2019年05月20日

『 自ずから歓喜わきくるいぬふぐり 』遊行期游泳575zqv2006

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



『 自ずから歓喜わきくるいぬふぐり 』遊行期游泳575zqv2006






★ 遊行期游泳575zqv2006

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 自ずから歓喜わきくるいぬふぐり


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




 > 不自然でいることがあれわれの自然な生活になってしまっている
 そうしたとき
 自然でいるということがひとつの奇跡であるのは言うまでもない
 ただあたり前のものごとに歓喜すること
 食べること
 眠ること
 あなたをかすめてゆくそよ風――
 あたり前のものごとを楽しむことで
 それらの中に歓喜することで
 生全体がひとつのお祝いになる   。。。パグワン『TAO』p554




 自ずから歓喜わきくるいぬふぐり   仁


 歩くしあわせそよ風小径





 以下、 【 再録 】 です。


★★★ 『 そのまんま575で交心08 ☆☆ 林檎の芽身近なものに光あれ 』 への【 交心 】です。  ★★★
♪♪♪ htp://smcb.jp/_ps01?post_id=3034545&oid=58984 × 閉鎖





★ 遊行俳句で交心x11w040502

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

ほとけの坐終の棲のひと灯

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――





 > 光あり
     風の景色に
       住む人よ   桃呼


 至る所に造化の華満つ   仁


       ほとけの坐
     終の棲家の
   ひと灯し   仁



 いつも交心ありがとうございます。

 苦しみの果ての幸福・・・
 苦しみも悲しみも受容力の蓄積でしょうから、いつの日か、かならずや、翻身の時が来るのですね。水に沸点があるように、苦しみや悲しみにも翻身点があるんです。量が質に自ずから転換する境界点です。

 境界点を越えると言葉が輝くんです。

 言葉が愛語になるんです。
 お山のてっぺんから光の言葉が降りそそぐんです。




 目瞑ればお山のてっぺん風光る   仁




 以上、 【 再録 】 おわりです。




 > だから、自分がどこにいようと
 それを楽しむがいい
 何であれ自分の持っているものに感謝することだ
 深い感謝を感じなさい
 それをあなたのただひとつの祈りにするのだ
 自分がどこに行くにしても
 トータルに行きなさい    。。。パグワン『TAO』p556




 れんげ草われも歓び弾きける   仁


 森行けば逢う森の精霊




ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 遊行期游泳575zqv0808『 ここよりを後生と念う花海棠 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月20日

『 花なずな待つ間もいのち躍動す 』遊行期游泳575zqv1808

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




『 花なずな待つ間もいのち躍動す 』遊行期游泳575zqv1808






★ 遊行期游泳575zqv1808

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 花なずな待つ間もいのち躍動す


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――



★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




 > “谷の精は決して死なない
 それは神秘なる女性と呼ばれる”

 これらはみなアナロジーだ
 女は谷だ
 男は峰だ
 男は女の中にはいる
 女はただそれを許す
 女とは受容性だ
 男は侵略的だ
 男はやる
 女はただものごとの起こるのを待つ   。。。パグワン『TAO』p184




 花なずな待つ間もいのち躍動す   仁


 為して失い為さずに至福





 以下、 【 再録 】 です。


★★★ 『 やがて桜やがて鳴き来よ時鳥 』 への【 交心 】です。 ★★★
♪♪♪ http://shashin-haiku.jp/node/97335#comment-674820 × 閉鎖




★ 遊行俳句で交心zzw0302

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

語らずも命開きぬほとけの坐

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――




 おはよう、すみれさん。
 いつもあい風交心ありがとうございます。
 そしていつも交心遅れてごめんなさい。

 被爆の人たちが早くに退院できてほんとうにほっとします。
 けれど、どのくらいの人が被爆しているのでしょうね。老仁も無知で科学のことはほとんどわかりませんのでニュースを見ながらただただ放射能漏洩が防止されることを祈るばかりです。鎌田さんのお話しで被災地の人々の様子と心を知らせてもらえることをありがたく思います。

 心と身体は重なり合っているものだとつくづく感じています。
 心が千切れてしまっているわけではありませんけれど、あぶくのように漂い、チリのように転がりまわっているような感じです。遊行優游遊泳を楽しむ心を見失ったときの心のあるがまんまなのかもしれません。そんなたゆたいの中にあっても普通に暮らしていけるようになっているのもちょっと驚きですけれど・・・
 なるようになっていくというのはとりたてて何を望むでもなく暮らしていけるということなのかもしれません。
 普通のことを普通に生き、喜んだり悲しんだり、戸惑ったり嘆いたり、泣いたり笑ったり、その折りその折りに心は表れるままに現れるにまかせていけるものなんですね。


 菜畑になずなほとけのざもありき   仁


 語らずも命開きぬほとけの坐   仁


 命にもらった人間時間に、今日をありがとうで生きていきます。
 あらためて誰彼たくさんの人たちのお陰様で生きていけていることありがとうです。大きなお返しは何もできませんけれど、ありがとうのお返しを少しずつさせてください。


 明日在りと思わず今日を喜びき   仁


 すみれさんにも平穏の日々が訪れますように。
 被災地の人々に早く安堵の日日が戻りますように。



ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。





☆☆☆ 『 クリックで救える命がある 』 へどうぞ!!! ★★★
♭♭♭  http://www.dff.jp/


 以上、 【 再録 終わり 】 です。





 > “それは神秘なる女性と呼ばれる”

 この言葉は理解されなくてはならないものだ
 “神秘なる女性”
 というのも
 老子にとってはそれこそが究極だからだ
 老子は
 存在の本質は男であるよりも女のようなものだと感じている   。。。パグワン『TAO』p185





 降りてくる予期せぬ光桐の花   仁


 耳をすませばさえずる小鳥








★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 筑紫風575交心zqv0206『 散るさくら忍びの月を幻視せん 』 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ https://blog.goo.ne.jp/syo2377/e/9501b8541f2751c654555f758fa0b2e0




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月20日

『 蜜を吸う撥条が欲し夏の蝶 』遊行期游泳575zqv1706

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



『 蜜を吸う撥条が欲し夏の蝶 』遊行期游泳575zqv1706






★ 遊行期游泳575zqv1706

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 蜜を吸う撥条が欲し夏の蝶

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――



★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




 > 賀夢閨姑侍者帰寺   。。。一休『夢閨のうた』聖山174

 三日別離永劫心     三日別離して、永劫の心、
 湘江涙雨洒胸裏 湘江の涙雨、胸裏に洒ぐ。
 夢閨簾外松梢月 夢閨の簾外、松梢の月、
 山舎夜深君共吟 山舎の夜は深し、君と共に吟ず。

 
 【 仁 自遊訳 】

 たったの三日、あなたがいなくなると、もう永劫に会えないような心になってしまう、
 湘江に泣いた二人の姫がいたけれど、その姫たちの涙雨が胸の裡に溢れだすよ。
 独り寝の寝床の簾の外には、松の梢に月がかかっている、
 あなたのいない山の庵の夜は深く、ぼくはあなたの夢を見て、あなたと、愛の詩を謳っているよ。




