2015年03月12日

『 凍りたる羽根でニンフの飛翔する 』めぐり逢い良寛さんzz1501sx12



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575『 凍りたる羽根でニンフの飛翔する 』zz1501







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。






★ めぐり逢い良寛さん良zz1501sx12

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


凍りたる羽根でニンフの飛翔する


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 雪呼さんの、 『 雪の精 』 をネット吟行してきました。
 それはそれは美しい朝の雪景色を見せてもらいました。


 すっかり妄詩の中に流れ込んで、ゆっくりゆらゆら揺れています。


 愛呼の背中に乗せてもらって、
 どこまでも、
 いつまでも、
 この雪景色の中を飛翔していたいと念ってしまいます。



 。。。 ≪ 本当に美しい景色ですね。

 純真、純潔。
 触れがたい美しさです。



 > 空隠し微笑みかける雪の精   雪小



 凍りたる羽根でニンフの飛翔する   仁 


 後ろを星の唄声つづく   ≫ 。。。





☆☆☆ 『 雪の精 』   by 雪呼 へどうぞ!!! ☆☆☆





★★★ 『 朝焼けの雪野に逢うや雪女郎 』 ★ 交心俳句25701 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★  ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





☆☆☆ 雪呼さんの『 一晩で積もる雪 』 への交心です。 ★★★
 





 雪呼さん、いつもあい風ありがとうございます。

 真っ白な雪の世界ですね。
 うつくしい。



 > 一晩で積もりし雪の白さかな   雪呼


 > 音を消し傍らに来る雪の精   雪呼



 そっと寄ってくる雪の精さんに、お会いしたくなります。どんなお話しできるのでしょうね。お話のシミュレーションしていたら、寒さも忘れて、夢の世界に入ってしまいそうですね。



 雪の世の深き思いを巡りませ   仁


 そこに佇む人の恋しき



 そして琥珀さんたちも寄り添ってくる。雪呼さんとゆっくり過ごせて喜んでいるでしょうね。銀世界に連れて行ってと、おねだりするかもしれませんね。やっぱり寒さ嫌いで、琥珀さんも雁がねと同じく、花咲く春を待つのでしょうか・・・



 > 良寛歌0562 草枕 おなじ旅なるかりがねも花咲く春を待つてふものを



 鈴木文台さんの長善館には、良寛さんの有名な「天上大風」の碑があるそうです。
 雪呼さん、長善館行かれましたか?
 「天上大風」碑の裏には、文台さんの良寛さんを讃える言葉が記されているそうです。
 行かれたら、また、写真に収めて、ご披露くださいね。
 いつもお願い多くて、ごめんなさい。




 ≪ 仁さん、おはようございます。

 今日の新聞、良寛さまの歌。

 「草枕 おなじ旅なる 雁がねも 花咲く春を 待つてふものを」

 あなたと同じように旅に出る雁は、
 桜の咲く春を待ち出立するのに何故この時期に江戸へ。 
 後に現燕市粟生津(あおうづ)に長善館を開き、子弟教育に専念した若き日の儒者鈴木文台を思う。   。。。(全国良寛会)


 今朝は真っ白な世界です。
 母の月命日、猫たちと家でゆっくり過ごします(*´艸`)   ≫  。。。 雪呼 





 【 資料 良寛歌 雁 】

 良寛歌0563 友呼ばふ門田の雁の声きけばひとりやさびしものや思はる

 良寛歌0564 夜もすがら寝ざめて聞けば雁がね天つ雲居を鳴きわたるかなの

 良寛歌0565 今夜しも寝ざめに聞けば天つ雁雲居はるかに鳴きつれてゆく





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 瘋癲老仁妄句026 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





 オリオンを橇に雪原滑りけり


 雪ツリー螺旋に昇り胎児となる


 かまくらでゆきのけっしょうのかるたあそぶ





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ いろはにほへと俳句を遊ぶ 03001『 しみじみと茶の花咲いて誇らざる 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ TAO交心09r082401『 秋風や朝の紅顔愛しむ 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事画像
フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』
『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25
良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16
『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15
『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10
『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03
同じカテゴリー(良寛さんの歌を遊ぶ)の記事
 フォト575rt1001『 待ち人の在るが至福よ蓮の露 』 (2016-06-12 22:36)
 『 わが宿に植えて育てし百くさは風の心に任すなりけり 』良寛さんの歌0170ry12z8v25 (2016-02-12 18:13)
 良寛歌0586zk16『 埋み火に足さしくべて臥せれどもこたびの寒さ腹にとほりぬ 』sk16 (2015-12-17 00:08)
 『 世の中にかかはらぬ身と思へども暮るるは惜しきものにぞありける 』良寛歌0662zk15sk15 (2015-12-15 20:00)
 『 この里は鴨着く島か冬されば往き来の道も舟ならずして 』良寛歌0666zk10sk10 (2015-12-10 15:32)
 『 常不軽菩薩坐(いま)せり寒の月 』めぐり逢い良寛さんzk0303sk03 (2015-12-03 14:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。