2010年10月13日

良寛の詩『犬質羊性』10p1011

★。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛の詩 ★。・。・゜♪゜・。・。★





★ 良寛の詩『犬質羊性』10p1011

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


 犬質羊性 何ぞ任に堪へん
 寤寐(ごび)これを思ひ 涙空しく下る   良寛


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 ※ 犬質羊性=犬や羊に例えてつまらない人間のことを指す。
 ※ 寤寐(ごび)=寝ている時も覚めている時も


 あちらこちら寺を訪ね歩いて来たけれど
 どこもここも現世の利益にしがみついたつまらない坊主ばかりだった。
 これから先誰が仏の道を受け継いでいくのだろうか。
 幕府の手先になって農民を苦しめる坊主どもに怒りが収まらないね。
 それを思うと寝ても覚めても止めどなく涙がこぼれ落ちてくるよ。



 【 資料 良寛 】
 。。。
 仏祖の法燈ようやくまさに滅せんとす
 誰ありてか焔をつぐ和尚の社
 犬質羊性何ぞ任に堪えん
 寤寐之を思うて涙空しく下る
 。。。



 
秋の暮われも同じか犬羊   仁



 
夜寒さやせめて心は離俗せん   仁







★★★ 『 時は今己に在りき秋日和 』 ★ 交心俳句10p101101 より転載 ★★★







★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年10月 11日 』 台風の如く万葉迫り来る へどうぞ!!! ★★★



★★★ 『 今日の出来事、雑談、交流広場 10年10月 11日 』   ☆☆☆   平城宮跡で「相撲節会」、勝者決まると舞を披露 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 『 つれなくも食養生の身に夜寒 』 ★ 交心俳句10p101001 へどうぞ!!! ★★★




★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★







同じカテゴリー(良寛の詩を交心しましょう。)の記事画像
『 降れ降れ雪晴朗の空遊行せん 』めぐり逢い良寛さんzk2801sk28
『 寒月やときにはひとり咆吼す 』めぐり逢い良寛さんzm1802sm18
『 はるかまで波のおだやか冬はじめ 』めぐり逢い良寛さんzm0501sm04
『 四季咲きの桜小ぶりに露けしや 』めぐり逢い良寛さんzp1701sp17
『 核廃絶世界を花火で満たさんや 』めぐり逢い良寛さんzr0301ss28
『 酔芙蓉いまひとたびの夢を翔べ 』めぐり逢い良寛さんss1307
同じカテゴリー(良寛の詩を交心しましょう。)の記事
 『 降れ降れ雪晴朗の空遊行せん 』めぐり逢い良寛さんzk2801sk28 (2015-12-28 21:54)
 『 寒月やときにはひとり咆吼す 』めぐり逢い良寛さんzm1802sm18 (2015-11-18 22:32)
 『 はるかまで波のおだやか冬はじめ 』めぐり逢い良寛さんzm0501sm04 (2015-11-05 13:04)
 『 四季咲きの桜小ぶりに露けしや 』めぐり逢い良寛さんzp1701sp17 (2015-10-17 19:50)
 『 核廃絶世界を花火で満たさんや 』めぐり逢い良寛さんzr0301ss28 (2015-07-28 16:39)
 『 酔芙蓉いまひとたびの夢を翔べ 』めぐり逢い良寛さんss1307 (2015-07-14 18:55)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。