 蜜を吸う撥条が欲し夏の蝶   仁


 命躍るに心任せる





 以下、【 再録 】

★ そのまんま575で交心z08p101202

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――

秋の蚊のまだ刺す針を持ってをる

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――




 おはよう、恵呼さん。

 創作力旺盛ですね。
 ゲージュツの秋。
 すごいよ、川柳に挑戦。

 > 羽音させ 遊びに来たか 秋の蚊や   恵呼



 仁も、挑戦したことあるけれど、難しい。鋭い感性がいるもの。自分よりも、外部が見えないと、川柳は作れませんね。
 俳句は心を映せばいいけれど、川柳は、風刺の精神が際だっていないといけません。風のように、爽やかに、刺せ。


 老仁には、
 「刺す」心が、希薄なんです。
 そんなことに気がついて、止めましたけれど・・・


 読む分は、好きなんですよ。




 秋の蚊のまだ刺す針を持ってをる   仁


 以上、 【 再録 終わり 】





 > 神秘なる女性の扉が天と地の根源なのだ
 そして、もし
 <女性>の神秘なる扉をどうやって開けるかの鍵を見つけられれば
 あなたは存在の扉を開けたことになる
 誰もが
 緊張せず
 バランスのとれた
 満ち足りた
 充足したその扉を開けなくてはならない
 それが女子的実存の秘密だ   。。。パグワン・シュリ・ラジネーシ『TAO永遠の大河』p194




 天に開く心はありや桐の花   仁


 眼を持たんかな地下に潜る根




ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 筑紫風575交心zrx2902『 生き儲け存分三昧花遊行 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月18日

『 寛ぎの塒探さん花樗 』遊行期游泳575zqv1806

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





『 寛ぎの塒探さん花樗 』遊行期游泳575zqv1806







★ 遊行期游泳575zqv1806

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

        寛ぎの塒探さん花樗

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。





 > 時計は
 樹々や川や山々には存在しない
 時なき世界ーーー
 人間は時間とともに存在する
 悩みとともに
 奥深いところでは
 その悩みは性的なもののように思われる    。。。パグワン『TAO』p190





 寛ぎの塒探さん花樗   仁


 明かりを天に鋭気を大地に




 以下、 【 再録 】 です。

★ TAO575交心sx1303

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

        愛越えて雪夜の思い遍かり

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――





 愛越えて雪夜の思い遍かり   旅仁


 思わざるとも月在るごとく





 ≫ あなたは母親の子宮から生まれ出た
 あなたはもう一度存在の中にその子宮を見出さなくてはならない
 もし存在の中にもう一度子宮を見つけられたなら
 その同じ暖かみ
 その同じ生命
 その同じ愛
 その同じ心づかいを
 存在の中に見出せたなら
 そのとき存在はあなたの<わが家>にあなたの<母>になる   。。。パグワン『 TAO 』p195L05





 雪原の彼方目ざさん銀河燃ゆ   旅仁


 わが故郷の火は灯りけり





★ TAO575交心sx1306

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

        雪原の彼方目ざさん銀河燃ゆ

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――





★★★ フォト575『 愛越えて雪夜の思い遍かり 』sx1305 へどうぞ!!! ★★★
♪♪ http://smcb.jp/_photo_view?pic_id=35701890 × 閉鎖
 


 以上、【 再録 】 終わりです。





 > 時計は
 樹々や川や山々には存在しない
 時なき世界―――
 人間は時間とともに存在する
 悩みとともに―――
 奥深いところでは
 その悩みは性的なもののように思われる   。。。パグワン『TAO』p190
 




 雪嶺を越え辿らんか終の郷   仁


 柔らか寛ぎ時なき楽土




ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ めぐり逢い良寛さんzz1501『 凍りたる羽根でニンフの飛翔する 』sx12 へどうぞ!!! ★★★



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月18日

『 夏よ夏紺碧を翔べ水平線 』遊行期游泳575zqv1606

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





『 夏よ夏紺碧を翔べ水平線 』遊行期游泳575zqv1606








★ 遊行期游泳575zqv1606

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 夏よ夏紺碧を翔べ水平線


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。





 夏よ夏紺碧を翔べ水平線   仁


 一会の自在自在の歓喜





 以下、【 再録 】です。

★ 遊行俳句で交心hr08p101201

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――

青草を恋うて心も青になる

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――






★★★ 『 青草を恋うて心も青になる 』今日の俳句で交心08p1012
♪♪♪ http://smcb.jp/_bt01?topic_id=95774 × 閉鎖



 
 今日の俳句で交心のキッカケを作ってくださいね。

 俳句がないときでも、
 今日の発見、
 今日の感動、
 今日の気づき、

 心に響いたことなど、
 何でも語り合いに出してください。

 俳句になる前の心も大切にしていきたいと思います。
 交心お願いします。



☆☆☆ 『 クリックで救える命がある 』 へどうぞ!!! ★★★
♭♭♭  http://www.dff.jp/



 > 露草も露のちからの花ひらく   飯田龍太



 青草を恋うて心も青になる    仁




 以上、 【 再録 おわり 】




 <ただまったくあたり前でいなさい、あたり前の動き方をしなさい、ただ自分の感ずるように動くだけでいい。一切の未来、一切の目標を落としなさい。なすべきことなど何もない。一切の努力を落とすのだ>   。。。パグワン・シュリ・ラジネーシ『TAO永遠の大河』

 ぼくが初めて、聞いた、パグワンさんの第一声です。
 ぼくのTAOとのめぐり逢いでした。
 本屋の書棚から、パグワンさんに声かけられたのでした。40年も前の話です。
 此のTAOの虜になったのに、いま、開いてみて、まだ、読み上げていないことを悔しく思っています。今から、読み直しを、はじめようと念いますけれど、やはり、拾い読みにしかならないでしょう・・・

 <そして、おぼえておきなさい。何の“べき”もなし、私がお前に言っているのは、リラックスしろ、ただリラックスしろということだ。>



 ものはみな通り過ぎゆく夏の雲   仁


 過客の吾も遊行期に居る





ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 遊行期游泳575zqv1206『 いずこにもさくら咲かせて老の道 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。  


2019年05月15日

『 さくらんぼ脱体里に遊びけり 』遊行期游泳575zqv1506

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





『 さくらんぼ脱体里に遊びけり 』遊行期游泳575zqv1506







★ 遊行期游泳575zqv1506


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 さくらんぼ脱体里に遊びけり


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。





 > 良寛詩谷 272 

 伊余疎慵者        これ 余疎ようの者
 乞食此地游        食を乞うて 此の地に游ぶ
 逢著閙市裏        逢著す どう市の裏
 一笑共悠悠        一笑 共に悠悠たり


 【 仁 自遊訳 】

 まあ、わたしもね、生来の懶太郎で、
 托鉢しながらここまでやってきて、好きなことして遊んでいたんだ。
 そしたらたまたま、街の中で、右願老子さんに巡り会ってね、
 おかしくなって、いっしょに笑いあって、寛いだ心地になって、悠悠と時を過ごしたもんだよ。




 さくらんぼ脱体里に遊びけり   仁


 飾るものなし隠すものなし




 以下、【  再録 】です。

★。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行俳句で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★





★★★ 『 今日の俳句で交心 09年10月12日 青草を恋うて心も青になる 』 よりの【 転載 】です。 ★★★
♪♪♪ http://smcb.jp/_bt01?topic_id=95774 × 閉鎖





