』遊行俳句で交心yzw0507
フォト遊行俳句で交心『 玄牝の門が目の前春の宵 』zpx1301
『 散るさくら落とすなみだも郷の星 』遊行期游泳575ypv0606
★★★ 『 凡愚にも言葉が友よ春の風 』フォトTAO575yxx2201
『 良心の呵責は不死か芽吹き時 』平和の砦575交心yrx2106
同じカテゴリー(写真俳句)の記事
 『 友在りて今の吾在り岩清水 』フォト青のくさみ575yrs1501 (2020-03-29 00:06)
 『 魂に響く愛在れ花と蝶 』遊行俳句で交心yzw0507 (2020-03-27 21:59)
 フォト遊行俳句で交心『 玄牝の門が目の前春の宵 』zpx1301 (2020-03-24 23:59)
 『 散るさくら落とすなみだも郷の星 』遊行期游泳575ypv0606 (2020-03-23 23:02)
 ★★★ 『 凡愚にも言葉が友よ春の風 』フォトTAO575yxx2201 (2020-03-13 21:47)
 『 良心の呵責は不死か芽吹き時 』平和の砦575交心yrx2106 (2020-03-12 23:54)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。