2010年10月03日

良寛俳句039わが宿へ連れて行きたし蓮に鳥



★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛俳句交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★





  ★ 良寛俳句交心039

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

        わが宿へ連れて行きたし蓮に鳥

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 花呼さんより、 『 みちのくのねじ花くのじくのじかな 』 に良寛さんの句を寄せてもらいました。
 花呼さん、いつもありがとうございます。


★★★ 『 みちのくのねじ花くのじくのじかな 』 ★ ネット吟行 07401 へどうぞ!!! ♪♪♪
 


 039 わが宿へ 連れて行きたし 蓮に鳥  良寛


 求めよ、然らば、与えられん。

 心は自由です。
 イメージできることは、もう、得られたことになるのです。
 先ず、イメージせよ。

 イメージより、変われ。

 良寛さんの愛語は、心の世界ですから、目には見えないんですよね。
 大切なものは目には見えないんです。
 だから、心で観ましょうね。
 良いもの観ましょうね。

 すてきなイメージは、心を喜ばせるんです。
 すてきなイメージは、細胞を躍らせるんです。
 すてきなイメージを楽しみましょうね。


 良寛さんは、ひとり遊びの達人ですけれど、
 良寛さんは、すてきなイメージを観る達人だったのですね。

 イメージ遊びは、ひとり遊びです。
 イメージ遊びは、愛語遊びです。
 目では見えない世界を遊ぶんです。

 イメージ遊は、ひとり遊びだから、
 語り合いができるのです。
 イメージ遊びは、愛語遊びだから、
 言葉で共有できるのです。

 イメージ遊びを語り合えると楽しくなるでしょうね。
 
 

 龍もいる蓮の浄土を遊ばんか


★★★ 『 龍もいる蓮の浄土を遊ばんか 』 ★ 交心俳句06702z080801 ♪♪♪ 



 。。。 ≪ 花呼さん、おはようございます。
 美しい絵を見たり、何か感動をもらうと、そのままの心を大切にしたいと思いますよね。無欲無心の良寛さんさえ、持ち帰りたいと思うのでしょうね。それとも、これも何かの説法の意味が隠されているのでしょうか・・・。


 039 わが宿へ 連れて行きたし 蓮に鳥  良寛


 極楽の蓮と鳥は、良寛さんの心ですから、良寛さんの草庵にも、ちゃんとあるのですね。
 出会いや学びは、心の栄養ですから、心の世界では、いつでも想像できるし、また再現も、再創造もできるものです。心にあるから、いつでも、言葉で、表現できるし、再創造できるんです。句や歌や詩や書に、良寛さんは、自在に湧出させていくのですね。
 そして、その素直な心の表れは、わたしたちに、愛語として、伝わってくるのです。


 IMAGINE 幸せの世界を想像しようよ。
 IMAGINE 蓮と鳥の浄土を想像しようよ。
 IMAGINE 愛と光に満ちた世界を想像しようよ。

 IMAGINE 自然の恵みを想像しようよ。
 IMAGINE 命の歓喜を想像しようよ。



 歓喜する心ひろがる蓮の宿 ≫ 。。。





★★★ 『 みちのくのねじ花くのじくのじかな 』 ★ ネット吟行 07401 へどうぞ!!! ♪♪♪





  ★ 交心俳句 06701

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

         歓喜する心ひろがる蓮の宿

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 良寛の歌交心0000p100201『心とや身は憂きものをきりぎりす誰れに負ほせて夜ただ鳴くらん』 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ 



★★★ 『 紅葉の助走の里山歩きませ 』 ★ 交心俳句10p100202 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年09月 30日 』 翡翠になれば翡翠寄り来たる ♪♪♪ 



★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。