★ 遊行俳句で交心z08p1012

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――

露草の青に妄詩の妖女舞う

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――



 遊呼さん、おはようございます。
 ごめんなさい、読みづらくて。
 「露草や愚仁のままで観自在」です。
 じたばたしたって、愚か者は愚か者です。もう、とっくの昔に開き直って、愚仁のままで生きています。愚仁の目で、露草を見ると、いろいろのものに見えてきて、飽きません。見たいものに心が飛んで、そうすると、やっぱりそう見えてくるから楽しいですよ。

 マイフレさん、ミッキーマウスに見えたんですね。
 そうそう、ほんとうに、そう見えてきます。


 > 想像は大切。子供に帰ったようでした。

 遊呼さん、そうなんです、子どもに帰って、ものを見直すと、びっくりするほど新鮮で、親しくなりますね。一日遊んでも飽きません。人に話せば、呆れかえって、笑われますけれど・・・幼稚仁は、幼稚が好きなんです。


 露草の蘂にまたがり花の郷   仁


 > 観自在とは般若心経に見たことがあります。

 はい、遊呼さん、般若心経です。

 老仁の妄詩の源泉なんですよ。
 観自在菩薩さんが悟りの道で瞑想しているとき、悟りの世界が見えてきて、一切は空だよ、わたしも空なんだよ。この空が見えてくると、もう、苦しみも災いもなくなるんだよ。そうおっしゃいました。そして、色即是空空即是色の世界を開示してくれました。

 おシャカさんの教えは、むずかしくて、愚仁にはわかりませんけれど、
 いつもの我が儘で、美味しいところだけを、愚仁は、食べてしまうんです。
 美味しくて、夢幻のパワーを内蔵した言葉を知りました。

 ・・・ 空即是色 ・・・

 凡仁の訳は、
 空だから、存在するんだよ。
 空だから、色々のものになれるんだよ。
 空だから、幸せなんだよ。

 空になって、色々のものを生きようね。


 空になれば、自分がなりたい者になれる。
 自分がなりたい者になれるから、自分が面白い。
 そんな面白い自分を愛しているよ。
 自分らしく生きることが楽しいよ。

 今日は、どの色で生きようかな。
 今日の好きな色を生きるよ。
 色が存在なんだ。
 好きな色がわたしなんだ。
 わたしが好きな色になるんだ。
 自分を愛するということは、自分の好きな色を生きることなんだ。
 愛は好色なんだよ。

 そして、老仁は、好色人間になっていったのでした。


 なんとまぁ、幼稚な解釈ですけれど、
 凡仁は、これで、幸せになれるんです。
 凡仁で、幼稚だから、これくらいのことでも、幸せになれるんです。


 良寛さんも空。緒方拳さんも空。三浦和義さんも空。お釈迦さんも空。みんな空。
 愚仁も空。それぞれの大好きな色を生きたんですね。



 空蝉の夢見心地に揺れにけり   仁


 露草の青に妄詩の妖女舞う   仁



 遊呼さん、おしゃべりお許しくださいね。


 以上、 【 再録 終わり 】




 > 良寛歌谷 488
 世の中は術なきものと今ぞ知る そむけば疎し叛かねば憂し


 【 仁 自遊訳 】

 世間というものは、つくづく、どうしようもないものだということが、今さらながら、よく分かった。
 世間に逆らったり、批判でもしようものなら、人は冷たい目で見るようになるし、世間の流れに同調してしまえば、自分の本心を奪われてしまい、なんたって、これほど辛いことはないよ。




 棹さして則天去私か青柳   仁


 無漏路の風に吹かれて笑え





ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 筑紫風575交心zqy0810『 友に逢うほとけの時空さくらの夜 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月14日

『 幻視する時空色なし夏薊 』遊行期游泳575zqv1407

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




『 幻視する時空色なし夏薊 』遊行期游泳575zqv1407







★ 遊行期游泳575zqv1407

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 幻視する時空色なし夏薊


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――



★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




 > 良寛詩谷206『 可憐好丈夫 』p225

 可憐好丈夫、間居好題詩、古風擬漢魏、近体唐作師、斐然其莫章、加之以新奇、不写心中物、雖多復何為

 憐む可し 好丈夫
 間居して 好んで詩を題す
 古風は 漢魏を擬め
 近体は 唐を師と作す
 斐然として 其れ章を莫り
 之に加うるに 新奇を以てす
 心中の物を 写さずんば
 多しと雖も 復た何をか為さん


 【 仁 自遊訳 】

 素敵なことだね、今の好青年たちは。
 相当暇なんだろう、好きなように大を出し合って、詩を作っている。
 古詩は、漢や魏の詩を手本にし、
 近体詩は唐の詩を手本にして、詩をあそんでいる。
 美しく美しく見せるように、手本のように文章を飾り、
 その上に、新しさや珍しさをつけ加えて競い合っている。
 とはいってもね、心の裡のもっともっと大切なことをつかみ取って明らかにしなければ、見かけ上の新奇をどんなに上手に作っても、ただそれだけのことに終わってしまうよ。



 良寛さんの真似をして、575あそびを楽しんでいますが、この良寛さんの詩を読むと、いい気なもんだねと、「わたしの真似などと、口にしないでくれ」と怒られてしまいました。自分の心と人の心とをつなぎ、交わらせる大切なものを分かち合えなければ、ただの見栄か戯れ言にすぎない。


 すみれさんとの、昔の交心を読み返して、今見失っている大切な心を、想い起こさせられるような感じがしています。
 老には老の初心がある。
 それぞれの時期にそれぞれの時期の初心があった。
 その初心の変化、流れを辿り直して、その根源にある水脈を探り当てることが、老の最後の初心なのかもしれないと念ったりしています。



 > よき歌よまむとするはわろし。おもしろき歌よまんとするもわろし。歌の中にはよきもやさしきもあるなり。すべて物に目あてをするはみなひが言なり。歌はやさしくたけ高くよむ物なりと教ふるは、みな歌の道にくらき人のいふことなり。   。。。良寛「歌の辞」




 幻視する時空色なし夏薊   仁


 回帰しはじまる新魂交じり





 以下 【 再録 】

★ 星の子交心zzv1401

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


 五月闇音なき音の響き来る


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――







 『 陰にいて心躍らす龍の玉 』 に、すみれさんより交心をもらっています。
 ≪ 波動、波紋、最近この効果を何となく感じています。
一石を投じる事、このさりげない勇気が大切なんだと。
たとえ、小さな石でも波紋は静かに、穏やかに広がります。その効力、行く末は案じる必要はないのでしょう。
美しい音楽も然り。優しい音には、優しい言葉が返ってきます。

コメント頂いた、「青い実」に<蛇のヒゲ>の写真探して載せました。どうぞ、参考になさってください。 ≫
 


★★★ 『 陰にいて心躍らす龍の玉 』★ネット吟行z08w042801への【 交心 】です。 ★★★
♪♪ http://shashin-haiku.jp/node/44045 × 閉鎖   愚仁


 ≪ すみれさん、ご丁寧に龍の玉の写真アップしてくださってありがとうございます。
 喜んで使わせていただきました。

 波動、波紋の効力をお感じになっていらっしゃること素晴らしいですね。
 きっと、本気で生きていらっしゃるのでしょうね。
 本気の念は、波動となって伝わり、世界も自分も変えていくんですね。
 心が開かれて、実存の交わりが成り立つと、お互いに変わっていけるんですよね。交わる力が愛の力だと思います。
 愛があれば、小さな波紋でも、かならず広がっていくのですね。
 ありがとうございます。

