2018年11月22日

『 渋柿の如晒されて甘くなる 』フォト575交心zrm2206

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ フォト575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







『 渋柿の如晒されて甘くなる 』フォト575交心zrm2206









★ フォト575交心zrm2206


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 渋柿の如晒されて甘くなる


――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――







 けんけんさん、

 子どもの頃は、筑後路の農家の庭には、大抵柿の大木が在りました。
 江戸時代の政策でしょうか、飢饉に備えて、農家では、果樹栽培を奨励していたようですね。

 今では、渋柿は、生らしたままで、熟している木が多くなりました。


 地下水を汲みに行く背振では、ビニールハウスで、干し柿を作っています。秋の風物です。輝く吊るし柿は美しいですね!




 渋柿の陽に晒されて甘くなる   仁


 老も熟せば甘くなるらん





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。







★★★ フォト日記zrm2001『 紅葉 柿 01 』 への交心です。!!! ★★★
 




 天然も虚構も吾よ吊し柿   仁


 昨日明日も今ここ燃焼




 元々軟弱で、ドロップサイダーを生きてきた半生ですから、角もすり切れて、甘ちゃんなのですけれど、晩熟ながらに、少しくらいは成熟もしてみたいと念います。
 そのこともあって、暇を見つけては、好きなとき好きなところへ出かけて、歩き回り、太陽の下に晒して、小さな花でも咲かせて、その実がどこまで熟するのか楽しんで見ようと念います。








★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★★★ フォト旅575日記zrq1206『 菩提樹の実の落ち初むる東光寺 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





同じカテゴリー(写真俳句)の記事画像
フォト一行詩『 降りて行け命の淵へ命の光 』vzp2601
『 青のくさみ今も放ちて星の宿 』良寛さんの歌をあそぶ575yyq3001
『 身の与命紅葉一葉希望あれ 』筑紫風575交心ysk0703
フォト一休さんをあそぶ575『 この花をきみと分かたん夜の秋 』yxq1904
フォト一休さんをあそぶ575『 日も月も鳥も宿せり秋の川 』yxn0702
フォト575あそび『 反復の未完の序章梅雨の闇 』yws2510
同じカテゴリー(写真俳句)の記事
 フォト一行詩『 降りて行け命の淵へ命の光 』vzp2601 (2020-09-27 00:34)
 『 青のくさみ今も放ちて星の宿 』良寛さんの歌をあそぶ575yyq3001 (2020-09-24 07:30)
 『 身の与命紅葉一葉希望あれ 』筑紫風575交心ysk0703 (2020-09-11 15:00)
 フォト一休さんをあそぶ575『 この花をきみと分かたん夜の秋 』yxq1904 (2020-08-27 19:57)
 フォト一休さんをあそぶ575『 日も月も鳥も宿せり秋の川 』yxn0702 (2020-08-25 22:58)
 フォト575あそび『 反復の未完の序章梅雨の闇 』yws2510 (2020-08-23 15:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。