2011年02月21日

そのかみは酒にうつける梅の花土に落ちけりいたづらにして



★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の歌 ★。・。・゜♪゜・。・。★






★★★ 『 半生は泡沫と消ゆ流し雛 』 ★ 交心俳句10w040301 よりの【 転載 】です。 ★★★






★ 良寛の歌0001

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

そのかみは酒にうつける梅の花土に落ちけりいたづらにして

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 その昔にはあなたとよく酒を飲んで詩歌を詠み合ったものだね。
 杯に酒を満たし、梅の花を受けて、遊んだものだ。
 そんな楽しかった日々が忍ばれるよ。
 今はもう、何にもなくなって、梅の花も空しく大地に散るばかりとなってしまっている。
 それでも梅の花は在るだけで形見になって、あなたのことをいろいろ想い出させてくれるよ。




 0037 梅が香を麻の衣につつみては春は過ぐとも形見とならむ   良寛


 梅の花が咲いて、仄かにその香りを放ってくれている。
 梅の花がいろいろと心を結びつけてくれたものだね。
 その梅の花ももう散ってしまうんだ。
 この香りを麻の衣に包んでいたら、春は過ぎてしまっても、
 いつまでもいつまでもその香りを形見にいろいろのことを想い出すことができるね。



 0051 梅の花また来ぬ春は咲くらめどしたくだちゆくわれぞさびしき   良寛


 梅が香やひと日ひと日を織るばかり   仁





★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 復刻瘋癲老仁妄詩z08y020303『 道行きも叶わぬ果ての雪女郎 』 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 今日のそのまんま575で交心11年02月20日『 春風や一歩に愛呼一歩に愛呼 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 『 今日の出来事、雑談、交流広場 11年02月20日 』   ☆☆☆   支局長からの手紙:奈良を好きですか? へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 『 春待ちの猫に劣らず切なしや 』 ★ 交心俳句11y021701 へどうぞ!!! ★★★




★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★






タグ :春風

同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
『 百合の花夢は見ずとも死にとなし 』筑紫風575交心zrr3111
『 これからをわがまゝに逝く無季の道 』筑紫風575交心zrs2407
『 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹 』スローライフ575交心zrz2105
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 『 百合の花夢は見ずとも死にとなし 』筑紫風575交心zrr3111 (2018-09-14 18:50)
 『 これからをわがまゝに逝く無季の道 』筑紫風575交心zrs2407 (2018-07-24 21:00)
 『 身ひとつに愛語はよすが寒牡丹 』スローライフ575交心zrz2105 (2018-01-21 22:55)
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。