 言葉は道しるべ、生きる力です。

 「優しい音には、優しい言葉が返ってくる」
 素晴らしい道しるべをいただきました。

 人も世界も、心の写しだから、
 自分の心を、もっとやさしく、やわらかくしていきたいと願っています。 ≫


 とお返し交心しています。

 龍の玉の勘違いの奇縁で交心をはじめさせてもらいました。
 老仁の絵空事のような幼稚な観念の世界を誠実に受け止めてくださって、すこし心を開いてくださったように感じました。その真摯な心に向き合って、老仁も心の深くまで降りていくことができました。
 心の深くから観えたことをお返し交心しましたけれど、その観えたものを伝える言葉は、やっぱり、絵空事のような幼稚な観念語なんです。
 ≪本気の念は、波動となって伝わり、世界も自分も変えていくんですね。≫

 DO IT ! EXISTENCE !
 一緒に EXISTENCE しようよ。
 ずっと、青年たちと語りつづけてきた合言葉です。
 合言葉は愛言葉なんです。

 今でも、その語りのスタンスは変わらないと思っていますけれど、青年たちと語り合う機会が無くなって、遊行時空遊泳をしていますから、語りの言葉がいよいよ幼稚な観念語になっています。本当は遊行時空言語というのがあるのでしょうけれど、遊行時空遊泳が常道になっていけば、幼稚な観念語もそのうち自ずから遊行時空言語へとグレードアップしていくのだろうと信じています。やっぱり楽天凡愚老仁のままなのでしょうけれど。


 五月闇音なき音の響き来る   仁


 すみれさんとの交心のはじまりに、 ≪人も世界も、心の写しだから、自分の心を、もっとやさしく、やわらかくしていきたいと願っています。≫ という念を交心しています。
 この念が老仁の心であり、スタンスなんです。

 そして、 DO IT ! EXISTENCE ! なんです。

 遊行時空遊泳は、遊行期の楽天凡愚老仁の DO IT ! EXISTENCE ! です。
 愚直なまでに青春語を使って遊行時空遊泳を遊ぼうとしているのかもしれません。


 MIXIのマイミク紹介に、光呼が今日、紹介文を更新してくれました。
 青年の目に観えてきた凡愚老仁の変質として把握してみるとおもしろいですね。


 ≪ 最近の仁はやわらかい。声、顔、雰囲気、言葉もやわやわ。まんなかを生きる人らしいやわらかさを持つ。仁も今、転換期かなぁ?と勝手に感じているけれど。
 どお?違うかなぁ? ≫


 もう転換するにも時間がないのだから、一瞬一生を楽しむしかないのですけれど、青年の時間軸から観た老仁がまちがいなく「老人」になっている現実を言い当てているのでしょう。転換期というからには、一瞬一生の内実を、どうDO IT ! EXISTENCE !して、遊行時空遊泳を<実存の交わり>時空として幻視し、創造していくかという課題をもらったことになるのでしょう。
 それはまた真似良寛老仁の遊びで頓挫している瘋癲老仁妄詩遊びを遊行時空遊泳に復活するという課題をもらったことになるようです。

 今日は九暦の講座受講の帰りに、蛙寺に寄ってきました。
 おもしろい蛙語満載です。蛙語万歳でもあるんです。
 是も巡り愛の縁かもしれませんね。青春語の初心に戻って瘋癲老仁妄詩を復活しなさいという暗合でしょうか・・・
 DO IT ! EXISTENCE ! の合言葉で、瘋癲老仁妄詩遊びを遊びます。




 魂よ初心蛙に交われ、夏   仁




 以上、 【 再録終わり 】




 > 今の世の人もなどか歌なからんや。かしこきおろかなるをとはず、都ひなをわかたず、朝夕ものにふれ、心のうごくところみな歌なり。これを誰よりか伝えて誰にかをしえん。もし、しかあらずとおもはば、こころみに古の歌をもておのが心にあてて見よ。   。。。良寛「歌の辞」




 払暁を歓ぶ命初夏の風   仁


 光りの心湧き立たせるか




ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 筑紫風575交心zqv0206『 散るさくら忍びの月を幻視せん 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月12日

『 哀しみに流されまいぞ花なずな 』遊行期游泳575zqv0909

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




『 哀しみに流されまいぞ花なずな 』遊行期游泳575zqv0909







★ 遊行期游泳575zqv0909

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 哀しみに流されまいぞ花なずな


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




 銀河の外をひとまわりすれば
 こころにも星がうまれ
 それぞれの星に、
 あたらしいこころが棲みついて
 地上でもまたやすらぎの郷になるという。




 散るさくら落とすなみだも郷の星   仁


 念じることは信じることと




 以上、
☆☆☆ 『 空の旅 』 への交心です。!!! ★★★
♭♭♭ https://smcb.jp/diaries/7947174 ×




 哀しみに流されまいぞ花なずな   仁


 念じる星にこころ任せん




ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 筑紫風575交心zsm2003『 相見ての至福を念う冬薔薇 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月11日

『 今ここに甦る時楠若葉 』遊行期游泳575zqv1006

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




『 今ここに甦る時楠若葉 』遊行期游泳575zqv1006








★ 遊行期游泳575zqv1006

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 今ここに甦る時楠若葉


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――






ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。





 昔の交心日記を読みなおしています。
 ああ、こんなことがあり、こんな交心もしていたんだということを想い出して、そこから見えてくるもの、そこからはじまること、いろいろ、その時を辿り直し、生き直しして、老の世界に、もう一つの、別世界を創りだしていこうという試みのはじまりです。




 今ここに甦る時楠若葉


 時が羽ばたき創生する夢




 何度でも時甦れ若葉風   仁


 回帰の軸は今ここの吾




【 再録 】 ★ 遊行俳句で交心x11w040302

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

語らずも命開きぬほとけの坐

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――




 おはよう、すみれさん。
 いつもあい風交心ありがとうございます。
 そしていつも交心遅れてごめんなさい。


 被爆の人たちが早くに退院できてほんとうにほっとします。
 けれど、どのくらいの人が被爆しているのでしょうね。老仁も無知で科学のことはほとんどわかりませんのでニュースを見ながらただただ放射能漏洩が防止されることを祈るばかりです。
 鎌田さんのお話しで被災地の人々の様子と心を知らせてもらえることをありがたく思います。


 心と身体は重なり合っているものだとつくづく感じています。

 心が千切れてしまっているわけではありませんけれど、あぶくのように漂い、チリのように転がりまわっているような感じです。遊行優游遊泳を楽しむ心を見失ったときの心のあるがまんまなのかもしれません。そんなたゆたいの中にあっても普通に暮らしていけるようになっているのもちょっと驚きですけれど・・・

 なるようになっていくというのはとりたてて何を望むでもなく暮らしていけるということなのかもしれません。

 普通のことを普通に生き、喜んだり悲しんだり、戸惑ったり嘆いたり、泣いたり笑ったり、その折りその折りに心は表れるままに現れるにまかせていけるものなんですね。




 菜畑になずなほとけのざもありき   仁




 語らずも命開きぬほとけの坐   仁




 命にもらった人間時間に、今日をありがとうで生きていきます。
 あらためて誰彼たくさんの人たちのお陰様で生きていけていることありがとうです。大きなお返しは何もできませんけれど、ありがとうのお返しを少しずつさせてください。




