2015年10月16日

良寛歌0974zq17『 をつつにも夢にも人の待たなくに訪ひ来るものは老いにぞありける 』sq17


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




『 秋の日や内に阿修羅の火を燃やせ 』



★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






★ めぐり逢い良寛さんzq1701sq17

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


秋の日や内に阿修羅の火を燃やせ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 雪呼さんより、 『 水澄めるこころに影のうつりしや 』 に良寛さんの詩歌を寄せてもらいました。
 雪呼さん、今日もあい風ありがとう。



 ≫ 仁さん、おはようございます。

 今日の新聞、良寛さまの歌。


 。。。 「をつつにも 夢にも人の 待たなくに 訪ひ来るものは 老いにぞありける」


 現(うつつ)に目覚めていても、夢を見ていても、人が待ってもいないのに、
 訪ねて来るのは老いだけのようだ。「生ある者は必ず死あり」。
 この仏教の諸行無常を日中の詩人も詠んでいる。   。。。(全国良寛会)



 世の中は大きく変わっているようですが、
 やがて最後に辿り着く道は決まっているのですね。
 天真爛漫な心の良寛さまでも、不安が心をかすめる老いが弱音を漏らさせるのですね。
 阿修羅さんの眼差しに力を貰って癒されます。   ≫   雪呼




 おはよう、雪呼さん。

 そうですよね、
 最後に辿り着く道は、・・・
 
 生々流転。
 移り変わり、
 一に戻るのでしょうね。
 命も自然も、 その根源へ戻り、
 その根源からまた新しいものが始まるんです。



 世の中も、政治も、
 盛者必衰、
 民主主義の根源へ戻るのですね。
 民の命と暮らしの願いに戻るのですね。

 戻りながら、
 生まれ変わり、
 新しくなっていくんです。

 雪呼さんも、そう。
 仁も、そう。



 老いには、老いの生まれ変わりがあるでしょう。
 老いは、命の根源に戻ることです。
 命の根源に戻ることが常です。
 老いは、常への回帰なんですね。


 常を知るを、明といいます。


 幻想が剥ぎ落とされて、
 不要なものが脱落して、
 裸に戻り、
 空っぽになっていくんです。


 明を知ることは、
 明める、ことです。
 明める、は諦める、につながるんですね。



 もう、愛を諦めます。
 愛を必要としなくなるんです。
 生きていることが愛に満ちていますから。


 もう、夢を見ることを諦めます。
 夢を必要としなくなるんです。
 命のまんまに生きていけるんですから。



 諦める人生に入れる老いは、
 命浄土です。
 あるがまんまの命で輝く愛浄土です。



 阿修羅さんが、闘争の末に、幻視したものは、
 諦めの世界でした。
 命浄土でした。


 阿修羅さんの清澄な眼差しの彼方に、
 命浄土が幻えているんでしょう。


 阿修羅さんが見据える虚空に、
 愛浄土が幻えてきます。


 命浄土、 愛浄土が
 幻えてくると、

 わたしの命が
 躍りだす。

 わたしの中に愛浄土がはじまるんです。



 仁も、阿修羅さんに溢れるほど宇宙の愛をもらってきました。



 秋の日や内に阿修羅の火を燃やせ   仁


 命燃えれば世界も燃える





★ 良寛歌0974zq17sq17

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


をつつにも夢にも人の待たなくに訪ひ来るものは老いにぞありける

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 まさか待ってはいないよ
 夢にだって待つものか
 それでも必ず訪れてくるものがあるんだ
 それが老いというものなんだよ
 さあ、どう向き合おうかね・・・



 > 良寛俳句046 手ぬぐひで年をかくすや盆踊り

 > 良寛歌0399 月はよし風は清けしいざ共に踊り明かさむ老いの思い出に



★★★ 交心俳句46201『 凌霄花揚羽呼び込み虫湧かす 』 へどうぞ!!! ★★★



死を前にして踊り明かす良寛さんが、ちゃんと、いてくれます。
 ぼくには老のすばらしい道標です。
 すでに良寛さんは病んでいて、余命もそう長くないことを覚悟している上での盆踊りです。



 澄む水や阿修羅と共にありぬべし   仁


 明朗清澄心に枷無し





★★★ 『 恍惚の秋の風にも冷めやらず 』 ★ 交心俳句50902 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 水澄めるこころに影のうつりしや 』 ★ 交心俳句50901 へどうぞ!!! ★★★
 



★ めぐり逢い良寛さんzq1703sq17

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


良寛を念う心に秋の海

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





★★★ 交心俳句51001 『 秋の日や内に阿修羅の火を燃やせ 』zq1702 へどうぞ!!! ★★★




 流れ星踊る阿修羅に笑む阿修羅   仁


 良寛ありぬ諸法無我なる



 夢想して真似阿修羅なれ星降る夜   仁


 虚仮の世にてもまこと守らん




☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







★ めぐり逢い良寛さんsq1704

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


流れ星踊る阿修羅に笑む阿修羅

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ COLLABO575交心sq1503『 この道や光も見えず秋の暮 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 優游575交心ss2708『 ピカドンを招き入るゝな遠花火 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★