 明日在りと思わず今日を喜びき   仁




 すみれさんにも平穏の日々が訪れますように。

 被災地の人々に早く安堵の日日が戻りますように。




 以上、
★★★ 『 やがて桜やがて鳴き来よ時鳥 』 への【 交心 】です。 ★★★
♪♪♪ http://shashin-haiku.jp/node/97335#comment-674820 ×

 【 再録 おわり 】




 毎日が甦りの時岩清水   仁


 吾の水脈探る楽しみ




ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 筑紫風575交心zqx1006『 散るさくら託したきもの残りしや 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月10日

『 足りぬとも思い残さず麦の秋 』物真似575夏zqv1005

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 物真似575夏zqv10 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





『 足りぬとも思い残さず麦の秋 』物真似575夏zqv1005








★ 物真似575夏zqv1005


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


 足りぬとも思い残さず麦の秋


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――



★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。





01 ここにまた見れども飽かず柿若葉



02 麦秋のしみじみ下の白髪かな



03 新緑や昨日も明日も今のうち



04 おのずから心ときめくさつき空



05 足りぬとも思い残さず麦の秋




ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 物真似575夏zrt1005『 ありし日のほたるのように落ちし夜 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月09日

『 甦る季を踊らん朱い夏 』青のくさみ575交心zqv0907

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青のくさみ575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

『 甦る季を踊らん朱い夏 』青のくさみ575交心zqv0907



★ 青のくさみ575交心zqv0907

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 甦る季を踊らん朱い夏

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。


 > 本居宣長が『石上私淑言』という論文の中で、「悲しいときには悲しい、悲しいと心の中で思え」と書いています。悲しいことをごまかしていると、いつまでも心にそれがわだかまって消えないから、今、自分は悲しいんだ、悲しい、悲しいと思えと。そして、それを人に語れと。声に出しても悲しいといえ、といっているのです。
 では、相手がいないときはどうするか。
 丘の上に立って大きな声で「俺は悲しい」とおらべと。四国や九州の方言で「叫ぶ」ことを「おらぶ」というのですが、そのように自分の気持ちを閉じ込めておかないで、吐き出すようにして表現することは大事なのです。
 叫ぶ行為が、歌のはじまりだと言われれば、なるほどと納得します。   。。。五木寛之『続孤独のすすめ』p129

 回想の重層回廊燃やせ夏   仁
 言葉踊れば命共振


★ 再録はじめ 筑紫風575交心zsq3004
――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――
     脚下に友の灯明鹿の声
――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

> 山里の灯点しごろや鹿の声   お遍路はぐれ
 自ずと鳴ける鹿うらやまし   旅仁

 鹿の鳴く里山の風情、好いですね。
 散歩で鹿の声を聞ける!

 友に誘われて泊まったロッジで、鹿の声を聞きました。
 そのとき、はじめて聞いたことを想い出します。
 もういちど、聞きに行きたいけれど、その友は、もう居なくなりました。

 追憶の友蘇る鹿の声   旅仁
 光陰消えて時の止まりぬ

☆☆☆ お遍路はぐれさんの『 俳句 野分過ぎ鹿の初鳴き 』 への交心です。 ★★★


 鹿の声友も交えて今一度   旅仁
 青きままにて集える一夜

 予期せぬことだったけれど、友は、独りで、さっさと、逝ってしまった。
 友の非在は、やがて来るぼく自身の非在を知らしめる。ぼくはぼく自身の非在を、ぼくの内部に、大きく抱え込むことになる。

 脚下に友の灯明鹿の声   旅仁
 月も出ぬ夜の宵待ち草よ

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 旅仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

★★★ 青のくさみ交心rs1201『 緑陰や友逝き吾の昭和尽 』 へどうぞ!!! ★★★

★☆★☆★☆★☆★ ★ コメントztq30 ★ ★☆★☆★☆★☆★

☆☆☆  湖風さん   2016年09月30日 22:26

 旅仁さん、こんばんは^-^

 追憶の友蘇る鹿の声   旅仁

 鹿の鳴き声にお友達を追憶するなんてすてきですね。
 良い句ですね。

★★★  青柳仁   2016年09月30日 22:48

 湖風さん、
 交心ありがとうございます。
 日が経つにつれて友が身近になっていくのを感じます。自然が形見となるのでしょうね。
 友の死は愛の偏在となって再生されていくのかもしれません。再生は、また、友との新しい関係の創生にもなっていくようです。
 愛も友愛もエンドレスなのでしょうね・・・

 心象の光明ゆらぐ月見草   旅仁
 言葉はなくも魂交じり合う

☆☆☆  湖風さん   2016年10月01日 08:05

 旅仁さん、おはようございます^-^

 >心象の光明ゆらぐ月見草   旅仁

 この句も「光明ゆらぐ月見草」はこちらに迫るものがあり、すてきです。
 ただ「心象の」も具象化されていると読む人の胸に迫りましょう。
 「心象の」では、どうしても「image」と読みますものね。 

 >心象の光明ゆらぐ月見草   旅仁
 ↓
 >>畦道に光明ゆらぐ月見草
 読んでいて、お友達とお二人で行く「畦道」をなぜか浮かびました。
 ↓
 >>海道に光明ゆらぐ月見草
 これも、海伝いの道を友人と歩いている姿が見えてきます。

 旅仁さんがこの友と歩いた道はどこなのでしょう。
 少なくとも「心象」つまり、心の中だけよりも、読む人をさらに引ひきずり込む
はたらきがあると思うのです。

 旅仁さん、気にいらなければ、ばっさりと削除なさってください。湖風

☆☆☆  湖風さん   2016年10月01日 08:21

 追伸:「脚下」は、読み方「きゃっか」でよいのでしょうか?
 「広辞苑」では意味として「足の下」「あしもと」「脚下にひれふす」と書いてあります。「あしもと」と読ますなら「足下」「足元」「足許」でないと。
 どう読ますのかなと気になります。
 これまた、気にいらなければ、ばっさりと削除なさってください。湖風

★★★  青柳仁  2016年10月02日 00:50

 湖風さん、
 重ねての交心感謝します。
 その上、俳句にもならぬ575言葉あそびに添削ご指導までいただきありがとうございます。忙しい身の貴重なお時間を割いていただいて心傷みます。
 文芸の素養もなく、無才不作法、自堕落に余命を楽しませてもらっています。学生の頃までは好奇心旺盛で、文芸の道も夢のうちの一つでしたけれど、記憶力も集中力もないことを思い知り、断念、わが身にあったあそび心のひとつで自足しています。
 当時ドロップアウトのスタンスが流行っていましたので、ぼくも真似して表街道から落ち零れてしまいました。落ち零れスタンスのままで、自分なりのわがままを押し通して、気がついたら半生を終了していました。歌の文句じゃないけれど、振り返っても、ただ風が吹いているだけ・・・
 残る余生も、風の吹くままを命の手綱に、極楽とんぼをあそんで往生・・・と念っています。

 友が亡くなって、見えるものをどう見るかが、見えないものをどう見るかに、意識が変容していくのを感じています。学生時代以来、不思議な縁で、年二度の一泊の旅をつづけて50年を迎えようとしていました。学生時代、気がつけば地下の喫茶で煙草を吹かしていた気分で、50年一泊の旅に隠ってきたのでした。この夏の旅は、6人だったのに、5人の旅になっていました。けれど話題はどうしても亡くなった友のことに戻ってしまいます。いなくなってはじめて、友の内面に入り込んでいくのでした。それは友との新しい巡り合いになっていくのです。今まで語られなかった、あるいは見えていなかったものが、語られ、見えてくるのです。透明人間になって、夏の旅に参加しているような念がみんなの中で共有されていくのを感じます。
 その出会いの再生を言葉あそび575でスケッチして楽しもうと念っています。
 亡くなった友のスケッチは、真似をすれば、<風景やみんなといっしょに せはしくせはしく明滅しながら いかにもたしかにともりつづける 因果交流電燈の ひとつの青い照明です>という言葉あそびです。

 月に観ん青い照明月見草   旅仁
 浮かび上がりて降りてくる友

 俳句は観念の説明ではない、といわれますので、ぼくの575は俳句の舞台には昇れません。ぼくは観念の言葉あそびを楽しませてもらっています。575は調子がいいので、言葉あそびには重宝なんです。

 脚下に友の灯明鹿の声 の「脚下」は、やはり真似観念あそびですが、「看脚下」を真似して、読みは「あしもとに」と5音で読んでもらいたいと念います。大切なものはいつでも脚下に在るんだよ、大切な友はいつでも脚下にいてぼくを見守り、ぼくの道標を照らしだしてくれている、と言葉あそびしました。夜鳴く鹿の声を聞いたことがないというぼくの言葉を覚えていて、友は求菩提山で遊んだ後、椎田の谷の奥の暗い暗い林道を登りつめた所にあるロッジに宿をとって、ここで鹿の鳴き声を聞くことができるよ、と教えてくれました。耳をすまして待つと、鹿の鳴き声を聞くことができました。その友が亡くなったのですが、日が経つにつれて、その存在が大きくなっていくのを感じています。

 聞き耳を立てれば聞こゆ鹿の声   旅仁
 友に誘われネアンの旅路

 ご教示感謝します。
 俳句の王道を歩けず、やっぱり外道の観念あそび575で、友の再生を楽しませてもらいます。
 笑って、ご寛容ください。

☆☆☆  湖風さん  2016年10月02日 07:42

 旅仁さん、おはようございます^-^
 
 聞き耳を立てれば聞こゆ鹿の声   旅仁

 この句は素晴らしい俳句ですね。俳句一句、どこを切り取っても具象的で読む人の心の中に、す~~っと入ってきますね。
 亡くなられた方も、これだけの思いで俳句詠んで戴ければきっとあの世で喜んで居ることでしょう。
 やがてはお友達の所に逝く身なのです。
 それまで、大いに、「言葉遊び」を楽しんでください。
 俳句は所詮ことば遊びなのですから。お友達に合掌・・湖風 

★★★  青柳仁  2016年10月03日 23:18

 湖風さん、
 お心配りとご寛容のこころに重ねて感謝します。
 > 聞き耳を立てれば聞こゆ鹿の声 への賛意もいただき、ぼくの言葉あそびを笑ってご寛容くださる俳人さんにめぐり会えてHappyです。
 俳句の心にも季語のこころにも、作法や意味の深さなど、知らない世界、感じとれない心を学ばせてもらって、感動が溢れるような余生を味あわせてもらっています。
 なによりも無邪気に言葉あそびに熱中させてもらえることがいちばん嬉しく念います。
 ありがとうございます。

 時空超え人つなぎたる鹿の声   仁
 言葉の宿すいのちとこころ

☆☆☆  研人さん   2016年10月01日 12:28


 遊仁さんは友を偲び
〈鹿の声友も交えて今一度〉

 鴎外は当時の世相に慷慨して
 〈踊る影障子にうつり三味線の鳴る家の外に鹿ぞ啼くなる)と詠む

 八一は夜の奈良の街に鹿の鳴き声を聞いて
 〈かすがの の よ を さむみ か も さをしか の まち の ちまた を なき わたり ゆく〉

 鹿の鳴き声にそれぞれの思いを託しています。
 鹿はどう鳴くのか・・・芭蕉は「ぴいと啼尻声悲し夜の鹿」

 旅仁さんが聴いた鹿の鳴き声は?

☆☆☆  青柳仁  2016年10月03日 21:43

 研人さん、
 いつもご教示と啓発ありがとうございます。
 鴎外さん八一さん、そして翁と大御所さんたちの鹿の声に人の思いの陰翳が交叉して人生模様が織り込まれていくような気がしてきます。
 鄙隠り凡愚仁の及びもつかない深い世界ですけれど、小さな世界にも小さいなりの人間模様が、それぞれに、明滅しているのを感じます。
 友に連れて行ってもらったところは、それはそれはおどろおどろしたところで、後にぼくらは「注文の多い料理店」とそのロッジを呼ぶようになっていました。
 其の夜も、泊まり客はぼくらだけで、雨模様でしたけれど、静かに更けて行きました。夕食後に、静けさも静まりかえった中で、遠くで、心細いような、ピィー~ッという鳴き声を聞きました。間を置いて三回ほど鳴きました。
ぼくの聞いた鹿の声は、想像していたような牝恋いの切ない情は感じさせない、哀しい響きのものでした。芭蕉さんの「尻声悲し」の情感がまだよくわかりませんが、あえていうなら「存在の哀しみ」のような感じです。
 ぼくの人を恋うるこころは、パッションの共有ではなく、あわれの共振のようなものですけれど、鹿の鳴き声にもあわれを感じるようになっているのかもしれません。

 あわれわれ鹿なるひとにつのる恋   旅仁
 失いし日々蘇る時

 再録 終わり


ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。



★☆★☆★☆★☆★ ★ 作 zqv09 ★ ★☆★☆★☆★☆★


★ 青のくさみ575交心zqv0907

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 甦る季を踊らん朱い夏

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――



 > 良寛歌谷1212 いざ歌へ我立ち舞はむひさかたの今宵の月にい寝ねらるべしや > 良寛歌谷1214 風は清月はさやけしいざともに おどり明かさむ 老の名残りに

 美しい月を見て、じっとしておれない良寛さんがいた。
 晩年の良寛さんは木村家に寄寓して、死病となる直腸癌を患っていた。良寛さんは死を前にしても、普段の自分を鼓舞して、村の人びとと暮らしを共にし、悲しみも喜びもいっしょに分かち合うスタンスを失うことはなかった。
 真似良寛さんの道標のひとつである。

 甦る季を踊らん朱い夏   仁
 青のまんまにはだか魂


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

★★★ 筑紫風575交心zry0210『 無におればいのちは同時春隣 』 へどうぞ!!! ★★★

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


2019年05月08日

『 ここよりを後生と念う花海棠 』遊行期游泳575zqv0808

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






『 ここよりを後生と念う花海棠 』遊行期游泳575zqv0808








★ 遊行期游泳575zqv0808


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 ここよりを後生と念う花海棠


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






 喪う癌失う友よ楠若葉   仁


 ありがたかりし拾いし命



 > 一冊の本を読んで、いやでも頭のなかに残る一行があれば、それで十分なのです。忘れてしまうような内容は、もともと縁がなかったのだとあkらめる。一冊の本の中の一行が頭に残るのは、何気なく読んだ言葉が、錐をもむようにこちらの魂に突き刺さってくるときです。そういう言葉は、忘れようとしても忘れられるものではありません。   。。。五木寛之『白秋期』p228


 五木さんにジャンプさせてもらって、「遊行期游泳575」あそびをはじめたのでしたけれど、ぼくは記憶力がほとんど鍛えられていなくて、本を読んで感動しても、映画を見て泣いても、反芻する習性がないので、四五日もしたら、水の泡になってしまいます。記憶に残る言葉というのは、575でさえ、ほとんどありません。いちいち検索して、言葉あそびに使わせてもらっています。


 > 赤線を引いたり、メモをとったり、いろんなことをしても忘れるものは忘れる。ういうものです。それは、ひょっとしてほんとうは必要ないものだったのかもしれません。   。。。同上


 ほんとうは、ぼくには、言葉が必要なものなんです。今でも、言葉あそびが、ぼくの唯一熱中でき、心を躍動させてくれるツールなんです。
 言葉大好き人間なのに、文章は、暗唱できない。
 言葉あそびをあそぶことに熱中しながら、575さえ、暗唱することに集中できません。集中放棄が、若い頃からの習性になっているようです。
 物真似575をあそんできましたので、真似るための素材が必要なのに、記憶する訓練を放棄してきたのでした。
 ぼくの物真似は、目の前の素材を眺めて。連想し、妄想し、積み木遊びのように、積み上げては、組み直しを楽しむことでした。子どもの砂遊びのように、目の前のもので、十分に、一日中、熱中できるんです。



 > ほんとうに大事なことは、どんなに忘れようと頑張っても頭にこびりつきます。おんぶお化けのように、こちらにしがみついて離れないものなのです。そういうものにこそ価値がある、というふうに私は思います。   。。。同上



 こんなぼくにとっても、ほんとうに大事なことがあるのだよ、と五木さんに教えられて、<ほんとうに大事なこと>を、探してみようと、念いはじめました。





 ここよりを後生と念う花海棠   仁


 心は翔ばせ命は踊れ





 くり返しになりますが、言葉あそびに熱中して、出発点に戻り直してみようと念います。





 > つきて見よひふみよいむなやここのとを とをとおさめてまたはじまるを   良寛







★ 再録遊行俳句で交心z06r3101

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――

今宵より癌とも遊ぶ虫の声

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――




 残暑も厳しいですけれど、虫の声も虫時雨と呼べるほどに切なくなってきましたね。もう、時は、あっという間に過ぎ去ってしまうのですね。虫さんたちはその過ぎ去る時の早さをよく知っているんでしょうね・・・。

 老仁はうっかり無常迅速を忘れていました。


 永遠の19歳を生きていると思いこんできましたからね。
 けれど、やっぱり、もう、永遠の19歳を貫くしかありませんよね。



 

 今宵より癌とも遊ぶ虫の声   仁






 以上、
★★★ 『 今宵より癌とも遊ぶ虫の声 』 よりの【 転載 】です。 ★★★





 19歳以降は後生散るさくら   仁


 一日一生今ここ燃焼








★。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行俳句で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★





★ 再録遊行俳句で交心z06q0201

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――

今宵より癌とも遊ぶ虫の声

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――






 9月に入り、虫の声もひとしお切なくなりました。

 人生はもう12月くらいの位置に来ていますけれど、雪虫の鳴く声さえ聞こえてきそうです。長い人生を生きてきたものだとつくづく驚いてしまいます。こんなはずではなかったと思うことばかりですけれど、それなりに生きてきたことに感謝したいと思います。


 そして、まだ、今しばらく、生かされていくようです。


 天の恵み、人の恵みで、小さな、小さな癌を発見してもらいました。前立腺にある癌で、早期発見、小さな小さな癌なので、命には別状ないようです。発見の予知をくださった古賀先生、発見してくださった内藤先生に感謝します。



 存えていく一日一日に感謝と祈りを忘れず生きていこうと思います。

 そんな凡仁の日常と心を俳句で表現していこうと試みてみました。



 ただ素直に、ただ淡々と生きていきたいと願っています。





 紺碧の虚空瑕なし酔芙蓉   仁






 以上、
★★★ 『 今宵より癌とも遊ぶ虫の声 』 よりの【 転載 】です。 ★★★






 > ともはねよかくてもおどれこころこま みだのみのりときくぞうれしき    『遊行上人絵図』第一巻第二段   。。。今井雅晴『一遍』p134





 すずめとも跳ねて躍らん麦の秋   仁


 雀は友よ友が雀よ





ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。







★。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★





★★★ 一休さんを遊ぶtt3004『 五月晴れせめて声出せ呵々大笑 』 へどうぞ!!! ★★★




★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月07日

『 老ゆえのアクメを踊れ若葉風 』筑紫風575交心zqv0706

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 筑紫風575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





『 老ゆえのアクメを踊れ若葉風 』筑紫風575交心zqv0706







★ 筑紫風575交心zqv0706


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 老ゆえのアクメを踊れ若葉風


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。





 けいちゃんさん、

 交心ありがとうございます。
 短い生でも長い生でも、たくさんの喜びや悲しみ、人生の味わいをもらって生きてきました。その大部分を、どこかに置き忘れてきたり、勘違いして悪い思い出にしてしまったりしてきているようです。ぼくなんか記憶に残さない、色即是空の理解違いで生きてきましたので、記憶力が身につかぬままに終わろうとしています。

 けれど、記憶というのは、全部、どこかに貯蔵されているともいいます。そうじゃなくても、記憶のポケットを区分けして、記憶をたぐり寄せてでも、再生していけば、多くの記憶が蘇るのかもしれません。

 命はたくさんの恵みの中で、生かされてきたのですから、それらのもらった恵みの半分でもお返しできたらいいのにと念うようになってきました。
 ぼくにはどんなお返しができるのでしょうね・・・



 お返しを見つけ出すにも、記憶のポケットから、いろいろの恵みを再生する楽しみを試みてみたいと念います。


 そんな心の共有と人へのお返しの交心ができると与命も、すこしは躍動し、新しい世界も開かれたりするのではないかと、ちょっと、わくわくしてきます。



 交心ありがとうございます。
 一歩踏み出せそうです。





 花明かり言葉も灯り交わさんか   仁


 もらい与えて温もりの輪




 おやすみなさい




 以上、
★★★ 言葉あそび575交心zqz1406『 春よ春記憶のポケット開かんか 』 への交心です。!!! ★★★





 > 人間が、どんどん孤独になっていく過程が「遊行期」です。孤独になっていく過程を辛抱する。耐える、衰えを気にしながら暮らしていくというのではなくて、独りで生まれてきて最後は独りで死んでいく。ものごとの完結の時期として、何かあたらしい観点はないのだろうか。
 週刊誌の記事などで、女性の絶頂期のことを「アクメ」という言い方をしますが、もともと「もっとも実りの大きい黄金期」のことをアクメというのです。ギリシャ語だろうと思いますが、「人生のアクメ」というものをどの時期に置くのか。
 いま、あらためて、人生の残りの尻尾のようにくっついている「林住期」から「遊行期」という時期を、人生の大事な一つの時代として再生させる必要があるのではないかと考えるようになりました。
 そのときにいやおうなしに直面するのは、やはり孤独という問題なのです。   。。。五木寛之『続孤独のすすめ』p078




 老ゆえのアクメを踊れ若葉風   仁


 呆けも憂いも蜥蜴の尻尾




 追憶に花を咲かせん夏山路   仁


 あの日あのこと甦る時





ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 『 老も落つ蕊の迷宮黒椿 』筑紫風575交心zrw070 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


2019年05月07日

『 野には野の街には街の風薫る 』物真似575夏zqv0605

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 物真似575夏zqv06 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




『 野には野の街には街の風薫る 』物真似575夏zqv0605








★ 物真似575夏zqv0605


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


  野には野の街には街の風薫る


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






01 是非もなくただ薫風の中にをる



02 触れがたく離れがたかり花薊



03 薫風よ脳髄もまた吹き抜けよ



04 追憶の果ては漆黒夏来る



05 野には野の街には街の風薫る






ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 物真似575夏zrs0705『 この身にてほとけでござる木下闇 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月05日

『 めぐり逢うことさえ夢のほととぎす 』物真似575夏zqv0505

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 物真似575夏zqv05 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





『 めぐり逢うことさえ夢のほととぎす 』物真似575夏zqv0505








★ 物真似575夏zqv0505


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


 めぐり逢うことさえ夢のほととぎす


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




01 若菜摘むきみが涙を誰か知る



02 天道虫ときには語れその地獄



03 緑陰や憂い双眼の友とをる



04 胸の裡語れば空し天道虫



05 めぐり逢うことさえ夢のほととぎす






ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 物真似575夏zrs0505『 桑の実の朝駆け戦少年時 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月04日

『 友の声聞こえ小さき滝に遇う 』物真似575夏zqv0404

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 物真似575夏zqv04 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






『 友の声聞こえ小さき滝に遇う 』物真似575夏zqv0404








★ 物真似575夏zqv0404


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


 友の声聞こえ小さき滝に遇う


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。




01 木魂してよしきとあそべ夏鶯



02 渓谷を汗し汗して鯉登る



03 念強し夏のうぐいす猛る声



04 友の声聞こえ小さき滝に遇う



05 老鴬のおらべおらべと谷渡る






ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 物真似575夏qs0403『 半生は泣きべそばかり夕立かな 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月03日

フォト575zqv0305『 わが声も木霊となりぬ夏鴬 』

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 物真似575夏zqv03 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





フォト575zqv0305『 わが声も木霊となりぬ夏鴬 』







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






★ 物真似575夏zqv0305


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


 わが声も木霊となりぬ夏鴬


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





★★★ 物真似575夏zqv0305『 わが声も木霊となりぬ夏鴬 』 へどうぞ!!! ★★★





ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 物真似575夏zrs0305『 天の声聞く耳ほしや花海芋 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月02日

『 今ゆえにこころ尽さん麦の秋 』筑紫風575交心zqv0107

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 筑紫風575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





『 今ゆえにこころ尽さん麦の秋 』筑紫風575交心zqv0107








★ 筑紫風575交心zqv0107


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 今ゆえにこころ尽さん麦の秋


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。





 pandaさん、

 子どもとあそべる心はいいですね。そんな心を持った人と友だちになれてもHappyだと念います。なかなか巡り会えませんけれど・・・
 隣の小学生は、話しかけると相手をしてくれますので、うれしくなりますよ。

 独り身なら、いつでも子どもたちと交われるような暮らしをしたいと念ってきたのですけれど・・・老老介護に近い暮らしの珍道中です。自分たちが子ども帰りしているようです・・・




 > 良寛歌 谷1160 久方の 雲吹き払へ 天つ風 うき世の民の 心知りせば




 pandaさんも憂き世の民の心を知り、為政者の人間性の欠如を糺す心が熱く、心を休める時も少ないのでしょうね・・・一時も目を離せない異常の事態ですが、国民の怒りの声が持続しなければ、どんな手段でも使って逃げ通そうとするでしょうね。テロルさえ起こしかねない危険な事態かもしれません。




 > 良寛歌 谷1213 月はよし 風は清へし いざともに おどり明かさむ 老いの思ひ出に




 病に伏せる前年まで、良寛さんは女装して盆踊りを楽しんだそうです。
 命が躍動するままに自遊に生きぬいたその境地を、せめて、言葉あそびの中にでも遊べないものかと、物真似575を楽しむことに熱中しています。

 素養がありませんので、青臭い幼稚な真似遊びですけれど、自戯の気楽さで自足しています。




 虚仮世間あそび無化せん花の夜   仁


 子ども心に人間喜劇




 どんな世の中であろうと自分らしさをあるがままに生きていけるように念じます。




 以上、
★★★ つけ句あそび交心zrx1907b『 三歳の三輪速し犬ふぐり(☆夢っこ☆)りんりんふらふら三輪通せ 』 への交心です。!!! ★★★





 > 良寛詩 谷320『 東方明月出 』

東方明月出    東方に 明月出で
 楼上正彷徨    楼上 正に彷徨す
 思美人不見    美人を思えど 見えず
 涙下沾衣裳    涙下って 衣裳を沾(うるお)す



 【 仁 自遊訳 】

 東の山に 美しい月が出てきたよ
 おのずと体は高いところに登って 歩き回っていた
 むかしわたしが尊敬した人を思って、そんな人を今に探してみるけれど いないね
 月を見ても ただ涙がでるだけで かなしいやら さびしいやら




 春の月弦なき琴をひく思い   仁


 糧なる人もいまはをらざり





 今ゆえにこころ尽さん麦の秋   仁


 一粒の麦五分の魂





 麦の秋吾にはじまれ念の花   仁


 ひとつ一つにいまここの念




ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 筑紫風575交心zrx2902『 生き儲け存分三昧花遊行 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


  


2019年05月02日

『 その先に待つものは何花水木 』物真似575夏zqv0205

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 物真似575夏zqv02 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






『 その先に待つものは何花水木 』物真似575夏zqv0205








★ 物真似575夏zqv0205


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


 その先に待つものは何花水木


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






01 待つ人のついに来ざりき花水木



02 軍備して平和を唱う葱坊主



03 花水木顧みられることありや



04 いらぬこといわぬ口ぶり揚羽蝶



05 その先に待つものは何花水木






ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 物真似575夏zrs0202『 捨て苗と思いしまゝに歳喰らう 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

  


2019年05月01日

『 理念なき世のはしゃぎぶり野に菫 』物真似575夏zqv0105

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 物真似575夏zqv01 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





『 理念なき世のはしゃぎぶり野に菫 』物真似575夏zqv0105








★ 物真似575夏zqv0105


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


 理念なき世のはしゃぎぶり野に菫


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。







01 春の山戯れ言ならずも呵々大笑



02 若き日の隠り虚構や花馬酔木



03 老後ちゅうことばも軽し五月梅



04 論うこともなくなる絮毛翔ぶ



05 理念なき世のはしゃぎぶり野に菫






ランキングにご協力くださいね。


おもしろ写真 ブログランキングへ

 ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 物真似575夏zrs0105『 西日さすまだ人間を捨てはせぬ 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★